検索にガンガンヒットするホームページの作り方―SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にPRしよう

著者 :
  • 翔泳社
3.16
  • (9)
  • (6)
  • (67)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 191
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798103464

作品紹介・あらすじ

本書は、自分のホームページを「検索でガンガンヒット」するようにしたい人のための本です。そんな人たちのために、SEOの概念や実用的なテクニックを解説した本であり、さらにSEOについて「本格的に」書かれた日本で最初の本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  検索サイトに上位表示されるための、テクニック的なことを詳細に記載されている。10年前の本なので現在役立つのかは不明である。同じ地道な努力をするなら記事内容を充実させて直実にファンを作ったほうが努力のし甲斐があるというものだ。

  • 未レビュー

  •  自分のサイトをSEO(検索エンジン最適化)技術で効果的にPRするための本です。始めにお断りしておきますが2003年の本です。今では古い記述もありますがそこはご参考程度に^^;  ただ「キーワード」が大事だと言うことは知っててもキーワードの「並び方」も検索結果に影響あるって知ってました? その他自分のホームページ(やブログ)を検索エンジンの上位に持ってくるためのノウハウとともに禁止事項も書いてあるのでそれは要注意です。そんなことを提案してくるSEO会社も要注意と。  あとリンク要素・リンクポピュラリティというのは聞いたことありますか? リンクを張ってもらってる数が自分のブログの評価の要素になるんですが、検索サイトによってその数え方が違うのは知りませんでした。


    http://chatarow.seesaa.net/article/123746598.html

  • ユーザは検索結果を1,2ページしか見ないって本当?
    巻末の付録は参考になる。



    検索にガンガンヒットするホームページの作り方
    イー・プロモート, 渡辺隆広著
    本書は、自分のホームページを「検索でガンガンヒット」するようにしたい人のための本です。そんな人たちのために、SEOの概念や実用的なテクニックを解説した本であり、さらにSEOについて「本格的に」書かれた日本で最初の本です。
    「BOOKデータベース」より

    [目次]
    1 SEOとは何か?
    2 検索エンジンの基礎知識
    3 ロボット型検索エンジン対策
    4 ディレクトリー型検索エンジン対策
    5 検索エンジンスパム
    6 SEOを依頼するときに失敗しないコツ
    「BOOKデータベース」より

  • 読んでて面白い♪
    SEOは何度も知識入れたけど、おもしろいよねー!

  • 検索エンジン最適化という概念を教えてくれた本。現在となっては当たり前とも思われる内容が多かった気もするが、SEOに取り組むためには必要不可欠な知識を伝授してくれる良書であったと感じた。

  • 取り寄せ

  • この本のタイトルもSEO対策なんじゃないかって思ってしまった。Search Engine Optimizationで瀬尾さんではないって本の中にも書いてある。

    結局,Googleの仕組みについて理解しないとSEOができないでしょ。SEOよりもGoogleのすごさについて読みながら驚いていた。 Googleがどのようなアルゴリズムを使ってサイトを評価してるのかはわからないんだけど、きっと常に進化してるんでしょう。http: //probe.jp/EPIC2014/ なんかをみてもGooglezonが本当にできてもおかしくないなー なんて思う最近。

  • 大昔に買った。当時は役に立った。
    クライアントとかも読んでたしSEOの入り口にはいいよね。
    今は新しいの出てるしということで3にしてる。

  • アイレップ サーチエンジンマーケティング総合研究所所長,渡辺隆広氏の著書、2003/04/10の発売にも関わらず、その情報量は半端ない。特にスパム行為に関する記述は他の文献を圧倒する。

全23件中 1 - 10件を表示

渡辺隆広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
益子 貴寛
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

検索にガンガンヒットするホームページの作り方―SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にPRしようを本棚に登録しているひと

ツイートする