サッカーの神様をさがして (角川文庫)

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041025925

サッカーの神様をさがして (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 八千草の登場=ガリンシャとイメージできることが嬉しく感じられました。はらだ氏とは同世代なのでしょうか、それとも自分だけでなく皆同じ思いで過ごした日々があったのでしょうか?サッカー絡みの作品は本当に私事そのものです。
    後半駆け足気味でしたがゲームシーンはいつもの通りテンション上がりました。「グラスエイト」のナカムラさん、タイムアップまでにグラウンドに集合してほしいと思います・・・。

  • 途中でかったるくなって読むのを止めてしまった。。。

  • 安定した編集者の仕事を捨て食えないサッカーライターとなった春彦。息子が入学した高校名から、自らの高校3年間のサッカー漬の生活を振り返る。そこで出会った八千草との関係。人生の一番熱い時期を振り返る。

全3件中 1 - 3件を表示

サッカーの神様をさがして (角川文庫)のその他の作品

はらだみずきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
西 加奈子
又吉 直樹
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

サッカーの神様をさがして (角川文庫)の作品紹介

高校生になったらサッカーをしようと心に決めていた春彦だったが、驚くべきことに、入学した新設高校にはサッカー部が存在しなかった。サッカーをあきらめられない春彦は部の創設に奔走するが……。

ツイートする