OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(通常盤)

アーティスト : 山下達郎 
  • ワーナーミュージック・ジャパン (2012年9月25日発売)
4.14
  • (10)
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4943674124398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018年03月04日プレイリスト
    「BRUTUS SONGBOOK リクエスト特集」


    1. DREAMING GIRL /
    山下達郎 "コージー"
    "オーパス" '96

  • やっぱり山下達郎さんは、すごいです。聴いていて心地よいです。カーステレオで聞きながら、一緒に歌います。何故か上手く歌えている気がします。ところが、カラオケで歌ってみると全くうまくいかない。達郎さんは、上手いんだなあと実感。

  • アメリカンポップスの影響を受けていることがとても理解できます。ストローク系のギターですが音も分厚くて「職人」と称されるのがよく理解できます。バンド形式ではなく独りで作り上げている良質な音です。

  • 大人な音楽

  • 3枚組ベスト盤

    ディスク1~3、曲順も年代順に段々新しくなってくる。

    ディスク1の1曲目のギターの音の存在感にドキッ。

    達郎ワールドの始まりに拍手!!!

    音質は、聴きやすい感じ。

    MDに録音したが、レベル高い、ほとんどMAX。時々、レベルが下がる感じ、でも再生するとそれほど音量は大きく感じない。

    細かい粒立ちのようなものは感じられず、個々の楽器等は、はっきり分離して聞こえる。(FE-83Enフラミンゴでの試聴)

    歌詞カードに、1曲づつ、作品に対するコメントが入っていて、それを読みながら聴くと、楽しみ倍増。

    各CDの始まりの曲から終わりの曲、曲順も聴きやすく考えられている。
    只、年代順に並べただけではないかのような、凝った選曲。

    さすが、達郎さん。


    追伸

    JOY 2も早く出してください。

    出たら、レンタルせず、購入に1票!

  • 幾つもの有名な曲を聴いて知ってはいたけれど、きちんと向き合って聴いてみると、なるほどこれだけのキャリアを持つ人だ、というのを実感。音作りがとても丁寧で聴き込めばいろいろな発見がある。へちょいスピーカーじゃなく、良い音のするスピーカーで楽しみたい。

全7件中 1 - 7件を表示

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(通常盤)のその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする