マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記

制作 : 村田右富実 
  • 西日本出版社
4.08
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901908696

作品紹介・あらすじ

日本人なら読んでおきたい、いにしえの歴史書、古事記。古代の人たちが何に悩み、何で戦ったのか、猥雑で本能的な営みの中から生まれた歴史、古事記が伝えようとしたものは何なのか、ぜひ、本書を読んで考えてみて下さい。
つだゆみさんのマンガで理解し、劇作家村上ナッツさんの文章でうなる。 監修には大阪府立大学の村田右富実に入っていただき、最新の研究結果を踏まえたアドバイスを随所にいただきました。
古事記を読んでみたいと思ったら、まず、本書をお読みください。古事記の世界に簡単に浸ることができます。そうすると、不思議、他の古事記の本もすらすら読むことができるようになります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聖徳太子の叔母にあたる推古天皇までの日本の歴史。聖徳太子と聞いただけでも「とっても昔」だと思うのに、それよりも以前にこんなに壮大な歴史があったなんて。
    いつの世も血塗られた歴史の連続という感じがした。それだけ濃い人間ドラマがあったんだなぁ。

  • 古事記をストーリーで追う。
    知りたいなと思って手にするには適した書。
    マンガがだいたい内容をフォローしてくれる。

  • マンガと思って軽く読めると思ったら大間違い。
    漫画は左半分だけ。右半分は古事記の内容が上段、語句解説や歌の訳、読み進めるにあたって出てくる疑問についての解説が書かれていてかなりのボリューム。でも、おかげでますます古事記が好きに・・・もっと読みたくなりました。
    子どもの頃は神話部分が面白くて好きでしたが、いま改めて読むと、神武天皇から後のほうが面白いと感じました。奈良の知っている地名がいっぱい出てくるからかな。

  • 一気に読めた。マンガがあることで頭に入りやすい!
    古事記のあらすじはなぞれたと思うので、日本人として読んでよかったと思った。
    前半のほうが話がダイナミックで面白かった。

  • 見開きの左側がすべて漫画形式となっており、それだけでも大よその内容が解るようになっている。右側の文章とあわせて読むと、より深く理解できる。また、文章の下側には、登場人物や場所、重要な語句の解説が入り、さらには巻末には系譜や地図もある。300ページの内容は浅すぎず深すぎず、それでいて飽きずに一気に読める。本格的に学ぶのでなければ、ベストな1冊だと思う。201308

  • 古事記を知りたい、と思う人に、本当におすすめ。

    部分的に知っていた古事記。
    全体を知りたいと思っても、どれを読んだらいいものかと、長年手がつけられずにいたところ、村上ナッツさんが書かれた古事記の本が賞を取ったということで早速買ってみた。

    15章それぞれ、あらすじと漫画と文章の三本立ての構成で、まず登場人物とあらすじを見てあらかた把握したところで文章と漫画を並行して読む。
    たぶん一番スタンダードな読み方をしたと思うがとてもわかりやすく、飽きない。また、章の終わりには本編から自由な「ナッツ劇場」なるエッセイがあり、これがいい休憩になり、読み進められる。

    また、漫画だけを読み進めてもいいし、文章だけを読んでもいいし、幾通りもの読み方ができる作りなのがとてもいいと思った。
    絵も神話だけど気取らず人間らしさが表されていて親しみやすい。

  • ざっくばらんな感じで読みやすかった。
    ただ、人の名前がカタカナなのは、読みにくかった。
    それはしょうがないかな。。

全8件中 1 - 8件を表示

村上ナッツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記を本棚に登録しているひと

ツイートする