【改訂新版】演劇は仕事になるのか? 演劇の経済的側面とその未来

著者 :
  • アルファベータブックス
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865980219

作品紹介・あらすじ

演劇で食っていこうじゃないか、はたして食えるのか?…演劇・劇団をとりまく経済的側面とその未来について、経済的側面に焦点を当て、演劇と社会の関係を見直しつつ、演劇の成立のさせ方を考え直す。

2011年に彩流社から刊行され、演劇本としては異例のロングセラーを記録した『演劇は仕事になるのか?』の待望の改訂新版が、データ類を刷新、さらに劇場法成立を踏まえて5、6章を大幅改訂してアルファベータブックスから新たに刊行!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 演劇に関して、よくまとめられた作品。
    日本と欧米の芸能に関する考え方の違い、今後の文化政策、劇場法の理念に基づき、今後どのようなことを担っていく必要があるのか、よく整理されていた。

全1件中 1 - 1件を表示

米屋尚子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

【改訂新版】演劇は仕事になるのか? 演劇の経済的側面とその未来を本棚に登録しているひと

ツイートする