吉田牧場 牛と大地とチーズとの25年 (ワニブックスPLUS新書)

著者 : 吉田全作
  • ワニブックス (2010年10月8日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847060243

吉田牧場 牛と大地とチーズとの25年 (ワニブックスPLUS新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お気に入りのナポリ・ピッツァの専門店で吉田牧場のチーズを使っているので、気になって本書を手にした。

    人との出会いの奇跡が吉田牧場を成功に導いた。...と言いたいところだが、奇跡ではなく、吉田さんの行動力や人柄が引き寄せた必然的な出会いなのだろう。文章からは、牛やチーズに対する愛情が強く感じられた。吉田さんは、効率や公共利益も大切だが、それだけではなく、まずは自分がやりたいことを自分でできる範囲でやることが大切なのだと主張する。わたし自身も、効率を優先したために失ったものの大きさを肌で感じているので、吉田さんの考えには同感できた。

    そしてもちろん、チーズが食べたくなった。

  • 10月新着
    進路支援図書に入ります。”この一冊”で『チーズのちから』という本を紹介したことがありますが、あれも吉田牧場の本でした。
    吉田牧場が現在のカタチになるまで、その道のりを読むのは胸躍りました。もっと、確信犯としてつくられたものかと思っていた。しかし、現実はもっともっと、手探りで手づくりで、だんだんと形作られていくものでした。
    漠然とやりたいことはあるけれど、道は見えないし、カンタンそうじゃないし、忘れちゃおうかな、と思っている方とか、読んでいただければと思います。

  • 全作さんとその家族の方たちの心が込もったチーズを一度味わってみたいです!
    きっと忘れられない味になるんだろうなぁ。
    今度勇気を出して訪ねてみたいと思います(実はわりとご近所)。

全3件中 1 - 3件を表示

吉田全作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

吉田牧場 牛と大地とチーズとの25年 (ワニブックスPLUS新書)はこんな本です

ツイートする