掟上今日子の備忘録

  • 1924人登録
  • 3.66評価
    • (99)
    • (256)
    • (233)
    • (27)
    • (7)
  • 243レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2014年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062192026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
三浦 しをん
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

掟上今日子の備忘録の感想・レビュー・書評

  • 更新されない記憶でどこまでやっていけるものなのだろう。
    どこかで限界が出てきちゃうのではないかと思う。その意味でも、助手は必要不可欠なような気がします。

    西尾維新さんの、分かったような口ぶり、思わせぶりな文体が気になると言えば気になるけど、西尾維新さんだから仕方ない。

  • 忘却探偵の一冊目。
    設定が変わっているので楽しんで読めるところはある。
    シリーズ物としての大きな謎に期待(^^)

  • たしかドラマ化されたやつですよねーと
    読みやすそうと思ってチョイス。

    思った通りの手軽な読みやすさ。
    隠館くんはちょっと微妙かもって思うけど
    掟上今日子さんは好きなキャラクター。

  • おもしろいですね!
    記憶が無くなってしまうという設定が面白く、それを自然に取り扱っていると思います。最後の二話くらいの長さがちょうどよかったです。次巻も読まなくては。

  • 初めての西尾作品!今日しかない今日子さんというフレーズがナイス。長いプロローグか宣伝を読んだ感じ。だからテンポが終始モタモタしている。推理が深くないのは1日推理なので仕方ないとして難しい設定でこの先どう書くのかの方が興味津々です

  • 誰とも関係を築けずに寄る辺のない今日子さん。
    憶えれなくとも昨日から託された世界に愛と敬意を持っている。
    寄る辺になりたい厄介。
    初めましてを積み重ねる。

    日常の範囲を出ないのであくまでさらっと読めるけど
    誰かの中にいつまでも存在したいというエゴめいた感情を意識させられる。
    覚えているからどうか忘れないで。

    忘却探偵、掟上今日子さんの探偵譚、一作目。

  • ドラマが好きで、いつか読んでみようと思っていたシリーズ。どうしても、ドラマの配役の顔がちらつきますが、楽しめました。続きも読みたいです。

  • 掟上さんには、今日しかない。

  • ミステリ。連作短編集。
    普通のミステリだな、というのが正直な感想。
    探偵役のキャラクター設定の秀逸さで読ませる。

  • ドラマを見てから読みました。ドラマがよくできていて本の本がさっぱりしてる感じがしました。最後の今日子さんが可愛い‼︎

  • 研究室のSDカード盗難事件
    100万円誘拐事件
    須永昼兵衛原稿探し
    須永昼兵衛

  • 当たり前の人間として。平凡に描いたことが素晴しいと思う。

  • H29.02.12 読了。

    ドラマ「逃げ恥」にハマって、他のガッキー作品に興味を持ったので、原作を読んでみた。

    ライトノベルで合ってる?
    何か全体的に独特で、オタッキーな雰囲気がすごい。
    やはり、その作品を表す表紙からして萌え系な感じってことは、もう表紙でターゲット層が決まってるってことだと思う。
    表紙の絵が合わない時点で、読むべきではなかった。

    内容も、オタク向けアニメな感じ。
    背が小さくて、白髪で、「美」少女で...。
    あいたたた。

  • 一日ごとに記憶がリセットされてしまう、忘却探偵掟上今日子と、何かと厄介ごとに巻き込まれてしまう隠館厄介による物語。「最速」の名探偵ということもあって、事件解決までが速い。トリックもちょっとした知識が入っていて勉強になりました。ラストでは、今日子さんと厄介の心の距離が近づいたように感じました。(翌日には元どおりなんでしょうけどね)今日子さんの過去が気になります。

  • 物語シリーズ(第2期)以来、少し離れていた西尾維新だったのですが、図書館で見かけて何気なく手に取りました。
    以前コミカライズをちょっとだけ読んだことがあるのと、実写ドラマ化した情報から、設定はなんとなく知っていたのでなんとなく好きそうだなーと思ってはいたんですが。……やっぱり面白い。西尾維新はやっぱり推理モノが一番好きなので(クビキリサイクルは至高)、すごく満足しました。
    いわゆる日常の謎もの…でいいのかな?作中でほとんど人が死なないし、短編集的な構成なのでさくさく読めます。個人的に、西尾維新はトリックがちょっと独特というか、いい意味で本格推理作家の系統とは違う、一般人の常識の中で意表を突いたり発想を逆転させたり机上の空論を描いてみたりする、と思っていて、今回もトリックで西尾節炸裂でした。シニカルさ控えめで、逆に情のあたたかさが強かったように思います。最終話の謎解きはすごくよかった。
    一方で主人公の語り口、独特の地の文はやや控えめだったように思います。最後に読んだのが阿良々木くんだったせいかな…?
    とりあえず、久しぶりに続きが気になってページをめくった本でした。次巻もすでに発売されていたはずなので、早く読みたいなと思っています。

  • ドラマ化もされた作品ですが、スピーディーな内容が魅力です。ジャンルはミステリの短編集なので、一つ一つの事件は割りとあっさりしていますが、その分長編ミステリほど気負わずに読むことができます。登場人物名などの言葉遊びも魅力のひとつです。

    工学域 1年生

  • おもしろかったです!
    今日子さんがかわいいです。媚びてないかわいさです。
    このシリーズもアニメ化されたら嬉しいなぁ。

  • 原点です。面白いです。

  • 設定の妙だけで、安心して楽しめる。
    キャラも楽しいし、シリーズ、続けて読んじゃいそう。

  • ドラマを見て気になったので、原作も読んでみた。全て内容はドラマで知ってるのに面白かったあ。けっこうシリーズでてるみたいなので、続き読もう。

  • 軽い感じ読みやすかった。
    アレコレ推理せず肩の力を抜いて読んだ
    まぁまぁ面白かったなぁ。
    特に最後の一文w

  • ドラマ化されてるのは知ってるがみておらず、図書館にあったので興味本位でよんでみた。

    まぁそこそこ楽しめてさらっと行けるので続きも読もうかなぁ、とおもってます

    2016.10.15

  • 男子のがんばっている姿が好物な今日子さん…好感もっちゃいました。
    厄介くんもいい奴だし今日子さんの探偵になるきっかけの真相も気になるから続きも読みます。

  • 記憶リセットもの、とジャンル分けするのは簡単だが、著者のキャラクター造形の巧さがありきたりにさせていない。少しずらした氏名漢字の使い方や、個性を強める登場人物を絞り込みむことで、すっとキャラ性と設定を飲み込めるようになっている。

    ミステリーとしても、構造は分かりやすいながらにきちんと成立させていて、本格というよりはキャラ小説なのは確かだが、やはりこの探偵、掟上さんの魅力とあわせて魅せている感。続巻前提故か、解消されていない伏線が張られまくっているが、このキャラを追いたいと思えるのは確か。

  • 帯文:
    ”今日子さんには今日しかない。”
    ”「化物語」「めだかボックス」の西尾維新が送る新シリーズは探偵物語!” 
    ”スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、
    事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?”

    目次:第一話:初めまして、今日子さん 第二話:紹介します、今日子さん 
    第三話:お暇ですか、今日子さん 第四話:失礼します、今日子さん 
    第五話:さようなら、今日子さん

全243件中 1 - 25件を表示

掟上今日子の備忘録に関連する談話室の質問

掟上今日子の備忘録に関連するまとめ

掟上今日子の備忘録を本棚に「読みたい」で登録しているひと

掟上今日子の備忘録を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

掟上今日子の備忘録を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

掟上今日子の備忘録の作品紹介

掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵。
すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!
あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・
隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。
「探偵を呼ばせてください――!!」

スピーディーな展開と、忘却の儚さ。
果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

掟上今日子の備忘録のKindle版

ツイートする