悪魔の収穫祭〈下〉 (角川文庫)

  • 15人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 広瀬 順弘 
  • 角川書店 (1986年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042603023

悪魔の収穫祭〈下〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1973年発表のモダンホラー。タイトルにあるような〝悪魔〟が登場する超常現象を扱うのではなく、土着信仰の残る未開の村に移住した家族の恐怖体験を中心に描いていく。上下巻の長い小説だが、悪夢のような出来事が発生するのは終盤のみで、大半は独自のしきたりによって生活を送る農民らと、ニューヨークから移住してきた三人家族が交わっていく日常の様子が延々と綴られる。といっても、トライオンの筆力は相当なもので、さまざまなエピソードを積み重ねつつ、徐々に緊張感を煽っていくので飽きさせることはない。トウモロコシ栽培を生業とする部落が、古来からの祭事に則りつつ、種蒔きから収穫期を迎えるまでを、移住者である主人公の目を通して描写し、牧歌的でありながらも未知の戒律に縛られた土俗としての怖さを表現する。過去から連続して起こっている住民の不可解な死、次第に因習へと取り憑かれていく妻と娘、収穫祭へと向けて村全体に漂う不穏な動き、さらには隣人の眼球無き男の正体など、伏線を張り巡らせて、狂瀾の終幕へと進んでいく。終章は本当に恐ろしい。

  • 都会の喧騒を離れ、妻と一人娘を連れてニューイングランドの古い村、コーンウォール・クームに移り住んだネッド。豊かな自然、昔ながらの方法でトウモロコシを育てる農民、純朴で、しかし気さくな村の住民……、全てはネッド達にとって理想的だった。だが村の墓地の外に一つだけ、まるで隔離されたかのように建てられた墓、ネッドはそれに疑念を抱く。「自殺した若い女の墓」と言うが、それ以上は誰も口を閉ざして語りたがらない。村人たちからの信頼と敬意を一身に集める獣医兼助産婦の未亡人フォーチュン、彼女が「不思議な力を持つ」という、郵便局長の一人娘で知恵遅れのミッシーは、血に染まった指でネッドを指さしたのだった。……ネッドは村の歴史と、皆が心待ちにする祭りの秘密を探るに連れて、その恐ろしさに慄然とする。だが気がついた時には既に手遅れだった。次第に村はその陰惨な正体を現していき、収穫祭の夜が訪れる……。

    言わば「土着ホラー」の典型的な作品。その意味でプロットや展開は同系列の作品にありがちなもので目新しさはない(邦題はちょっと誤解を招くと思う……オカルト的要素は薄い)。が、実社会においても、田舎の共同体におけるしきたりや因習が、他所から移住してきたいわゆる「よそ者」には理解し難いということは往々にしてあるだろう。閉鎖的な共同体においては、よそ者がそこに馴染もうとする限り親和的だが、その輪を乱そうとすれば「村八分」その他残酷な仕打ちが待っているということ。それは21世紀の現在、洋の東西を問わないのかもしれない。都会の生活に疲れたから、といって安易に田園での生活に憧れるのは危険ということか。

    だがそれにも増して恐ろしいと感じたのは、この作品に登場する女性達。男性諸氏にはわかってもらえると思う。特にクライマックス近くになるにつれ、「女性とはかくも怖いものか」と今さらながらに背筋が寒くなった。
    女は強く(男にとっては)不可解で時に恐ろしい。母となればそれはなおさらである。

全2件中 1 - 2件を表示

トマス・トライオンの作品

悪魔の収穫祭〈下〉 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪魔の収穫祭〈下〉 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする