文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)

  • 733人登録
  • 3.63評価
    • (29)
    • (37)
    • (63)
    • (5)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 春河35
制作 : 朝霧 カフカ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015391

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

  • 頼むからキャラクター一覧を巻頭に毎回載せて下さい…!(切実)

    顔と所属と名前と能力名だけでいいから!出てきては消え出てきては増え出てきては消えたと思ったら出てきてもうわけがわからないよ!!!

    えっと…マフィアともまだわちゃわちゃしはじめた所くらいだったのにまたギルドってのが出てきて三つ巴状態になったんだっけね、うん。果たして何の理由で三つ巴なのかあんまりわかってないですが、ま、外人はギルドの人だよね★(最低限の理解)

    ごく個人的な趣味で申し訳ないのですが、このテの絵柄だと幼女萌えより妖女萌えなので、読み始めた当初はこんな鏡花ちゃんメインになるとは思わず、鏡花ちゃんやらエリスちゃんやらよりも、紅葉姐さんとか与謝野先生で俄然萌えます。おおおこの辺もっとクローズアップしてくれていいんですよ!

    あとはもはやただのモブレベルかと思われた梶井檸檬(違)が案外まともに戦えたんだなとか、最後の最後で末期中二病王子復活で、今回はキャラの使い捨て進行感はなくて良かった。

    なんだかんだでもう5巻なんですけど、そろそろストーリーとしてぐぐっと踏み込んできてくれないと終わりが見えない旅に挫折しちゃうので、そこんとこ宜しくお願いします。

  • 文豪擬人化(って言葉はやっぱり変だよなあ)漫画5巻。
    外国作家がバンバン登場!「ごめん、海外の文学疎いからさっぱりだよ…」と半ばあきらめ半分読みました。絵がきれいでおしゃれですよね。アクションはガチャガチャしててちょっとわかりにくいけれど。

    泉鏡花と尾崎紅葉の夜叉繋がりとか。もういっそ面白い。紅さんも「あの月がうんたらー」とか言って足蹴にされたのですかね。

    組織同士の戦いってわくわくしますね。梶井基次郎がおいしいなぁと思いました。(果物的な意味でなくて)

  • あいかわらず個性的でおもしろかった

    与謝野さんがかっこいすぎる笑笑

  • 鏡花は敦と初仕事。
    頑張ると気合の入る鏡花だけど、
    どこかズレてる頑張り具合∑(; ̄□ ̄A アセアセ(笑)
    取り合えず仕事も終わり一息付いてると
    鏡花のマフィア時代の姉貴分・尾崎紅葉が
    鏡花を取り戻すべく敦に襲い掛かってくる!!
    そこにお互いの仲間が助けに入るが
    ギルドが介入…
    周りは血の海、気が付けば鏡花は行方不明…。
    マフィアとギルドに狙われてる探偵社。

    ここに三組織の異能力戦争が始まる!!

    三つ巴になってどうなるのか?
    鏡花はどこに行ってしまったのか?
    続きが楽しみ(〃艸〃)ムフッ

  • 探偵社の一員になるため、依頼を受けた鏡花と敦。だが、 鏡花を組織に連れ戻そうとする、マフィア時代の世話役 ・尾崎紅葉が容赦なく二人に襲い掛かり…! ?マフィア と探偵社、ギルドの全面戦争の幕が上がる!(Amazon紹介より)

  • 異能力バトル開始です。
    大好きな芥川先輩が出てこないので、敦で癒されて、中也にうっとりしてましたが。。。
    先輩。
    やっぱり好きです。

  • 2015.08.31
    芥川さんきたー(^^)

  • 檸檬爆弾の梶井基次郎、異能は強くないけど単体で相手の前線基地を落とすとかすごくカッコイイ。

    そして久し振りの芥川、登場の仕方がカッコイイ

  • 【レンタル】三つ巴。無知ゆえに知らない作家さんがいっぱい(特に海外勢)。これを機に、せめて能力の作品にはめを通すべきかな? けど量多いなぁ……(遠い目)。無理だな……(死んだ目)。

  • 泉鏡花どこ行った!
    探偵社、マフィア、ギルドの戦いが始まって、敵キャラも増えたせいか、国木田さんの出番が少ないような気がする。
    あとがきの目の濁りの話がとてえも楽しめた。

  • 1巻を見かけたときは、なんてイロモノなんだと思っていたのに、知らないうちに売れていた。
    能力もので文豪をイケメン化していて、なんだかなあと思っていた部分はあったのだけど、
    5巻まで一気読みしたらおもしろかった。
    やっぱり太宰治が好きなんだな、みんなw
    個人的には基次郎さん好きだったから、ヤンチャな爆弾魔になっててちょっと悲しいw
    あと、太宰さん→芥川と思っているので、逆になっているのがちょっと不満。芥川になりたすぎて、写真もポーズ真似て、芥川賞欲しすぎて懇願までしてたのに・・。
    最近は、そんな感じの学生時代のノートまで晒されている不憫な太宰さんだっていうのに・・・。

    もちろん作者はご存知だと思うので、どうやって二人の関係性を変えてくるのかも期待!

  • 探偵社、ギルド、マフィアの三つ巴戦争勃発。
    大方、海外勢がギルドって理解でいいんだろうけど、あんまり海外の文学読んだことないから元ネタが全然わからん。年代も国もバラバラなんじゃ...?少し勉強しなければ。
    また梶井基次郎が出てきたのは嬉しいですね。檸檬爆弾(レモネード)を降らせる梶井基次郎の嬉しそうな顔と言ったらない(笑)
    なぜなら、檸檬は美しき紡錘型だから。

  • 第5巻。
    探偵社、ポートマフィア、ギルドの三者間戦争が開始。
    さらに新キャラも登場し面白くなってきました。
    しかし、梶井基次郎の異能はあれでいいのか?

  • 前巻と開きがあるせいか、
    誰が誰だかよくわからない状態ですが、
    どうやら三すくみのようです。

  • 登場人物と能力名を覚えきれなくなってきました

  • 文豪大安売り。やっぱり出ましたな、ラヴクラフトとポー。個人的にワーズワースとサン・テグジュペリー(しかも子供誘拐事件がベースとなると良い)とジュール・ベルヌがはよ出んかと思っています。そしてルイス・キャロルがエリスとタメ張るようにアリス連れていて、鴎外とクッダラナイ喧嘩してくれると最高です。
    日本はそろそろ西条八十をお願いします趣味です。

  • 鏡花ちゃんが可愛過ぎてな...紅葉の姐さんもいいな...
    19話の扉絵もいいね...若いころというほどでもなさそうだけど数年前っぽいあれ...国木田さんは殆ど変ってないように見えるけど。

    エリスちゃんとリンタロウの時は二人とも可愛いんだけどね...流石にボスの顔の時はまあ...うん。流石ボスだよね。手紙に幼女可愛いとか書いちゃうあたり。

    ミッチェルとホーソーンのコンビも好きだったのにな...爆弾からミッチェル守ったところはちょっと萌えたのにな...
    芥川さんも好きだから余計にな...

    そういえば紅葉の姐さんが目を覚ました時敦くんの前で普通に話してたけど、太宰さんの過去ってもうみんなにばれたんだっけ?敦くん普通に聞いてたけど...
    あとナオミちゃんってどこにいるの?事務員さんたちと県外にいるの?個人的にはあの子に異能がないってのもあんまり信じられてないんだけど。
    異能と言えば樋口ちゃんのも気になる...芥川さんと一緒に来てるのかな?

  • マフィア三つ巴にも、師弟門下にもニヤニヤしていいはず~。

  • 福沢さん素敵。梶井さんのキャラも好きだなあ。

  • 個人的に檸檬爆弾のくだらなさはツボ。しかし、中学生とかはこれ読んで、もとネタ読んだりするのかねぇ?

  • 泉鏡花ちゃんかわいい。
    与謝野先生素敵。

    海外勢は半分ぐらいしか名前わからないからあとで調べよう。
    にしてもラヴクラフトはエグそうだ。

    それはそれとして……檸檬型爆弾がボロッと出てくるシーンはなかなかのトラウマですよ……怖い。

全26件中 1 - 25件を表示

春河35の作品一覧

春河35の作品ランキング・新刊情報

文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース)のKindle版

ツイートする