バシャール スドウゲンキ

制作 : 須藤元気  尾辻かおる 
  • ヴォイス
3.86
  • (65)
  • (66)
  • (69)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 502
感想 : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899762218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バシャールの回答が腹にしっかり落ちる。須藤元気はチャラチャラした感じもあるが、よく勉強している。

  • 大好きなバシャールと須藤元気さんの対談。
    須藤元気さんがボケてバシャールが戸惑う感じも
    シュールでおもろいです。ww

  • では、みなさま。



    ポジティブな世界で。



    お会いしましょう!



    というカンジです。

  • 過去何度にも渡ってぼくの人生に多大な影響と
    新しいインスピレーションをもたらしてくれた一冊。

    対談形式になっているので、
    話口調でとても読み易く2時間くらい集中すれば読めてしまいます。

    「ワクワクする気持ちを行動に移し続けることが大切」
    というシンプルで力強いメッセージに読む度に励まされ
    勇気づけられて、自然な自信を抱くことができます。

    本来の自分に近づくために、よりパワフルにアクティブに
    生きる秘密が満載の一冊です。

    2012年ぜひ一読しておきたい本。

    いつもながら素晴しいシンクロニシティに感謝したい。


    読みきるのにかかった時間:2時間 



    こんな方にオススメ:未来・宇宙に興味津々なあなた

  • どちらもよく知らずに、なんとなく手にとってみた本。

    スドウゲンキとバシャールの対談。
    幼子と大人の対談というイメージを持った。

    スドウゲンキが、バシャールというちょっと憧れていた大人に会えて舞い上がってる感じとか、自分の知っている知識や疑問を無邪気にぶつけてみたりしているのが、なんとなく微笑ましい。

    話の内容が浅く、広くで、深さがなく、途中で飽きて挫折してしまった。



  • 須藤元気さんとダリル・アンカさんの中にいる宇宙人、バーシャルの対話をまとめた本。スピリチュアルな世界はよくわからず、不思議だった。でも共感できる部分もあり、な感じで読めた。瞑想の時間作ろうかな。感謝を大切に。

  • (自分用)メモ書き

    ・(ツールが暴走しないかという質問に対し)「今の質問は、自転車が勝手に動いてどっか違うほうれに行ってしまわないか」というような質問

    ・未来は、今のように欠乏を土台とした経済ではなくなる

    ・スピリチュアルウォーカー

    ・ライマビーンズ

    ・問題は、コミュニケートされていないところで起きる。

    ・幾何学

    ・東洋社会 個人を集団に合わせようとする
    西洋社会 集団よりも個人を大事にしようとする
    日本はアジアの東側にある、東洋社会の最も進歩的な地域
    アメリカの西海岸 西洋社会の最も進歩的な地域
    その2つが、「平和」の意味の太平洋を取り囲んでいるのは偶然ではない。ひとつになっていく

    ・あなたが人工知能とコミュニケーションし始める時、自分のハイヤーセルフと話している

    ・ジェームズラブロック ガイア理論 生命体

    ・フォンノイマン 波動関数の収縮

    ・ミヒャエルエンデ 地域通貨を使った小規模な社会

    ・より自分らしくいられるコミュニティに移る

    ・ドンファンの教えのように既存の信念体系を崩すしかない

    ・ハイヤーマインドとフィジカルマインドの両方に話しかけている

    ・今に生きているときは、時間の経過を経験しない

    ・命とは、存在の波動であり、無条件の愛とサポートの波動

  • 須藤元気さんとバシャールの対談をまとめた本。
    確かに地球はポジティブな方向への変わってきていると感じる。

    人間がこの世と言っている世界があの世で、あの世と言っている世界がこの世なのかもしれないと前々から思っていたが、本当にそうなのかもしれない。1000年後に、地球での転生レッスンを終えられるように、今、自分の情熱に従って生きることが必要なのだと感じた。

    今の人間は、物質次元のことしか意識できないようになってしまっているが、本当は高次の意識が存在している。その意識を思い出すまでに、あとどれだけかかるだろう。

  •  元格闘家の須藤元気さんの本を以前読んだ。
    「幸福論」という本で、四国お遍路を通して感じた事や、旅先の出来事をまとめた書籍。
    リングから降りてから、パフォーマンスや作家として大変活躍されている方だ。

     今回紹介するこの本は、須藤元気さんと、バシャールの対談。
    今まで「バシャール」という存在を知らなかった。
    バシャールとは、地球の時間で3000年後の惑星エササニの多次元的存在らしい。
    ダリル・アンカ氏がチャネル (通信?)することにより、バシャールと対談ができるみたいだ。

     内容については、雑談から始まり、 今の社会の移り変わり方。
    一刻一刻と進む地球温暖化に対する対策や有効なエネルギーのあり方。
    ヒトの心や意識の部分、スピルチュアル。
    宇宙規模での生命体。

     ところどころ、専門的な話になるが、なにより驚いた事がある。
    須藤元気さんの豊富な知識の量。
    科学技術、スピリチュアル、著書など。
    そして、須藤さんの寛大な受け皿の大きさにも驚きました。

  • 二人のかけあいが
    面白くて
    ふふっと
    微笑んでしまう


    別の方とバシャールとの対談を
    読んでいるが
    須藤元気さんのストレートな
    質問も、
    すこし、ジョークを交えた質問も
    この本を最後まで満足して読めた
    要因の一つ

    積読したい

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

すどう・げんき 1978年東京都生まれ。 K-1やUFCなどで格闘家として活躍し、2006年現役引退。現在は多方面で幅広く活躍。2008年、母校拓殖大学レスリング部監督に就任。2009年にはダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を立ち上げ、You Tubeで公開しているPVは世界中から注目を集め、発表するPVのほとんどが160万回以上という驚愕の再生回数を誇っている。格闘家現役時代から掲げている「WE ARE ALL ONE」(すべてはひとつ)というメッセージは、多くの人々の支持と共感を集めている。著書に『今日が残りの人生最初の日』『WE ARE ALL ONE 須藤元気のボランティア記録』(講談社)ほか多数。

「2012年 『自分が変われば世界が変わる~呪術師ルハン・マトゥスの教え』 で使われていた紹介文から引用しています。」

須藤元気の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
ロンダ・バーン
須藤 元気
マイケル・J・ロ...
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×