ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子 (講談社ノベルス)

  • 26人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 宗形キメラ
  • 講談社 (2007年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061825673

ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • うん、まぁまぁ。オーソドックスな推理小説って感じ。

    二階堂黎人の『猪苗代マジック』と少しリンクする場面があるので、そっちを読んでから読むことをオススメします。

    にしても…。
    あたしは、推理小説は、1冊の本のなかだけで、謎も、謎を解く材料も提供されるのがベストだと思っているので、こういう、前提となる知識を必要とする推理小説って、あんまり好きじゃないです。

    とくに地理!
    あたしの地理に関する知識は壊滅的です(だから、旅行ものとか、電車ものの推理小説はキライ)。

    したがって、この本も例に漏れず…。日本の地理も危ういのに、イスラエルの都市なんか知るかよ、みたいな。

    あ、それから、主人公のキャラクターが松岡圭祐の『千里眼』シリーズの岬美由紀とかぶるのは、あたしだけ…? ま、どっちもそんなに好きじゃないけど。

    とまぁ、いろいろ言いつつ、全体としてはまぁまぁです。
    前提とする知識が必要な分(=あたしが地理を苦手な分)&キャラにたいして魅力がない分を差し引いても、それなりに楽しめた、かな。

    2008年発売予定になっている、シリーズ第2弾は買うかどうかわかんないけど。

  • 二階堂黎人・千澤のり子合作

  • スリリングでロジカルで、きれいなミステリーという印象を受けた。小さな事件に見えて、大きな事件に発展していくという、手に汗を握る展開だ。はっとさせられるような伏線も見事である。

  • ……私も古い人間か。ルームシェアを全然知らない人間といきなり始めるだなんて、そんな恐ろしいことできませんよ。なので真紀子の考え方に近いものはあって、共感はできました。ほんっと最近の若い人って分からない~。
    しかし。現実にいろいろな事件が起こっている昨今の様子から考えると、こういうのって絵空事ではないかもしれませんね。人間関係の希薄さは事実あるでしょうし。だとすると失踪なんて実際にあっても、発覚していないだけとも思えます。かなり現実的な面で怖いと思わされてしまった小説でした。

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする