昆虫探検図鑑1600 -写真検索マトリックス付-

著者 :
  • 全国農村教育協会
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881371732

作品紹介・あらすじ

日常生活の中での小さな自然とのふれあいを楽しむアマチュアナチュラリストの増加や、デジカメ、スマホなどの接写機能の充実により、「身近な自然で見つけた昆虫の写真を撮りたい」「撮った昆虫の名前が知りたい」というニーズが高まっている。

一方、そのニーズを受けとめる書籍は、昔ながらの標本写真による専門書や、チョウ・トンボ・バッタなど人気のあるグループに絞った写真図鑑、地域を限定した図鑑などがほとんどで、ワンストップであらゆる昆虫が調べられる決定版的なものがないのが現状である。

本書は、

☆掲載種類数の多さ(1600種以上)と、バランスの良さ(特定の分類群に偏らない)

☆美しく、種類の特徴がよくわかるレベルの高い生態写真

☆通例の分類にとらわれず、見た目(大きさと色)で感覚的に検索できるB全両面×2枚の大判ポスター「写真検索マトリックス」
という点で、上記ニーズにピッタリ応えるものになっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これ一冊あれば、家の周りで見かける昆虫の事が大体分かる。私は案外昆虫が大丈夫な人間なので、楽しく拝見しました。物凄く変わった形をしている昆虫など、神秘を感じるくらい。それにしても、やはり害虫系は無理だな…。

  • 写真から放たれる「虫LOVE」感!
    でっかいポスターが二枚ついていたり、虫好きのための本ガイドがオマケでついていたり、いたれりつくせりでした。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1958年大阪府大阪市生まれ。京都大学農学部卒。虫系ナチュラリスト。身近な自然にひそむ昆虫たちを中心に、いきもの愛あふれる生態写真を撮り続けている。人気図鑑サイト「昆虫エクスプローラ」、ブログ「むし探検広場」管理人。「昆虫エクスプローラ」のアクセス数は月間100万超(PV数・2013年夏実績)・「むし探検広場」では、読者から寄せられる難問に日々答え続け、その回答数は累計1万件を超える。小蛾や蠅、葉虫、蜻蛉などのマイナー昆虫はもちろん、蜘蛛、蜥蜴、蛙、蝸牛、蛞喩など昆虫以外の「虫偏」の生き物たちに至るまで、広くあまねく愛を注いでいる。

ツイートする