うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)

  • 56人登録
  • 2.78評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (5)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 後藤リウ
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020739

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 死神・宇城と、その眷属になってしまった普通の女子高生・七名子の話。
    4つの短編からなっていて、最初は学校内の事件から始まるけど、二話目はストーカー殺人犯、三話目は業務上横領・窃盗犯、最後は大量殺人鬼と戦うことになる。

    カード化された死神アイテムがなかなか面白かった。
    普段はマフラーになっている宇城の相棒・蛇のタクシャカとともに、脳内ビジュアルを楽しく演出してくれました。
    途中で出てくる幼女死神・ミラベルが可愛い。彼女の眷属・伊織とのコンビが最高。この二人メインの話も見たいところ。

    話としては、三話目に入っていた『コトダマ迷宮』が一番好き。
    保険会社での横領の話で、真犯人の見当は初めからつくものの、後味悪いったらない。そこがいいんだけどw

    最終話で、敵の親玉がまだ暗躍中でしたが続編があるのですね。
    設定がバッチリなのでいくらでも話を作っていけそうな感じです。上記の通りミラベル・伊織コンビの活躍を願っています(笑)。

  • 目の前で人一人ぶっ殺してハッピーエンドに持ち込むヒロイン

  • ン~、ホラーじゃない気がします。
    死神は出てくるけど、ホラーと思って読んだらがっかりです。
    ストーリーはまあまあ楽しめたけど・・・
    次に期待して続編を買うかどうか迷ってます。

  • “気づくとアイスキャンディは根元まで、棒ごとかじりとられていた。涙目になる七名子に、死神はぐいと顔を寄せる。
    「俺の名は『死神』じゃない。宇城霊一郎だ」
    「だって、死神であることは事実でしょ!?」
    「なら、おまえは『人間』と呼ばれたいか?」
    「うっ」
    言葉につまる七名子の顔をしげしげと見て、宇城は首をかしげた。
    「おまえ……」”[P.72]

    死神のうしろと、そんな彼の事がみえる七名子。
    抱えてる問題の真相は読んでても簡単に想像付くけれど、それにたいして二人がどう対処するのかが楽しい。
    色々と謎を残してる感じで、次巻以降でそれが明らかになれば良いな。

    “しかし宇城は気にするようすもなく、ポケットに手を突っこんだ。そこから、一枚のカードが出てくる。
    「"眩惑可擬<マドワシカギ>"」
    カードが光を放ち、金色の鍵が現れる。宇城=梢が、その鍵で通用口のドアに触れると、カチッと鍵の開く音がした。
    彼らはそっとなかに忍び入る。
    「"無姿露傘<ムシロカサ>"」
    次に出したカードは、透明の傘に姿を変えた。宇城=梢はその傘を、自分と七名子にさしかけた。
    「これをさしていれば、人間には姿を感知されない。監視カメラにもだ」
    「……あんたがだんだん、陰気な猫型ロボットに見えてきたわ」
    「それは、褒め言葉なんだろうな?」”[P.140]

全5件中 1 - 5件を表示

後藤リウの作品一覧

後藤リウの作品ランキング・新刊情報

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)はこんな本です

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする