カサブランカ 特別版 [DVD]

監督 : マイケル・カーティス 
出演 : イングリッド・バーグマン  ハンフリー・ボガート  ポール・ヘンリード  クロード・レインズ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2000年4月21日発売)
3.53
  • (11)
  • (15)
  • (28)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135525901

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「君の瞳に乾杯」の元ネタ。ザ・カッコいいとはこういうことさ、というかんじでしょうか。曲がよかった。ラストの男達がカッコよかったです。

  • 愛の話ですな。
    大人の愛はよくわからん。
    家族愛は好きなんだけど、忘れられないほどの想いとか情熱とかポカンですね。日本人だからわかんないのか?

    君の瞳に乾杯ってことで

  • 何回見てもハンフリー・ボガートの渋さ、ダンディさにノックアウトされます!
    ホント、かっこいい~♡

  • 午前十時の映画祭にてスクリーン観賞!
    「キミの瞳に乾杯」くらいにしか知識がなかったのでそのイメージしかなかった。なので今回スクリーンできちんと観れてよかったです。

    とにかくクラシック映画の中でもとにかく渋い!
    ラブストーリーなのにハードボイルド。
    多分男の為のラブストーリーだと思う。

    全体のストーリーというよりは
    カクテルでの乾杯、バーの民衆合唱によるラ・マルセイーズ、そして有名な主題歌、最後の空港でのシーン。
    といった断片的に魅力があってとぎれとぎれ鮮明に覚えてる感じ。
    モロッコであんなにかっこ良い具合に霧なんて出るのか?という疑問は置いておき、、、。

    どうでも良い話ですが、この前ホテルの高級バーで「キミの瞳に乾杯」で乾杯するカクテル“シャンパンカクテル”を飲む機会に恵まれて丁度この映画を見ていて良かったなと思いました。ちょっと特別な気持ちになれましたので。笑
    泡がきらきら輝くシャンパンの中に沈む宝石のようなシュガーがだんだん溶けていって最後にとっておきの甘さが残るカクテルだった。
    最高に素敵だった・・・!

  • 1942年製作アメリカ映画。
    マイケル・カーティス監督。

    第16回アカデミー賞
    作品賞
    監督賞
    脚色賞

    受賞。

    作品の中に登場する男が全て格好いい。

    「君の瞳に乾杯」などの名台詞もこの作品で生まれている。
    最後のシーンも主人公の男気に惚れ惚れしてしまいます。

    第二次世界大戦、
    ドイツの支配下にあったフランス領モロッコのカサブランカを
    舞台にした素敵なラブロマンス映画です。

  • これもツタヤ
    検索結果いっぱいあったけどこれか?
    多分違う
    一度見ようとおもってたのでこの機に

    大人やぬ

  • パブリックドメイン版(廉価版)を再生してみたら
    冒頭のワーナーブラザースのロゴ?が無くて
    ガッカリしました。まぁ500円だから
    仕方が無いのかなぁ……。
    なので前から持ってた正規版で書きます。

    でもPDだと吹き替え(新録音)が入っているので
    翻訳が正確なら字幕よりは情報量が
    多いかと思います(飽くまで憶測ですが)。

    今さら説明不要な傑作ですよね、
    恋愛ドラマとしても人間ドラマとしても。
    「君の瞳に乾杯」って名台詞は
    当時の配給会社だか翻訳家の人が
    生み出したらしいです(曖昧(^_^; )。
    挿入曲の『時の過ぎゆくまま』も名曲です。

  • モロッコ、那覇、カサブランカなどを舞台とした作品です。

  • プロパガンダ、かくあるべし、という作品。ハンフリーボガードのいぶし銀は建材。イングリッドバーグマンもそれなりに良かった。

    「Here's looking at you,kid」を君の瞳に乾杯と訳すのは、何とも粋だなあと思った。

    あと、ラストの署長とボガードも粋だ。

    【内容】
    独軍に占領されてない仏領モロッコの都で、ナチスの手を脱れてアメリカへ行くため、1度は通過しなければならない寄港地と化していた。そこの米国人リークが経営しているナイト・クラブは、亡命者たちの溜り場になっていた。
     そこに、独軍の将校が、独の飛脚を殺して旅券を奪った犯人を追ってきた。盗んだウガルテはリークにその保管を頼み、リークはピアノの中に隠した。
     ある日、反ナチ運動のドンと妻のイルザ・ラントがやってきた。2人は旅券を当てにしていたが、イルザは、経営者がリークだと知って驚く。
     独軍侵入直前のパリで、リークはイルザと恋人同士だった。2人は一緒に出国することを約束していたが、彼女は姿を現さず、そのまま消息を断っていたのだった。

  • 製作年:1942年 製作国:アメリカ 時間:103分
    原題:CASABLANCA
    監督:マイケル・カーティス

    (3.0点)

全22件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする