SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

監督 : ガース・ジェニングス 
出演 : マシュー・マコノヒー  トリー・ケリー  スカーレット・ヨハンソン  タロン・エガートン  ニック・クロール 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017年8月2日発売)
3.78
  • (27)
  • (59)
  • (39)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :310
  • レビュー :55
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102550585

SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コアラの洗車のとこ、大好き

  • ストーリーも
    ちょっとしたギャグも良いんだけど、
    動物である必要があるのか?

    これが普通に人間の映画なら、
    もっと普通すぎる映画となる。

    悪くはないけど、
    子ども向けって感じでもないし。。。

  • 物語はよくある感じの物語だけど、歌がよい。それぞれのキャラクターがかわいい。思わず、吹替えと両方見てしまった。

  • 日々くすぶっているちょっとダメな人たちが集まって、夢を見る。
    予想できる起承転結、王道中の王道ストーリー。
    でも、それでいい!!!
    こーいう物語は必要だ!単純明快!辛いことはあるけど過度に重くならず、未来を見つめてハッピーエンド!これぞひとつの映画のあるべき姿ではなかろーか!!!

    ということで面白かったです!


    主題である歌だけど、ほんとに選曲が秀逸。
    洋楽あまり聴かない勢でも知ってたり聴いたことあるような有名&名曲ばかり。
    場面やキャラクターにぴったりの選曲で、あくまでも物語を大切にしつつも歌への愛が溢れている。

    それが1番感じられるのが最後のシーン!拍手したくなった。
    主婦のブタさんがやっときちんとスポットを浴びられるようになってすごーくうれしかったな。
    ゾウのサリーちゃん?はどうせめっちゃ上手いんだろと思ってはいたが予想を上回る実力で鳥肌が立った。
    オリジナル曲が入るタイミングも良いし。
    何回も観ちゃった。エンディングも。
    サントラ欲しいし、原曲も聴きたいです。

    そして歌だけじゃない。
    細かい動きにも心情・性格・年齢が表現されてて本当にすごい。
    細部までプロが丁寧に作り込んでいるからこそ中身と歌が入ってくるんだと思う。
    スーパーマーケットのシーンが最高だなあ。

    ちょっとだけ残念なのは、キャラがあと一歩かわいくなかったり感情移入しきれなかったりするところ。その点ピクサーは王道でもそのあたりがあるから、比較すると惜しいかんじはする。でも人間味はあるかも。

    大人も子どもも観れるし人におすすめしやすい。
    字幕と吹替両方観て、吹替も悪くはないけど字幕のほうが歌としては圧倒的に感動するので字幕をすすめたい。ジャパニーズネズミさんいるし。

    何はともあれ歌はサイコー。
    この世に歌があってよかった!それぞれの背景があるから歌がより輝く。
    レッツスタートシンギング!!!!!
    ワーーーイ!!!!!

  • 何度も見たい作品である!
    まず、歌声が素晴らしい!吹き替えで見たのだが声優陣の演技と歌声がそろって素晴らしいなんて奇跡に近い感動です!

    それから、あのコアラがウッチャンだったなんて…。最後のクレジットで知ってから見直して、あ、ほんとだ、と確認。(笑)
    それほどうまいし、なにひとつ物語に支障をきたさない出来。むしろレベル高過ぎな吹き替え!
    だからこそストーリーにもかなり集中できたし、特にゴリラ親子には泣かされました(T_T)

  • 単純に歌のパワーで元気が出る作品。

  • すごく良かった。ズートピアもララランドもあまり好きじゃなかったんだけど、その2つを足して割ったようなこの作品は大好きだ。

  • くやしいけど面白かった!

    ストーリー
    粋なコアラのバスター・ムーンが所有する劇場は、その活況も今は昔、客足は遠のき借金の返済も滞り、今や差し押さえの危機に瀕していた。
    そんな状態でもあくまで楽天的なバスターは、劇場にかつての栄光を取り戻すため世界最高の歌唱コンテストを開催するという最後の賭けに出る。
    欲張りで自己チューなネズミ、歌唱力抜群だが超絶シャイな10代のゾウ、25匹の子ブタの世話に追われる母親、ギャングから抜け出して歌手になりたいゴリラ、
    浮気な彼氏を捨ててソロになるか葛藤するパンク・ロッカーのヤマアラシ、常に超ハイテンションなシンガー兼ダンサーのブタなど、多数の応募者がオーディションに集まってくる。
    皆、自らの未来を変える機会となることを信じて・・・。

  • ストーリーはともかく、動物たちがキュートで可愛いし(とくにハリネズミが秀逸)、テイラー・スウィフト、エルトンジョンなどのベタすぎない選曲はツボ。なかなか面白かった!

  •  売れない劇場を持つコアラが音楽コンテストで一発逆転を狙う。コンテストに集まったのは一癖も二癖もある動物達。

     アニメ映画としてベタでありながらクオリティ高くまとめてあるが、この映画の肝はやはり音楽。
     スカーレットヨハンソンや吹き替えの長澤まさみが歌えんの?と疑問に思ってるところに、ラストのコンサートシーンがまるまる来て、まるでリアリティ・ショーの様相。吹き替えで見たが、みんな歌がうまかった。

全55件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする