怒りのグルメ (コアコミックス 415)

著者 :
  • コアマガジン
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864367981

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冴えないサラリーマン細井守は食のことで怒ると、噴飯男(ふんぱんまん)に変身し悪者をこらしめる。

    変身後の姿が肩からトゲ生えてるしモヒカンだしなぜかロックでおもしろい。
    サラリーマンの細井とのあえてのギャップねらいか。
    こらしめかたが、ちゃんとその料理になぞっている。
    例えばラーメン屋であればスープにつけるし、饅頭屋であれば蒸してこらしめる。

    お金や欲に目が眩んだ経営者たちが手抜きでお客や食べ物を冒涜し、細井が変身するというのがほとんどの話のパターンのため、美味しそうな食べ物はあまり出てこない。
    なんだ、このペラペラの寿司は!とか、なんだこの油だらけの肉は!とかそんな感じ。

    ネットの口コミでわざとネガティブなことを書いて店を潰す話はリアルだったなあ。本当にあるかもね。

  • これぞ土山節と言わんばかりの消費グルメ漫画。
    さくっと読めるし、読んだ後に何も残らないのは素晴らしい(褒め言葉です。)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

土山 しげる(つちやま しげる)
1950年2月20日 - 2018年5月24日
石川県金沢市出身の漫画家。拓殖大学中退、大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授。1973年、『ダラスの熱い日』でデビュー。しばらくは劇画誌にて原作付きで『極道ステーキ』などの裏社会マンガを手がけていた。
2007年、『喰いしん坊!』で第36回日本漫画家協会賞優秀賞。『野武士のグルメ』『荒野のグルメ』といった久住昌之氏原作のマンガは、広く人気を集めた。

土山しげるの作品

ツイートする