いのち

  • ぷねうま舎
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (42ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910154084

作品紹介・あらすじ

ある日、あなたのゆく手から美しいものが、すっかりなくなったように思えても、信じましょう、ウサギを、シカを、オオカミを……いのちという営みの秘密を静かに語りかける、絵と文が奏でる調べ。

『天国に近い村』『ヴァン・ゴッホ・カフェ』『ルーシーおばさんの台所』など多くの絵本が翻訳されているライラントと、『ねこってこんなふう?』で大評判のウェンツェル、アメリカの気鋭の絵本作家が競作。

著者プロフィール

1954年、アメリカのヴァージニア州に生まれる。
大学卒業後、図書館員などを経て本書を発表し、コールデコット賞オナーを受賞する。絵本、詩、幼年童話、小説などで、幅広く活躍。『メイおばちゃんの庭』(あかね書房)で1992年ボストングローブ・ホーンブック賞、93年ニューベリー賞を受賞。ほかに『ヴァン・ゴッホ・カフェ』〈小石通りのいとこたち〉シリーズ(以上、偕成社)『名前をつけるおばあさん』『ゆき』(以上、新樹社)などがある。

「2012年 『わたしが山おくにすんでいたころ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シンシア・ライラントの作品

ツイートする
×