とむらい機関車 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月1日発売
3.27
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (30ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3+


  • tom 3
    題名は機関車だけど、どちらかというとこっちはサブで、メインとしてはなかなかに奥が深い話だった。
    ダイバージェンスがどうとか言ったところで、人間の気持ちの中の根源的なところにある、見た目で判断する感覚とか、気持ち悪いものは気持ち悪い、みたいなものってどうなんよ。
    そもそもその当人にとっても、みんなと違っても大丈夫って言われても気になるし、それを乗り越える能力がなきゃやっぱり見捨てられるのか。
    でも一番かわいそうなのは豚さんか。せめて美味しくいただきたい。

  • 戦前の短編ミステリなのですが、機関車と轢死という題材からか、作品の古さが上手いことはまって、いまの作家には狙ってもなかなか出せない情緒が感じられました。
    ひとにおすすめしたくなる短編ミステリです。

  • 怪奇色の冒頭からの切ないラストは王道であり、見事。足すも引くも出来ない完成度。

全4件中 1 - 4件を表示

大阪圭吉の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする