絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)

  • 51人登録
  • 3.62評価
    • (0)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 川原礫
制作 : シメジ 
  • KADOKAWA (2017年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048928946

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 11月7日読了。図書館。

  • 黒と赤のルビーアイに続く第3勢力の登場で、話の行く末は非常にわからなくなり、かつ話が面白くなりつつある印象。ユミコとスウ、朋美などミノルを取り巻く女性も徐々に増えつつあり、こちらの行方もどうなるやら。話が佳境に入って来た同作者の他のシリーズと比較して、こちらはこれから話が盛り上がる予感がして楽しみなシリーズである。感想はこんなところです。

  •  『2017年 5月 10日 初版 発行』版、読了。


     一部の文章で誤字的なものがあったのが残念です。

     シリーズ4作目。前巻のエピソードをうっすらとしか覚えていなかったため、読みながら思い出したりしつつも読み終えました。

     文体は安定した読みやすさでした☆


     また、今回から登場した刺撃者が正体不明のまま、ジェット&ルビーを無作為的に標的とし、標的にされた側のジェット&ルビーの一時的な共闘風味をかもしつつ、未解決なままの次巻に続くでした。

     このエピソード、次巻でまとまるのかどうか不安ではありますが、読み応えは十分ありました。もう少し巻数が重なればアニメ化もするんではないかと。


     個人的には、どんどん打ち解けていく主人公の成長(?)ぶりとその能力の殻の威力が反比例することなくフツーに発揮できていることに安堵しつつ。

     次巻の刊行をのんびりと待つことにします☆

  • 学生服でバイク(しかも赤色灯)とか、ちょっと無理があると思うなぁ。
    このシリーズは各能力者ごとの得手不得手や制約があるので、パズル的要素もありますね。

  • えげつない能力を持った第3勢力が出てきて、お話が混沌としてきた。

全5件中 1 - 5件を表示

川原礫の作品

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)はこんな本です

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)の作品紹介

敵組織《ルビーアイ》最強の能力者《リキダイザー》の罠に嵌まりながらも、絶体絶命の危機から脱出したミノル。しかしその代償として、《リフラクター》小村スウは瀕死の重傷を負ってしまう。
 《孤独者》のコードネームを冠するミノルは、以前は《みんなの記憶から消えてしまいたい》という願望を持っていたが、スウとの共闘、同級生・箕輪朋美との再開や、母親代わりの義姉・典江との交流によって、この世の中に自分が存在する意味を見出し、スウの回復を祈るのだった。
 しかし、そんなミノルの心の変化を、世界は待ってはくれない。メンバーを欠く《特課》に危険な影が忍び寄る。
 《刺撃者》──。
 正体不明、目的不明の敵に、ミノルとユミコが挑む!

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger― (電撃文庫)のKindle版

ツイートする