市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像

  • 124人登録
  • 3.95評価
    • (15)
    • (14)
    • (7)
    • (2)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 佐々木実
  • 講談社 (2013年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062184236

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
佐々木 圭一
三浦 しをん
朝井 リョウ
國重 惇史
桜木 紫乃
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像の感想・レビュー・書評

  • <要約>
     竹中平蔵の本質は、他人のアイデアを元に規制産業を市場化する事業家である。理論的枠組みを米国の優秀な経済学者に依拠した上で、その理論を元に同士を組織化し、政治を利用して新しい市場を作成する。その際、彼自身はすでにその市場にアクセスできる立場を築いている。

    <抜粋>
    p.4
    「市場化」により社会を改造するという構造改革の思想は、その後、日本社会を変質させていくことになった。

    p,5
    自ら解説しているように、小泉政権における竹中のポジションは、東欧の旧社会主義国にビジネスチャンスを求めて押しかけたアメリカの経営コンサルタントとどこか似ていた。抜け目ない知的企業家は「市場化」の伝道師でもある。

    p.56
    牧原(※出)同じ大蔵官僚でも、主計局や主税局のような重要な局でキャリアを積んで事務次官などに昇進していく「原局マン」に対して、官房の調査部門や大蔵省の外に出向して経験を積みながら昇進する「官房型官僚」と呼べる官僚がいるという。[...]牧原は興味深い考察をしている。「原局マン」グループに対抗するために、「官房型官僚」グループが内閣の閣僚と結びつく場合がある。このパターンは、軍部と結託することで力を得た「革新官僚」の「千五バージョン」と見ることができるという。

    p.71,p.74
    竹中さんは、こうして人のものを取り込んでいく[...]問題設定の枠組みから問題の解法まで、アメリカの優秀な経済学者に依拠するやり方だ。理論的骨組みを(※ジェフェリー・)サックスや(※アンドリュー・)エイベルから拝借しているので、いわば彼らが守護神になっている。

    p.76
    (※「)大恐慌を知らない世代である彼らには、どちらかというと、ミクロ経済学的な視点から経済効率を追求する傾向が強く、所得再配分や政治経済学的な視点は欠落している」
     実際、(※マーティン・)フェルドシュタインのもとに参集した経済学者たちが標的にしたのは、福祉制度だった。彼らは「企業化」された巧みな手法を用いて、自分たちの主張を政治の世界に浸透させていった。
     媒介役となったのは『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙のジャーナリストなど学会の周辺にいる人々で、彼らのような「政策プロモーター」が経済学者の難解な表現を平易な表現に置き換え、政界や社会に伝播させた。
     竹中は、内には大蔵省財金研で長富から「事業化の手法」を学び、外からは「企業化」「政治化」するアメリカ経済学会から影響を受けていたということになる。

    p.88
     日本の戦略を練っているのは官僚であり、その力の源泉は軍事力ではなく情報収集力だ―日本を敵視するような報告書が注目を集めたのは、それがCIA(アメリカ中央情報局)の委託による研究だったからである。

    p.95
     ジェフェリー・サックスやローレンス・サマーズの世代になると、土台にある思想構造には必ずしも関心を示さず、「単なるテクノロジーとして経済学を操る」傾向がある

    p.102
     竹中が日本社会を変革するカギになると期待したのは、アメリカの「外圧」だった。

    pp.106-107
    おそらく、慶大でに博士号取得工作では、佐貫に働きかけることで加藤を動かしたように、B教授に働きかけることで本間を動かそうとしたのではないだろうか。B教授のほうから竹中に博士号取得を進める理由は見当たらないからだ。[...]結果的に見れば、経済学博士号という学位、あるいは大学教授という肩書は、「事業免許」のようなものだったともいえる。教授に昇格した翌年から、サイドビジネスを大々的に始めることになるからだ。

    pp.112-113
    日米の橋渡し役をつとめていたスズキが見出したのが、アメリカのシンクタンク業界に憧憬を抱く竹中だったのである。シンクタンクという装置は、政治に近づくための手段であると同時に、大きな報酬を得るための大切な収入源でもあった。経済学という知的資産を政治に売り込み、換金する装置である。

    p.135
    竹中があえて森首相のブレーンと兼務させた経済人がひとりだけいる。オリックス会長の宮内義彦だ。
     宮内はすでに九〇年代前半から規制緩和を主張する代表的論客として政府の諮問機関にもかかわっていた。小泉政権が発足すると総合規制改革会議の議長として、経済財政政策担当大臣の竹中を後押しし、「構造改革」を推し進めるエンジンの役割を果たす。

    pp.136-137
    森政権末期、竹中は森首相のブレーンの立場を確保しながら、次期首相候補の小泉に接近し、一方では、最大野党の党首である鳩山とコンタクトをとっていた。政局がどう転んでも、政権中枢とのパイプを維持できる態勢を整えていた。小泉政権発足とともに入閣した竹中は、小泉の「サプライズ人事」で突然登場してきた「学者大臣」という受けとめ方をされたけれども、実態は違っていたのである。

    p.180
     三井住友銀行が大胆な増資計画を発表するのは、年が明けた一月半ばのことである。アメリカの大手投資銀行ゴールドマン・サックスを引受先として、約一五〇〇億円の優先株を発行すると発表した。
     翌月には、別の大規模な増資計画を発表する。再びゴールドマン・サックスが主役だった。ゴールドマン・サックスが作成した資金調達スキームに乗る形で、海外の投資家を引受先とする優先株の発行で三〇〇〇億円規模の増資をすると発表した。実際に三月一一日に発行された優先株は三四五〇億円にのぼった。
     ゴールドマン・サックスが主導した二度の増資は、総額およそ五〇〇〇億円の巨額なものとなった。三井住友銀行が「竹中プラン」を乗り越えるために助けを求めた先が、「ウォール街の雄」だったわけだ。

    p.183
    (※ゴールドマン・サックスは)「ガバメント・サックス」と揶揄されるほどアメリカ政府に多くの人材を供給している

    pp.189-190
     結局、金融行政の最高責任者だった竹中が果たした役割は、ウォール街の雄であるゴールドマン・サックスを日本に呼び込むことだったのである。
     ウォール街の金融資本を日本に導入する―それが竹中の金融改革シナリオだったのである。

    p.190
     竹中に「負け組」の烙印を押されたもう一方のみずほ銀行。自力での増資にこだわり、三〇〇〇以上の取引先に協力を求めて、一兆円を超える空前絶後の巨額増資を決行した。

    p.209
     謎を追いかけて行くうち、ひとりの人物に行き当たった。木村剛である。りそな破綻劇における竹中大臣の最大の協力者。じつは木村は、朝日監査法人幹部と密かに通じていたのである。

    p.221
     竹中が金融担当大臣に就任してから、金融庁という国家組織は明らかに変質した。それを象徴するのが「金融処分庁」という新しい呼び名だ。国家権力を背景に大銀行を責め立てる様を、経済誌はこういって揶揄した。
     たしかに、日陰の存在にすぎなかった検査局が、竹中が金融担当大臣に就任してから俄然勢力をもつようになった。大銀行はひとりの金融検査官の一挙手一投足に怯えるようになった。

    p.233
     東西冷戦が終えんした直後、アメリカではすでに日本の巨大な「郵政マネー」の活用方法がカルダーたちによって議論されていた。

    pp.238-239
     もっとも、竹中さんが四分社化を採用したのは、私のアイデアだけを取り入れたからではない。郵政事業の分割に関しては、マッキンゼー社も案を練っていた。[...]「マッキンゼー社も案を練っていた」と髙橋はさらっと書いているが、政府はマッキンゼーとコンサルティング契約を結んだという発表はしていない。マッキンゼーほどの国際的大手コンサルティング企業がコンサルティング料も受け取らずに、無料で世界最大の民営化プロジェクト案の作成を引き受けたのなら、それもまた不自然な話だ。

    pp.261-262
     一一月一一日、民営化されて誕生する日本郵政株式会社の初代の経営者の名前を、竹中は唐突に記者発表する。西川善文だった。
     ゴールドマン・サックスのポールソンCEOとともに極秘会談した因縁をもつあの西川である。すでに頭取を退き、三井住友銀行の特別顧問となっていた。
     この人事には、郵政民営化に協力してきた関係者たちさえ驚いた。元総務大臣で自民党参議院幹事長として郵政民営化問題の論客だった片山虎之助のもとには、記者発表される直前、竹中から直接電話が入った。片山が海外出張していたためである。
     「西川善文」という意外な名前を聞かされた片山は、
     「竹中さん、その人事はあんたが決めたんですか」
     と思わずたずねた。
     「いえ、決めたのは小泉総理ですよ」
     竹中は言下に否定した。片山はもちろんはぐらかされたと感じたけれども、それ以上聞かなかった。直後に行われた記者会見では、安倍晋三官房長官が、「最終的な判断は首相だが、基本的には竹中氏が選任された」と率直に説明していた。

    p.274
     日銀が二〇〇一年三月一九日に開催した金融政策決定会合は日本の金融史に残る会合となった。「量的緩和」に踏み出す決定をしたからだ。じつはこの会合で、「量的緩和」に疑問を呈した日銀幹部がいた。日銀副総裁の山口泰である。

    pp.276-277
     竹中の主張とは違って、日銀の量的金融緩和は「構造改革」に貢献するよりも、従来型の輸出振興策となって日本経済を支えたからだ。こうした日銀による大量のマネー供給を歓迎したのは日本の輸出企業だけではなかった。沸き立ったのは海外の投資家たちである。[...]
     「円キャリートレード」―日銀による量的緩和策の、それが帰結だった。投資ファンドは量的緩和策のおかげで金利が無きに等しく、調達コストがかからない日本円で資金を調達し、ドルなどの外貨に交換してから投資した。当時の金利環境であれば、ゼロパーセント金利の円資金をドルに交換し、五パーセントの預金で運用するだけでもまるまる五パーセントの運用益を確実に稼ぐことができた。

    p.289
     オリックスはアメリカで成立しているビジネスモデルをそのまま日本に援用して成功を収めてきた。

    p.307
     りそな破綻劇の最大の成果は、東京株式市場に海外投資家の投資を呼び込んだことにあった。

    p.315
     日本振興銀行の破綻で三〇〇〇人を超える人々が預金を失うなか、木村が守り抜いたのは自分自身の財産だけだったのである。

    p.319
     効率性のみ追求する知識人が現実の政治と固く結びついて影響力を行使するとき、取り返しのつかない災いが起きる。

    p.325
     竹中は、産業競争力会議には「慶應義塾大学総合政策学部教授」という肩書で参加している。役所の分類でいうと、学識経験者である。だが、彼には別の顔がある。人材派遣業界の大手企業、パソナグループの取締役会長をつとめている。労働市場を営業の場とする企業グループの経営者でもあるのだ。不思議なことに竹中の話は、日本社会の改革を語りながら、パソナの市場開拓戦略にもなっている。

    Henry M. Paulson,Jr., "On the Brink, Inside the Race to Stop the Collapse of the Global Financial System"
    p.408
    As I was about to address an audience of Reagan conservatives, I was struck by the irony of my situation. To protect free-enterprises capitalism, I had become the Treasury secretary who would forever be associated with government intervention and bank bailouts. The speed with which the crisis hit had left me no other choice, and I had set aside strict ideology to accomplish the higher goal of saving a system that, even with all its flaws, was better than any other I knew―I had been forced to do things I did not believe in to save what I did believe in.

