6月の軌跡―’98フランスW杯日本代表39人全証言 (文春文庫)

3.58
  • (9)
  • (5)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
著者 :
lacost4さん サッカー   読み終わった 

山際淳司にしか描けない「野球」があるように増島みどりにしか描けない「サッカー」がある。攻守のどちらに比重を置くかを考えた場合、守りから固めてゆくのがスポーツの鉄則ではある。ただあまりに攻めのバリエーション、点を取るための準備が少なかったということが良く分かる。カズを心の拠り所にするベテランと、彼をRespectしつつもビジネスと割り切る世代と、理論武装で選手を掌握しようとした監督。当人達の心の持ち様、揺れ様が日本サッカーの黎明期の姿と重なる。

レビュー投稿日
2012年1月12日
読了日
2012年1月12日
本棚登録日
2011年12月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『6月の軌跡―’98フランスW杯日本代表3...』のレビューをもっとみる

『6月の軌跡―’98フランスW杯日本代表39人全証言 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『6月の軌跡―’98フランスW杯日本代表39人全証言 (文春文庫)』にlacost4さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする