空へ向かう花

  • 378人登録
  • 3.78評価
    • (42)
    • (83)
    • (76)
    • (4)
    • (1)
  • 84レビュー
著者 : 小路幸也
  • 講談社 (2008年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062149631

空へ向かう花の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自殺しようとした春之を助けるために花歩が使ったのは鏡。
    鏡だったらわたしのバッグのなかにもいつでも入っているけれど
    そんな切羽詰まったときにバッグのなかのものになんて
    頭はまわらないだろうな。

    まだ小学生のふたりはそんななかなかない理由で知り合うのだけれど、
    実は大きな共通点があった。
    それを知った花歩の春之への言葉はとても花歩らしい。

    花歩にはキッペイという大学生の友だちがいて、
    春之には井崎原という大人の知り合いがいる。
    井崎原がなぜ春之と知り合ったのか。
    それは大切なきっかけで、
    現実にそうできる(しやすい)世の中になったらいいなと思う。

    花歩たちの屋上の花壇は、
    色とりどりのかわいらしい花であふれているに違いない。
    気になって仕方のない”折村文具店”のビルも
    その花壇とともにぜひとも見学したい。

  • 【あらすじ】
    小学六年生のカホはある日、ビルの屋上から飛び降りようとする少年を見つける。彼の名前はハル。半年前にカホの親友を「殺した」相手だった―。十二歳の少年に科せられた人殺しの烙印と高額の賠償金。重い罪を背負った子供を大人たちは守ることができるのか。苦しみながらも前を向く人々を描いた感動作。

    【感想】

  • 読み始めたが重そうなので、やめて返却した。

  • 2016.10.25

  • 主人公が小さい子だし、文体が優しくてさらさらっと読めてしまうけどとても重い話。

    重い話をこうさらっと読ませてしまうのは小路さんの作品の特徴かも。

  • 不幸な事故で、同じ年の女の子の命を絶つ原因となってしまったハルと、親からのが虐待を受けた過去を持つ花歩。
    二人が出会い、さらに数人の大人と出会って、命を落とした少女の鎮魂のための屋上庭園を造ることになる。

    不幸な事故の内容は、最後まで明かされないまま。
    でも、想像だけでも、胸が苦しくなります。
    あってはいけないけれど、あるのも事実で。
    二人に関わった他人である大人たちが暖かい。
    ハルの両親の行いには胸が痛むけれど、桔平、イザざん、片岡さんに子供たちは助けられたと思う。

    『大人は、しなければならない。子供たちが進むべき道を、指し示してやらなければならない。』
    イザさんの言葉が浸みます。
    少しずつ先に進んでいくだろう子供たち。
    見守る大人が、両親を含め、しっかりと指し示してあげることが出来れば、きっと大丈夫と思わせれる終わり方にホッとしました。

  • 自殺しようとしていた少年・ハルと、それを間接的に止めた少女・カホ。ひとりの女の子の死によって繋がっていく、さまざまな人たちの、あたたかくやさしい関係性のお話。

    いいお話、だとは思うのだけれど、文体も相俟って軽い印象。
    それって都合がよすぎないかな、と思ってしまう私はリアリストなんでしょうか。
    総合的に、いろいろと納得できない。

  • 12歳で重い現実を背負ったハルとカホ。2人の姿は痛々しくて切ないのだが、あったかい涙で終われるのは、これからの強い足取りを期待出来るから。
    語り手が入れ替わることの効果が大きい稀有な1冊ではないだろうか?
    小路さんの技量がわかるというか・・・うん、いいな!

  • 何もかも書き表さずとも、満足感は得られるのだな、と。

    小説では、キャラクターの過去も思想も感情も、すべてを把握できる。しかし生きることの喜び苦しみ理不尽さ、を描くこんな小説では、みなの過去が暴かれない。
    出会い、話し、そうして作られた関係だけは、しっかりと描かれる。それで十分だ。

  • キサトアと同時に借り、こちらを先に読了。こっち先でよかった。自分ではどうしようもできない思い物を背負った小6が二人。某人物の描写が薄いと思ったら、そうなったか・・・。彼女も彼も、家族も、見守る人も幸せになって欲しい。

全84件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空へ向かう花に関連する談話室の質問

空へ向かう花を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空へ向かう花を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空へ向かう花の文庫

空へ向かう花のKindle版

ツイートする