  • アベノミクスがらみでまた目にすることが多くなった竹中平蔵。本書は彼の半生をたどる形をとっている。しかし話のメインになっているのは、バブル期以降の日米の経済関係が誰によってどのように動かされてきたか、そこで日米の経済学者たちがどのような役割を果たしてきたか、ということである。その中で、政府(権力)のブレーン・スタッフとして経済(市場)に影響を与えながら、それによって自身のビジネスで利益をあげる、アメリカのある種の経済学者たちの言動が具体的に描かれている。そして竹中はそれを日本に持ち込んだ人物として描かれている。竹中はまさに「ホモ・エコノミカ」(経済学が前提とする欲望と合理的思考の塊のような人物像)だ、とする筆者の皮肉には、思わず膝を打った。

  • 小泉政権時代に竹中大臣のもとで仕事をしていたある官僚は、竹中大臣とこんなやりとりをしたことがあるという。
    「「構造改革」には明確な定義がありませんね」
    「ないんだよ」
    「なにをやれば「構造改革」を実施したことになるんですか?」
    「海外で普通にやられていて、日本ではやっていないこと」(323p)

    もちろん霞が関では「海外」とはアメリカのことである。

    竹中平蔵とは何者なのか。経済学が苦手な私には厳しい記述が多かったけれども、一方では大変面白い書物だった。長年に渡って竹中を追い続けてきた元日経記者が、その人生と行動を深く暴き出したと思う。

    読んで見ての私の印象は、この人は学者ではない。ということである。政治家に似ているけれども、本人は違うと言うだろう。狙っているのはやはり子供がねだるように単なる「権力」なんだと思う。

    信念があって新自由主義をやっているわけじゃない。まるでゲーム感覚で、学界と政界と市場を操っているとしか思えかった。つまり、最初にゴールの結論があって、そのためになんでもやるということで、その戦術を作るためにはとても頭が回るというタイプに見えた。どう考えても郵政民営化は、170兆円と言われる巨大な郵便貯金の資金を民営化して株式市場に出して海外(アメリカ)に売り飛ばすために仕掛けたとしか思えかった、この著者はその見解は避けているけれども。

    高校時代、竹中は民青に入っている。元旦登校問題とかに関わっていたらしい。しかし、そこで彼はかえって共産主義に見切りをつける。一橋の経済学部に入る時に「マル経じゃなくて近経をやるわ」と民青仲間に宣言したらしい。大学では、高級官僚を親にもつ友達をえる。銀行から経済研究員になり、「つて」の構築に才能を発揮、政府のシンクタンクに近づく。他人のものを取り込み、他人の情報を我がものにして、何時の間にか目的を達成する。しかし、やっぱり「なんのための目的」かは一切明らかにならなかった。

    著者は経済学者宇沢弘文の「混迷する近代経済学の課題」という一文について紹介している。

    経済学はある目的を達成するために「どのような手段を用いたらよいか」を扱うけれども、「どのような目的を選択すべきか」を扱う学問ではないー経済学の古典「経済学の本質と意義」でライオネル・ロビンズが展開した主張を、宇沢は批判的に検討している。ロビンズの主張をそのまま受け入れるなら、「公正さ」のような「価値判断」を伴う概念は、経済学で論じることができなくなる。
    事実、「平等」「公正」といった概念を無視し、「効率」のみを形式論理的な枠組みのなかで論じるようになったことで、この学問は「価値判断からの自由」を標榜できるようになった。けれども、それは見せかけにすぎないのではないか。そう宇沢は指摘した。「価値判断からの自由」は「効率性のみを追求し、公正、平等性を無視する」という態度の表明に他ならないからだ。そして、効率性のみを追求する知識人が現実の政治と固く結びついて影響力を行使するとき、取り返しのつかない災いが起きる。
    「効率的な爆弾投下」「効率的な枯れ葉剤の散布」を誇らしげに口にするマクナマラ国防長官に、宇沢は、経済学あるいは経済学者の究極の姿を見ていたのである。(319p)

