読書状況 読み終わった [2020年5月19日]
カテゴリ 電子書籍(小説)

読書状況 読み終わった [2020年5月17日]
カテゴリ 電子書籍(漫画)
タグ

健全ラノベでポップな変態ヒーローに果敢にチャレンジしてみた模様。結果、作中のルオのキャラとイラストが最期まで噛み合わなかった以外は、だいたい面白かった。

2020年5月6日

歴史改変とかパラドックス的なものはまるっと無視できる。それがラノベの良いところ。歴史モノを歯痒い思いで読んだことがあると、こうだったらいいのにというオールハッピーエンドを妄想することはあるわけで。やり直し系はそういうものも包括されるなーと思わせる題材でした。

2020年5月5日

読書状況 読み終わった [2020年5月5日]
カテゴリ 電子書籍(小説)

読書状況 読み終わった [2020年5月4日]
カテゴリ 電子書籍(小説)

コスプレ&イメクラプレイをなんの説明もせずにナチュラルに始める旦那と流されて気か付いたら付き合ってる嫁というカップリング。しかし、全体的にはちょっととっちらかった内容。ソーニャ感出そうと捩じ込んだエピソードと噛み合いがイマイチだったかなー。

2020年5月2日

いろいろあり得ない展開なのだが、エリーゼの冷静な分析というか心の声ツッコミで、『ああ、これラブコメか』となる、深刻そうでそうでもない愛人業ライフ。

2020年5月2日

読書状況 読み終わった [2020年5月2日]
カテゴリ 電子書籍(小説)

ここのウサギは冒頭であっという間に捕まって、かっさばかれてミートパイになってもうた。あと、幕間のコンスタンタンの誕生日にガーとチョウ(二羽のガチョウ)が丸焼きにされるんじゃないかと、ソワソワした(笑) コンスタンタンが美味しく食べちゃった後に気付いて、達観するオチも江本ワールドなら有りかと思って。

2020年5月1日

読書状況 読み終わった [2020年5月1日]
カテゴリ 電子書籍(小説)

色々あからさまな表現が面白すぎて、ワロタ。

2020年4月30日

最近のラノベには『旦那がウサギ』のカテゴリーがあるのかな、と思えるほど遭遇率が高い気がするのだが。そして、ウサギでもなんでも、戻ると全裸なのも最近の定期です。人→獣の変身ファンタジーは許容するのに、着衣は許せない、謎のリアリティー追及にクスッとくる。

2020年4月30日

1巻完結だと思ってたのに、続編出た。1巻目の終わりは老後近くだったけど、2巻は後宮閉じた後の続きで、ナファフィステアが王妃になるまで。

2020年4月29日

読書状況 読み終わった [2020年4月27日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2020年4月26日]
カテゴリ 電子書籍(漫画)

読書状況 読み終わった [2020年4月26日]
カテゴリ 電子書籍(漫画)

読書状況 読み終わった [2020年4月26日]
カテゴリ 電子書籍(漫画)

読書状況 読み終わった [2020年4月26日]
カテゴリ 電子書籍(漫画)
ツイートする