近代都市の装置と統治―1910~30年代 (首都圏史叢書)

  • 日本経済評論社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784818822313

作品紹介・あらすじ

市街鉄道、上水道、市場など、様々なインフラや処理施設をはじめ、寺社、公園、墓地などの宗教・娯楽施設から、戦前の都市運営や支配の構造を探る。

著者プロフィール

1972年、和歌山県生まれ。青山学院大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(歴史学)。専攻は日本近代史、近代都市史。現在、川崎市市民ミュージアム学芸員。主な著書に『おみやげと鉄道』(講談社)など。

「2019年 『電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木勇一郎の作品

近代都市の装置と統治―1910~30年代 (首都圏史叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする