ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)

  • 104人登録
  • 3.73評価
    • (6)
    • (10)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 木村和美
  • 朝日新聞社 (2007年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731685

ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014.11.25.

  • 単に英会話というよりソーシャルスキルについていろいろ書かれていて、complimentやself-esteemの用例がいろいろ。人を褒めたり、スモールトークは日本人が非常に苦手なところ。

    I have not failed. I have just found 10,000 ways that won't work. -- Thomas Edison

  • 何かの雑誌で紹介されてて気になって購入。
    めっちゃいい本!(●'ω'●)
    単に英語っていうか、アメリカのcomplimentの多い文化、それによって引き起こされる素敵なひととき。とか。
    英語喋りたい!英語でcompliment言いたい!ってどんどんその気になる。
    でもこれって日本語でも同じですよね。日本文化の良いところでもあり悪いところも紹介されてて。
    日本語でもいいから、「I'm proud of you.」とか「I admire you.」とか、「Good job」でも「Good luck」でも「You look great.」とか何でもいいから、毎日complimentを取り入れていこう!と思える。
    でも、complimentであって、決して思っていないflatteryは言わないし、ま、性格的に言えないわw
    超おすすめ!

  • 日本と欧米の文化の違いを述べた本。

    日本ではNOがYESと解釈されることがあるが、欧米ではNOはNOだしYESはYES。

    日本人のように、夫が人前で妻を卑下するようなことは、欧米人にとっては言語道断なのである。

    再読の価値あり。

  • 何度でも何度でも読み返したくなる「ほめる英語表現」の本。

    ポジティブな形容詞のニュアンスの違いの一覧、映画や著名人から学ぶフレーズ、そして実践編までの指南が書かれています。

    著者の木村和美さんが、大学1年次の英語担当教諭だった縁で購入。
    先生の授業で扱ったDale Carnegie”How to win friends & Influence people”(邦訳:人を動かす)も合わせて読まれると、面白いかも。

  • いい本だと思います。英語表現のほめ方を通じて、日本語との違い、考え方の違いを実感しました。I'm proud of you. という表現は日本語にないけどすごくいい言葉だと思います。

  • SONYのReaderで読了。
    ほめる、はげます英語のサンプルがたっぷり。大変勉強になりました。日本語での日常会話でも使ってみたいと思います。

  • シチュエーションに合わせての褒め言葉が充実している。

  • 内容は、ちょっと想像していたのと違っていて、「褒める」「励ます」に対する日本語と英語の違い、その背景にある国民性の違いが紹介されています。第一部の入門編はアルプスの少女ハイジの「いいところさがし」を思い出してしまいました。

    『本書のターゲットは、一通り英語を勉強したつもりなのに、実際に仕事や旅行、留学で海外へ行ったら、思うように会話を弾ませられなかった・・・・・・という、挫折経験をおもちの日本人です。』と前置きにあるように、コミュニケーションが取れるという事と知識があるというのは違うという事。コミュニケーションが取れないのは、日本人の謙遜の美が邪魔しているという理論が中心となり書かれている本です。

    映画や著名人の言葉も紹介されていて面白い内容でした。

  • 英会話も日本語での会話も共通するものが必ずある。
    相手を褒めることから始めるのは、コミュニケーション
    を円滑に進めていく上で必須のことである

全13件中 1 - 10件を表示

木村和美の作品

ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)はこんな本です

ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)を本棚に「積読」で登録しているひと

ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)の作品紹介

英会話ができないのは、英語力不足だけが理由ではなかった。学生として、教師として、商社マンの妻として、滞在したアメリカで実感した、「ほめる」「はげます」英語の威力。「知識はあるのに会話ができない」日本人に欠けているものは何か?それは、前向き志向の英語=ポジティブ・イングリッシュ。上司、同僚、取引先、友人、恋人-外国人との会話が驚くほど弾むようになる、画期的な英語・コミュニケーション術。

ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)のKindle版

ツイートする