地域再生の条件 (岩波新書)

3.02
  • (1)
  • (10)
  • (43)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 218
レビュー : 25
著者 :
ざき★やまさん 九州の活性化   読み終わった 

・ハード面で整備作りはもはや効果をなさない
 (林道整備・ハコモノの設置)
・地方の実情を無視し中央集権的・画一的な地方整備計画を目指した国総(国土総合開発計画)や中央政府の政策上の誤り・誤謬に最大の原因は求められる。

・過疎沿線の電車、バスも一種の福祉とみれば維持する必要がある。

<国より先行している地方自治体>
・農協の先進例→日田市大山地域
・「福岡県農業・農村振興条例」
・福岡県の黒木町の実情→スローライフエリア

・グランドデザインの策定は行政ではなく議会の場でおこなうべき
・人間一人一人が生きられるような地方自治体が必要不可欠。地方の農村だけでなく小都市や大都市でも「生きにくい地域」が出てきている。
・行政・住民が一体となって積極的に行動していく。

レビュー投稿日
2014年3月12日
読了日
2014年3月12日
本棚登録日
2014年3月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『地域再生の条件 (岩波新書)』のレビューをもっとみる

『地域再生の条件 (岩波新書)』にざき★やまさんがつけたタグ

ツイートする