    これは、そのまま竹中平蔵の姿と重なるだろう。
    2013年7月1日読了

  • 竹中氏にはなにかしら「亡者」という言葉が似合うような気がします。お金と権力に向かって突き進む亡者のよう。

    アメリカが日本をどうおもっているのかや、アメリカの性質もさりげなく書かれていて衝撃です。アメリカに相手国の文化を尊重するという視点はないように思いました。要は野蛮だなぁ、と。

    竹中プランでは人が亡くなっているそうです。
    読むほど憂鬱になって、病気になりそうな本ですが、いけないなぁと思う点などがスパっと、所々要約して書かれていて救われたかのような気持ちになりました。

  • 2016年7月19日読了

  • 竹中平蔵について主に批判する観点から、竹中平蔵という経済学者の面をかぶった政策プロモーターの本性を明らかにしている。

    竹中平蔵が博士学位を取るに当たっても、不透明なプロセス、コネと圧力を用いて博士号を取得する。また協力者・共著者の業績をまんまと自分の物にせしめ、その批判をかわすだけの弁舌を持つ。

    規制改革の名の下に規制改革によって利権を得る彼らはまさに平成の政商といってもいいだろう。

  • ほんとこういうのを読むと何でこの人が逮捕・起訴されて実刑判決くらってないのかわからなくなる。田中角栄なんてこの人に比べたら全然可愛いもんですよ。

  • これがノンフィクション???
    初めから結論ありきで、その結論に都合のイイ内容の週刊誌や新聞等の文章を切り貼りしてまとめた、著者の妄想に思えてならない。

    一番の欠点は、竹中さんへの直接取材が一切ないことかな。
    故人ならともかく、竹中さんは存命されているのに、何故、本人に取材しないのかなあ?

    週刊誌や雑誌等の文章の裏も本人に確認せず、またその真意も取材せず、掲載文章だけから想像して本人について書くのは、ノンフィクションといえるのかなあ?

  • 読んでいてものすごく気分が暗くなる本だった。

    http://tamatebako100.seesaa.net/article/403958260.html

  • 読みにくい本である。事実の積げを、追って行くのは、疲れるので。しかし、根気よく読むと、竹中さんの、欲がよくわかる。いい本であるが、あまり売れないだろう。

  • 一気読み。読後は竹中さんについて、人としてマイナスなイメージしかない。

  • 竹中平蔵の半生を描いたノンフィクションで、大宅壮一ノンフィクション賞を取った本。ちょっと分厚目なので、なかなかてが出なかったが、一旦読み始めると、取材も深く、本としても面白いし、題材の竹中平蔵の人物、政策が興味深いので一気に読めた。

    竹中平蔵、自腹でいろいろ政策実現のために手を尽くしていたようだが、その政策に対する思いの強さが、仇だったのか?人との意見の違いは、やはり弱点だったように思う、手法、言動に、嫌味が満載という人物像もこの本を面白くして入りかもしれない。

  • 何となく知っているようでいた竹中平蔵氏の危うさがよくわかった。

  • 竹中という毒虫がアメリカの背後にいる金融悪魔共のためなら、どんなに卑怯で狡猾で傍若無人で人民の憂うるところを顧みない、非道な事をして来たかがよくわかる本。こんな本を講談社が出しているなんて、まだまだ日本も捨てたもんじゃないです。

  • 「新自由主義」を標榜する欺瞞に満ちた●中×蔵といった市場主義経済学者がいかに日本経済を破壊してきたかを知りたくて購入しました。

全15件中 1 - 15件を表示

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像を本棚に「読みたい」で登録しているひと

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像を本棚に「積読」で登録しているひと

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像の作品紹介

「構造改革」「規制改革」という錦の御旗のもと、いったい何が繰り広げられてきたのか? その中心にはいつも、竹中平蔵というひとりの「経済学者」の存在があった。

“外圧”を使ってこの国を歪めるのは誰か? 郵政民営化など構造改革路線を推し進めた政治家・官僚・学者たちは、日本をどのような国に変えてしまったのか?

8年におよぶ丹念な取材からあぶり出された事実から描ききった、渾身のノンフィクション。

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像のKindle版

ツイートする