皇后美智子さまのうた

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 安野光雅
  • 朝日新聞出版 (2014年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023313019

皇后美智子さまのうたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大崎Lib

  • 美智子妃の歌は、もはや文学である。
    まさに。
    お正月に行われる歌会も美智子妃の歌が一番好き。

    ハンセン病や被災地での心情をが込められている歌。
    皇太子が成人を迎えた加冠の儀に際した歌。

    天皇陛下の一番の功績は美智子さまを伴侶にを得たことだと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

安野光雅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
梨木 香歩
池井戸 潤
エラ・フランシス...
朝井 リョウ
村田 沙耶香
三浦 しをん
又吉 直樹
エーリッヒ・フロ...
中島 京子
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印

皇后美智子さまのうたはこんな本です

皇后美智子さまのうたの作品紹介

【文学/日本文学】皇后美智子さまの詠まれた歌を中心に天皇陛下の御製もまじえ、画家の安野光雅氏がその歌のすばらしさを読み解き、そこから感じる思いをつづる。

ツイートする