箱根駅伝物語―ラストスパートをかけよ!

著者 :
  • 図書新聞
1.20
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 11
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886114426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  これはいかん。台詞が不自然過ぎ。読むに堪えない

     38ページに「遊歩道路は、アスファルトで舗装されていて、クロスカントリーを行うことができる」との記述。クロカンは舗装されてない野山を走るんじゃないの?作者は競技をちゃんと理解しとるのかな?

     最後までは読もうと思ったが、感覚がずれているので読むの止め。途中で投げ出すのは久しぶり。

     が、一応読み終わったにチェック。

  • スポーツ物で期待する熱い思いが伝わらない、ゆるい感じで途中で読めなくなった。

  • ☆ひとつにも値しない。
    おかしな点が満載で数えきれないほど。ページを繰るごとに首をひねらずにいられない。
    作品の舞台は、年代はかかれていないものの、終盤に”東京マラソン”が出てくることから2007年以降と思われるのに、登場人物の話し言葉が数十年は古い言い回し。

    タイトルに”箱根駅伝”を使ってこんな駄文を出版できるとは厚顔無恥もいいところで、プロフィールに日本大学陸上競技部前部長と書かれていることには驚愕。謝辞に名を書かれた方々も迷惑なのでは。

    酷評を知ったうえで読み始め、自分の方針として完読したが、読む価値はありませんので、手に取らないことをおすすめ。どれだけ酷いか興味があるという人以外には、全くもって時間の無駄。

  • 読んでられない(^^;;

全6件中 1 - 6件を表示

秋山正幸の作品

箱根駅伝物語―ラストスパートをかけよ!を本棚に登録しているひと

ツイートする