新・人間革命 (第5巻) (聖教ワイド文庫 15)

著者 :
  • 聖教新聞社出版局 (2004年3月1日発売)
4.46
  • (9)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
感想 : 5
5

ーイギリスの詩人のT・Sエリオットは「いかなる文化も何等かの宗教を伴わずしては出現もしなかったし発展もしなかった」と言った。(『エリオット全集⑤』)本来、偉大な芸術、文化の根底には、哲学そして宗教的な何かがある。ー

ー人間の最大の偉業とは何か。それは同じ志を持った人間を残すことです。人が一生の間にできることは限られています。だから人間を育てていくことです。それが永遠の流れを開き、大きな社会への広がりを作っていきます。 ー

ーなぜ世界も、日本国内も不幸と悲惨が絶えないのか。
その原因は、いずれの指導者にも、社会を支えゆく民衆にも、確かなる指導理念、哲学がないことにあります。仮に哲学をもっていても、自他ともの幸福を実現しゆく生命の大哲学ではありません。そのなかにあって私どもは、自己の人間革命と、社会、世界の平和を可能にする、完全無欠なる日蓮大聖哲の大生命哲学をもっております。ー

ーベートーベンは地上の喧騒にも、万波と寄せ来る非難中傷にも、病気や経済苦にも微動だにすることなく、”苦悩”から”歓喜”を鍛え出していった。1827年の早春、彼は56歳で生涯を閉じた。それはある書簡に記された彼の言葉そのものの生涯であったと言えよう。

すなわち「苦悩を突き抜けて歓喜へ」ー。<本書から引用>

開道/歓喜/勝利/獅子

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 生き方
感想投稿日 : 2017年6月13日
読了日 : 2017年6月13日
本棚登録日 : 2017年6月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする