クドリャフカの順番 (角川文庫)

  • 6363人登録
  • 3.99評価
    • (693)
    • (981)
    • (609)
    • (40)
    • (7)
  • 596レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2008年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044271039

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

クドリャフカの順番 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • カンヤ祭最高!
    とってもとっても面白かったです。

    ミステリーっぽいミステリー。
    古典部っぽい古典部。
    アニメで話は全部わかっていたけれど、面白かったです。

    千反田さんで語られているところが、本当に千反田さんらしくて感激でした。
    福ちゃんのところも同じく。
    皆それぞれ魅力的でかわいかった。

    アニメの再現度がすごいと思いました。
    活字でも素敵でした。
    買って良かったです。

  • 誤発注により過剰在庫となった文集をいかに売りさばくかという期限付きミッション。漫研でのスリリングな舌戦。駆け引きが最高に熱いお料理バトル。文科系部活動の祭典がこんなにもエキサイティングだなんて。

    『氷菓』『愚者のエンドロール』で語られてきた神山高校文化祭『カンヤ祭』がついに開幕。文化祭特有の熱気と狂騒が、奉太郎、える、里志、摩耶花、それぞれの視点で語られていきます。四人のキャラクターの書き分けが非常にうまく、視点が切り替わることにより一つの事象にも違った側面が見えてくるのが面白いところ。なによりいままで脇にまわりがちだった里志と摩耶花が活躍し、二人の内面が語られるのもシリーズファンとしては嬉しいです。

    でも半分くらいまで一気に読んで「あれ? これってただの学園物だったっけ?」なんて思った方も御心配なく。すでに事件は起き、伏線は大量にばらまかれています。学園祭のあらゆることがラストに向かって収束して行く様は見事だし楽しいですね。コンゲーム的な展開があったり、いままでに無い仕掛けも盛りだくさんで飽きさせません。
    個人的には『わらしべプロトコル』と、ある人物の『人心掌握講座』がツボでした。

    今作は過去の作品に登場したキャラクターやアイテム、エピソードなどの小ネタが多数あり『古典部』シリーズにとってもまさに『祭』感があります。なので単品でも楽しめますが、できれば『氷菓』『愚者のエンドロール』を読んでおくことをお勧めします。

    それにしても米澤さんは、女子の集団の『嫌ぁ〜な』感じを描くのがうまいなぁ。

  • アニメ「氷菓」は一度も見たことがないのですが、この作品はその「氷菓」シリーズ3作目らしいです。
    文化祭を迎え、張り切る生徒たち。しかし古典部では「氷菓」の発注ミスで大赤字の危険発生中。
    さてどうやってこれを捌くか。

    大人気らしいアニメ「氷菓」をまず知らないので各キャラクターの性格を把握するまで戸惑いましたが、多視点から語られる文化祭実況中継は学生時代に戻ったようで懐かしく楽しかった。
    お料理研での料理対決とえるちゃんが上手な依頼の仕方を教えてもらうシーンが個人的には好きでした。
    製菓研に入りたいな。パンプキンヘッドになりきって「トリック オア トリート!さもなくば・・・」って言いながらジタバタしたいです。

    それにしても奉太郎の姉が何故あの本を持っていたのか…
    「私、気になります!」。

  • 「古典部シリーズ」第3弾。
    いよいよ、『神山高校文化祭』がやって来た!
    怒濤の三日間!
    …に事件が起こらないはずがない。

    実は、本作を7割がた読み進めたところで、私はPCで、学園祭を書いた作品のことや、「クドリャフカ」について検索をしていました。
    すると、「ネタバレを教えてください」という見出しの下、文章の一部が見えているところに書いてある、【犯人は××です】という文字が目に飛び込んできてしまったのです!
    ひどいじゃありませんか!
    どうしよう、検索するんじゃなかった、もうこの本読んでも仕方ないんじゃないかと、目の前が暗くなりました。
    もちろん、自分が悪くないとは言いません、とんだ“検索バカ”です。

    しかし、先に犯人が分かってしまったにもかかわらず、ものすごく面白かったのです。
    謎解きも見事でしたが、犯人や、夢を追う者たちの希望や挫折、簡単に才能を手にしている者への羨みと、自分の努力は報われるのだろうかという先の見えない焦燥感が…
    しかし、そういう気持ちがドロドロしたものとして感じられずに、若いなあ、という、春の野草の苦みのように、ほんのり舌に快かったのです。

    もちろん、奉太郎たちにとっては「本題」の、発注ミスで30部のつもりが200部刷り上がってきた、文集をどう捌くか、という大問題に立ち向かう姿も、手に汗握りました!
    いや~、「在庫の山」って、本当にコワイですね~

  • 古典部シリーズにはずれなし。アニメを見ていたから内容は知っていたけど、改めて原作を読んで面白さを再確認。神山高文化祭、カンヤ祭がついに開催され、十文字事件という奇怪な事件も起きる。ワクワク感満載。文化祭にこんなハプニング起きたら絶対おもしろい!と、ミステリー好きなら思うのではないでしょうか。こんな高校生活もなかなか楽しそうだなと古典部シリーズを読むたびに思わされる。

  • 第1シリーズ「氷菓」から読んでいると、ついに文化祭が始まったかー!という気持ちになります。

    今までと構成が異なり、部員全員の視点からそれぞれ書かれていて文化祭を味わいつつ事件の謎解きも楽しめた気がします。

  • 古典部シリーズの三作目。「氷菓」が生まれるきっかけとなったカンヤ祭が舞台。

    【あらすじ】
    約3日間に渡る神山高校伝統の文化祭、通称「カンヤ祭」が始まった。古典部は文集「氷菓」の販売を計画したが、発注ミスで200部もの在庫を抱えていた。
    一方、カンヤ祭では参加団体の持ち物を狙った連続盗難事件が発生していた。現場にはカンヤ祭パンフと共に「十文字」からのメッセージが残される。被害を受けた団体と物品の規則性を見出した奉太郎達は、古典部も対象となると考え、この事件を「氷菓」の売り出しに利用しようと模索する。

    【感想】
    古典部4人の視点を入れ替えながら、氷菓の販売促進活動と「十文字」事件の謎が描かれる。「十文字」事件が主題だが、摩耶花の漫研部での揉め事、里志のイベント参加、奉太郎のわらしべプロトコルといったエピソードが交差し、飽きさせない。ただの粉があんな盛り上がりを見せるとは…。
    他にも、えるの料理の腕前、里志の対抗意識などを本書から知る事が出来る。また、今回も入須先輩が異彩を放つ。人に頼み事をする時のコツをえるに伝授するが、その内容が的確すぎて恐ろしい。
    タイトルの由来は、ソ連の宇宙実験に参加した犬の名前から。

  • 今回は文化祭のお話。カンヤ祭という文化祭自体が主人公だったので、いつもの主要登場人物の4人の視点に入れ代わり立ち代わりでストーリーが進んでいくのはよかった。ホータロー以外の3人の心情が伺えたのは、嬉しかったし、これからもホータロー以外の人物が語り部をやるのを期待したい。

  • 千反田の「わたし、気になります」のひと言で始まる、古典部のいつもの謎解き。
    だが、さすがに今回は空気を読んだのか、一度は「…いえ、やっぱり、気になりません」と自ら話を引っ込める。
    文化祭は続き、そして謎の盗難事件も続いている。
    すべては文集の完売のため。古典部の知名度をあげるため。
    結局のところ、奉太郎は今回も「連続盗難事件」の謎を解くはめになる。
    細かな設定や、テンポよく進んでいくストーリー。
    読みやすく、そして心に足跡を残す物語だった。
    才能がない者にとって、才能があるのに使おうともしない者はどう映るのだろうか。
    興味がある=才能にめぐまれる。
    そんなふうだったら、きっとみんなが幸せになれるだろうに。
    文化祭の騒動の中で、自分を再発見する千反田。
    漫研のトラブルを自力で乗り越えようとする伊原。
    イベントに参加しながら求めているのは何かを再確認する福部。
    それぞれに、わずかずつだけれど変化がみえる。
    これを成長って言葉で片付けてしまうのは、何となくしっくりこないけれど。
    古典部の4人の距離感が好きだ。
    微妙に間を取りながら、相手を思いやる気持ちを持ち合わせている。
    友情とは違う、あいまいなままの感情。
    それに名前をつける必要はない。
    これから彼らはどんなふうに変わっていくのだろう。
    見届けたいような、見たくないような思いにさせられる物語だった。

  • これが1番好き。森見感を覚えるのは単に学祭かつ複数視点で書かれているからなだけだろうか…

  • 古典部シリーズの3作目。1作毎に驚くほど面白くなってきました。

    舞台は文化祭。学園ものとしては最高のシチュエーションですが、浮かれつつも、青臭い雰囲気を漂わせつつも、どこか苦い。この「苦さ」こそが本シリーズ最大の魅力だと思います。

    特に里志が、実にビターな感覚を漂わせていて素晴らしい。いや、素晴らしいと言っては里志がかわいそうだけど、門外漢たる中年読者としては、郷愁とか共感とか、色々な感情を呼び覚まさせてくれる愛すべきキャラクターです。

    ミステリーとしても、そこかっ、と膝を打ちたくなるような展開で読み応えがありました。さてはて、古典部の、いや神高面々の今後や如何に?俄然、気になります!

  • 神校文化祭の三日間。古典部の面々を一人ずつ掘り下げるような趣きもあり、シリーズがこれからも続くことを示唆してるのかな、とも。
    一冊の同人誌を軸に据え、それがブレることがなかったことに好感。

  • 古典部シリーズを順番にここまで読んできたが
    これまでのところ この作品が秀逸だと思う。

    一貫した謎解きのクオリティもさることながら
    10代であろうと30歳を越えようと 多くの人が
    直面する残酷な普遍のテーゼを 重層的にかつ
    救いある形で描ききっている。凄い、と素直に
    思った。

    才能を持つ者の中には 自分自身はその価値を
    過小評価して ぞんざいに扱っているのに
    ふとしたことで周囲にはその才能を認められ
    尊敬の念を一身に浴びている者がいる。
    しかもそのことを一顧だにしなかったりする。

    そんなやつを身近に置いてしまうと
    自分には何ひとつないのだということを
    自覚している者にとっては 地獄だ。

    自分が努力しても手に入れられないものを
    生まれながらにして持ちながら それを
    誇ることもせず あまつさえその存在を
    黙殺しているかにすら見える…そんな友人に
    燃えたぎる羨望の炎を消すことなどできない。

    才能を持つ者は何もせずとも輝き
    そうでない者は 輝こうとしても何も起きない。

    ああ不条理。

    持つ者と持たない者の…いや持たない者だけが
    知る 見えざる葛藤を軸に広がる物語は
    謎解きそのものよりも胸に迫るものがあった。

    秀作だと思う。

  • アニメ化でも人気だった『氷菓』を一作目とする「古典部」シリーズの第三弾。

    これまでの二作よりも頁数も増えていますが、分かりやすくて読みやすいストーリーなので、デザート感覚でアッという間に読めてしまいますね。実際、休日の半日程度で一気読みしました。

    リラックスしたいときに、最適ですね。自分の場合に限るのかもしれませんが、ストレスなく読める本って限られてますよ。まだまだお子様なのかな。

    米澤の作品は、この「古典部」シリーズしか読んだことはないのですが、これまでの二作も含めて、読ませるための仕掛けが、たくさん、かつ分かりやすく仕込まれていて、楽しいですね。

    (ちょっとネタバレ注意)
    200部売るために、どう工夫を凝らすのか
    わらしべプロトコル
    十文字事件

    などなど、挙げだしたらキリがありません。
    ゲームみたいに単純なところもありますが「面白きことは良きことなり」です。
    って、ちょっと森見登美彦氏が入ってしまいました。森見氏といえば『夜は短し歩けよ乙女』で、学園祭でのドタバタや主人公の黒髪の乙女の天然ぶりを楽しく描いていますが、まさに本作のカンヤ祭+千反田さんのトンチンカンぶりなど、似たところがありますよね。

    と、余談はさておき、分かりやすく単純なところもあるのですが、決して予定調和で終わらないところが、また面白いところです。ストーリー構成も、謎解きも、十分読みごたえのある面白さです。

    「古典部」シリーズは、現時点で五作目まで発刊されていますので、次作を読むのを楽しみにしています。

  • 古典部シリーズでは1番おもしろかったです。
    わらしべプロトコルにお料理対決!

    文化祭のわちゃわちゃした感じとか青春でいいですね〜

    奉太郎の姉は何者なのかという疑問がさらに大きくなりましたが。

    4人それぞれの視点で物語が
    進んで行くところもすごくよかったです。

  • 物語が多視点で進み、登場人物がよく動くので読んでいて楽しかった。序盤の千反田の語り口調に“儚い羊たちの祝宴”(米澤穂信著/新潮文庫)の片鱗を見た。

    そしてホータローのお姉さん…明らかに只者ではない…。

  • 人を羨み、劣等感を感じる事の苦悩。同じだと思ってた人間が上にいて、さらに昇っているのに、追い付けない、同じステージに立てないという諦め。
    だからって、マヤカみたいに絵が上手いわけでも、サトシみたいに道化になれるわけでも、田名辺みたいに役員になれるわけでもない。俺には何も無い。本当に、見るべくして見たのかな。今の心にはキツい内容やった。
    追い付けない友人達。
    諦めたら終わりだというけれど、絶対的な差を感じてしまっている。
    頑張ればなれるのかな…とか、思ってた時やったから響いた。
    登場人物皆に重なるところがあって、最後まで目が離せなかった。とりわけサトシとマヤカに共感するところが多かったな。
    アニメ版はうまい具合に映像化してる印象。ホータローもサトシも、原作ではもう少し影があるというか、嫌な部分や傲慢な部分が描かれてるから。
    とにかく、アニメ版と合わせて見るのがよいと思いました。

  • 文化祭!という雰囲気を前面に押し出した一冊です。予想外の事態発生で当日を迎えた古典部の、文化祭狂走曲がスタート、という感じです。今回は奉太郎のんびりですね(笑)。変わりにえる、里志、摩耶花の三人がとある目的達成のため、学校中を駆け回っています。と同時に発生する、奇妙な校内連続盗難事件。果たして犯人の目的は?というお話ですが・・・。
    タイトルの「クドリャフカの順番」は作中に出てくる、とある製作物の名前ですが、同時に文化祭を駆け回る、彼ら自身のことでもあるようです。宇宙に打ち上げられたライカ犬「クドリャフカ」が見た眼下の星。かつて「なんでもできると思っていた自分」がいたその場所に、今もまだ「残れている誰か」に、勝手に期待し失望し、失望している自分に失望する。「自分が望む場所いられると無条件で信じていられた楽園」に、自分がもう戻れないのだと思い知らされてしまう、少年少女たちの「やり切れなさ」。自分の望む場所で勝負させてもらえる人生なんて皆無に近いのだと悟ってしまう、そんな意識の変遷を描いているお話ではないかと思います。
    いつか自分にもそんな「憧れ」や「羨望」という感情を抱える「順番」が来るのだろうか、と奉太郎は言っていますが、そんな地上から天へ上がった者を見上げる「羨望」も実は存在していたりなんかして、結局の所、立ち位置関係無く、自分と他者は違う、この世界は多くの意識の集合体だ、という事を自覚する「大人への第一歩」ということなのかも知れません(苦笑)。

  • 何がどうなってるのか分からない導入。引っかかるか引き込まれるかは人に拠るんじゃないかな。

    4人の視点から語られるから、これまで以上にそれぞれのキャラクターや葛藤が見えてくる。
    文化祭の高揚感。
    結末はなんともセツナイ。思春期だよなぁ。

  • 古典部シリーズ3作目。

    舞台は文化祭で、ミステリーだけじゃなくて、実際に文化祭を歩いてるようなリアリティが良かったです!

  • 多人数目線になり、それぞれの人物の心的描写が増えた新作。前2作でも散々触れられていた文化祭の、いよいよ本番。内部が描かれるといっても、二重人格みたいな者が出てくる訳もないけど、でもこれまでとは物語の進行も一味違ってくるし、メリハリが出てて良かった。期待が高まった分、色々盛りだくさんの楽しい文化祭でした。

  • 氷菓シリーズ最大の見所といってもいい文化祭を描いた本作。アニメでも見ましたが小説だと各視点ごとにストーリーが紡がれていく展開で更に面白さが増すと思います。そしてやっぱり青春の心理戦は見ものです。

  • 奉太郎みたいな、何も持ってないようで無気力なのに実は才能がある、というキャラが苦手なせいか、中々読む気になれずにいたけれど、前二作より面白かった。

  • 面白かった!やっぱりアニメで知ってたけど「十文字事件」楽しい!
    今回のテーマは「期待」なのかな。前作『愚者のエンドロール』とテーマが繋がってる気がする。里志が奉太郎にする期待、田名部先輩が陸山先輩にする期待。期待と嫉妬って似てるのかなって思う。自分もあの人のようにああだったらなって。自分には努力しても絶対に出来ないことをあの人は平然とやってのける。だから諦めて期待する。私は里志の気持ちも田名部先輩の気持ちも河内先輩の気持ちも分かる。才能を持ってる人はそれがたいしたことじゃないって思ってるけど、それが周りの人にとっては辛いんだ。
    ただ楽しいだけの小説じゃない。ほろ苦いところもあって、ちゃんと考えさせられる。
    奉太郎の変わっていく様がいい。犯人を特定するところ格好良かった。
    奉太郎のお姉さんはあの壁新聞を読んだだけで全部分かったんでしょうか?だとしたらお姉さんも相当な推理力をお持ちですよね!

  • 純粋なエンターテインメント作品だと思います。
    なにかに打ち込んだことのある人には、心に来るものがあるんじゃないでしょうか。

全596件中 1 - 25件を表示

クドリャフカの順番 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クドリャフカの順番 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クドリャフカの順番 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クドリャフカの順番 (角川文庫)の作品紹介

待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲-。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!目指すは文集の完売だ!!盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。大人気"古典部"シリーズ第3弾。

クドリャフカの順番 (角川文庫)のKindle版

クドリャフカの順番 (角川文庫)の単行本

ツイートする