今日も嫌がらせ弁当

著者 :
  • 三才ブックス
3.41
  • (16)
  • (37)
  • (55)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 408
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861997563

作品紹介・あらすじ

いま話題の「仕返し弁当」を高校3年間作り続け、食べ続けたシングルマザーと反抗期女子高生親子の泣き笑いお弁当エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 八丈島のシングルマザーが反抗期の娘に作ったお弁当。
    嫌がらせと言いながらも、3年間のその中身は愛憎がたっぷり。
    いや、愛情たっぷりです。でなきゃ3年も作り続けられない。
    盛り込まれたキャラの濃さとおかずの内容も素晴らしい。
    母のさりげない想いの詰まった、日記風のブログも良し。
    最終日の母の言葉と娘の感想にも感動しました。
    それにしても、海苔を切る技はスゴイ!

  • こういうお弁当系のお話、大好きです!
    なんか親子の愛を感じるから。思いやる心とか。
    なんだかんだ文句ばっかりの子供でも感謝してくれてるのですよ。
    写真満載であっという間に読めます。

  • 反抗期にはいった次女との戦い(?)にキャラ弁を用いる母。でも毎日食べてくれるのは親子関係がうまくいってる証拠では?逆に羨ましい。巻末の次女に宛てた手紙が泣ける。

  • 反抗期の次女に向けて、三年間キャラ弁(というにはメッセージ性が強い)を作り続けた八丈島のお母さん。

    見事な出来栄えのお弁当で、娘さんは毎回楽しみにしていただろうなあ。お母さんもきっと作るのが楽しかったと思うし。

    愛情たっぷりのお弁当にお腹いっぱい。

  • 「嫌がらせ」とは言っているが、学校で友だちと盛り上がること間違いなしの弁当だと思う。そして、それを自宅で「もう、**ちゃんに**って言われたやん」と文句をいい親子の会話が成立するって感じだったのではないだろうか?
    高校3年間、このような手の込んだキャラ弁を作ってもらえたら、かなり感動するわ。普通のお弁当でもつくるのは大変なのに、海苔を切り抜いたり…うう、考えただけでゾッとする手間だ。
    世の中の母親ってすげー。

  • すごい。すごすぎる。
    おべんと箱とはこんな風にいろいろ
    詰めるものなのですか。
    私が普段自分のために作るおべんと箱、
    あんなにはいってませんが。
    というか、はいりませんが。
    あまりにすごすぎて勉強になりませんでした。
    褒め言葉です。

  • キャラ弁というには時にブラックだったり味はどうなんだろ?と思うものもあるが親の愛情を感じる一冊

  • ttkk(Kaori)著「今日も嫌がらせ弁当」、2015.2発行。八丈島で暮らす母と次女、反抗期を迎えた次女への愛とコミュニケーションのツールとしての「キャラ弁」、その3年間の記録です(^-^) ブログでも大人気だったそう。芸術作品です(^-^)

  • 平成27年4月発行のYAだよりで紹介された本です。
     お弁当はある意味作った人からのメッセージ。お弁当名「呪いのランチタイム」「食欲減退」など、反抗期女子高生に作りつづけたいやがらせ弁当にこめられたメッセージがおもしろいです。
    (児童担当/ししかーち)平成29年11月の特集「手紙」

  • 作業が細かいっ!そして絵心ある!普通のお弁当の方がいい気もするけど、作り続ける母の愛がすごい!最後の母娘のメッセージには感動させられた。「本当に辛くて押し潰されそうな時は、ママに言えばいいよ。」「今まで私のためにやってくれたこと、すべてに感謝しています」

全63件中 1 - 10件を表示

今日も嫌がらせ弁当のその他の作品

Kaoriの作品

今日も嫌がらせ弁当を本棚に登録しているひと

ツイートする