京浜急行・昭和の記憶: ~品川・川崎・横浜・三浦半島を駆け抜けた赤い電車の想い出~

3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
著者 :
kamelifeさん  未設定  読み終わった 

あんまり電車には詳しくないけれど、どうやら京急にファンが多いらしい。それもうなづける気がした。昔から一貫してクールなのだ。写真の隅々に写り込んでいる駅の書体とかポスターの仕上がり、車体のデザインも。なんとなく先端だ。
前面の窓が開いている車両(たしか東急でもあったはずだけど)が気に入った。涼しそうじゃないか。品川から海水浴で久里浜目指して走り出す電車の車両の最前面。グラサンかけて全開の窓に手をやるご婦人の構図が気に入った。昭和30年代なのに今っぽい。不思議な電車だ京急って。やっと高架になるけど、この先どんなクールさを見せつけてくれるのかしら?

レビュー投稿日
2012年3月5日
読了日
2012年3月5日
本棚登録日
2011年8月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『京浜急行・昭和の記憶: ~品川・川崎・横...』のレビューをもっとみる

『京浜急行・昭和の記憶: ~品川・川崎・横浜・三浦半島を駆け抜けた赤い電車の想い出~』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする