21世紀の格差 こうすれば、日本は蘇る

著者 :
  • WAVE出版
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872907599

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピケティを想像させる題名だが、一部引用があるもののピケティ解説本ではない。やはりピケティに便乗したいネーミングか?

    中身は、日本独特の雇用やグローバル化、人口構成などから、日本経済を解説していてわかりやすい。

    特に、なるほどと思ったのは、若者からの搾取といった日本の構造、日本の雇用形態の難しさ。これに対するアベノミクスでいけるのか?

    最近、高齢者の仕事どうしてやらせようかと考えるのが、仕事になっていたりもするので、いろいろ考えていたことと一致するところも。
    雇用流動の促進、終身雇用以上に年功序列の問題、高齢者、女性活用(この本では1.5稼ぎというのが良いという立場)、、

    格差、日本の高度成長からしばらくは、見なくて済む問題が、よく見えてきているのだが、、、

    難しい問題だ。

全2件中 1 - 2件を表示

髙橋琢磨の作品

21世紀の格差 こうすれば、日本は蘇るを本棚に登録しているひと

ツイートする