リバース

  • 2684人登録
  • 3.76評価
    • (166)
    • (450)
    • (298)
    • (46)
    • (2)
  • 415レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 講談社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062194860

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リバースの感想・レビュー・書評

  • 【あらすじ(Amazonより)】

    深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所がある。それは〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。豆を売っている横で、実際にコーヒーを飲むことも出来る。深瀬は毎日のようにここに来ている。ある日、深瀬がいつも座る席に、見知らぬ女性が座っていた。彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。その後もしばしばここで会い、やがて二人は付き合うことになる。そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が送りつけられたのだ。だれが、なんのために――。
    深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、ある出来事を美穂子に話し始める。全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。真相を探るべく、深瀬は動き出す。

  • 誰が告発文を出したのか?とどうして死んだのか?の2つの謎が軸。
    心理描写をしっかりしたいためか、ちょっと回りくどいというかじれったい。主人公がヘタレすぎていらつく。
    最後は衝撃をねらった終わり方だけど中途半端じゃないか、むしろその後の主人公を書いてくれないと。

  • あらっ!結局、それかいっ、、w…って感じかなぁ

  • 先に見てしまったせいかもしれないが、ドラマの構成のほうが面白かった。
    (でも広沢くんは、小池徹平じゃなかったかな。体格的には大きい人じゃないと成立しない設定だったから。)
    結末のどんでん返しはもう少し余韻をもたせて、読者に想像させて欲しかった。

  • 読みやすいと言えば読みやすい本ではある。が・・・自分は友人にはすすめたくない本。読み終わった後に、「どんでん返しがすごい」本よりも「読んでよかった」としみじみ思える本を読みたいのです。

  • ドラマの続きが気になって、図書館で借りて読みました。読み始めると、先が気になって、すぐ読み終わっちゃいます。
    静かなカフェで温かいコーヒーを飲みながら読みたい作品。

  • ラスト1ページ。感想聞いたら多分全員がこれを言うと思う。

  • こうなってたのか。

    この作品、
    コーヒーは とても美味しそうだけど、
    後味 とても悪い。

  • 湊かなえ久々やったけど、面白い!
    ずっと軽い感じやな~と思ってたら、最後にドーン!
    やられた!

  • 【雰囲気ネタバレ!】



    初湊かなえ。
    意外と生温いんだな…?と思ったところに最後の爆弾。
    うわー!
    登場人物の誰も好きにならなかったので、逆にすっきり面白かった。
    ドラマは初回しか見ていないのだけど、ラストが異なるようなので、最終回見ようかな。

  • 最初から見てたわけじゃなかく、見ようと見たわけじゃないドラマで話が気になってしまい、本を衝動的に買ってしまいました!そういう事だったのかぁーと最後は少し切ない気持ちになりました。読みやすい本でした

  • ドラマの展開が気になったので、最終回をむかえる前に読了!
    ドラマとは時間の設定が違ったけど、テンポよくさくさく読めた!
    そして、ラストは!犯人は!まさかの…ってオチだった!
    こうきたか!

    さて、ドラマのラストはどうなのか?あと数回楽しみだ。

  • 2017.6.3 読了。

    後半、告発文の犯人はわかる感じだったけど、最後の一文は読んで辛かったなぁ。
    この後に文が続かないのがさすが湊さんなのかなと思ったほど。
    ドラマ見る前にこちらをやはり先に読みたかったので、この次ドラマみまーす

  • 中盤で犯人に気づき、終章に入る前にオチに気づいてしまう悲しさ…久しぶりの湊作品だったけれど、以前のような鋭さがなかったような印象でした。
    ハチミツ食べたいなぁ。
    2017/5/12読了

  • 読みやすかったです。
    すぐに読み終わりました。

    最後はモヤモヤします。

    ドラマの最後がどうなるのか楽しみです。

  • #17 17.5.28
    まさかの結末
    ドラマは違う終わり方するかな?

  • 終章の数ページでのどんでん返し、無理矢理な感じがします。
    ドヤ顔で「そら見たか!どうだ!!」という作者の声が聞こえてきそうですが、「あ…そう…」というのが本音です。
    序盤、別荘での出来事が終わってしばらくは、テンポよく読めましが、その後は何となく退屈で退屈なまま読み終わってしまいました。

    コーヒー豆の装丁はかわいいです。
    湊かなえさんの作品は、毎回期待して読みますが、数ヶ月経つと、「告白」以外、いずれの作品も内容はもちろん読んだ事さえ忘れてしまいます。
    自分の心に残らないという事なのかな…。
    それでもとりあえず読んでしまうんですが(^-^;
    今回、コーヒーの話という事は覚えていられそうです。

  • 現在テレビドラマでOA中の作品の原作を読んでみました。ドラマは観ていないので内容はよく分かりませんが、小説のほうは大学時代の5人の同じゼミ生が別荘旅行に出掛けた際に起きた悲劇をきっかけに、それに遭遇した残りの4人が贖罪にかられる中、事故から数年後に4人それぞれに殺人を追求する怪文書が届き、事故の真相は?怪文書を送った犯人は?といったことがスピーディーに展開し、最後は事故の真相が判明するというオチでした。
    怪文書の犯人はある程度、予想がつきましたが、事故の真相は、そうきたか!といった感じですね。
    テレビドラマでは、この展開をどうふくらませているのか?気になってきました。

  • 17年4月から藤原達也主演でドラマ化されているもの。今まで湊さんの話は、私にはあまり合わなかったのだが、これは結構面白かった。ドラマは原作と違う部分が多いので、今後のドラマの展開も楽しみ。

  • 2017/5/13伊丹市立図書館から借りた。

    最後の最後、うそ〜、嘘〜。

  • 朝(昼?)起きてから夢中になって読み耽ったため、今日は一食も食べてない。コーヒーだけ飲みながら一気に読了。

    語り手の深瀬和久は、自意識が強く、自分の存在の必要性を推し量りながら(そして必要性のなさに項垂れながら)生きている、屈折した人間。

    コーヒーが好きで豆や淹れ方へのこだわりがあり、コーヒーを人のために淹れている時だけ、自分が人に求められていることを感じている。

    これまで人から認められなかったのは周囲の人間のレベルが低いからだと、心の中で人を見下すさまは自尊心の鬼。「読者の共感ゼロ」な主人公だ。

    ある日恋人の美穂子に届いた手紙に書かれた「深瀬和久は人殺しだ」という言葉。

    思い当たる節はある。深瀬は大学ゼミの仲間と行った旅行先で、人生初の親友、広沢を事故で亡くしていた。

    深瀬はこれまで隠していたことを美穂子に打ち明けるが、美穂子はその内容に失望して出て行ってしまう。

    人殺しだという告発の文章は旅行に行ったゼミ仲間全員のもとに届いていた。

    誰の仕業なのか。犯人を捜すために、深瀬は広沢を知る人物たちに話を聞いて回ることにした。

    深瀬の自尊心の高さにうんざりして、ここまで共感できない主人公いるかよと毒づいていたが、読み進めるうちにその人間らしさを受け入れるようになっていった。

    自分の存在を肯定してくれる友人の存在。それを「利用して」自分が成り立っている感覚。深瀬がその自分の屈折と向き合ったとき、本当の意味で広沢を知りたいと思った。その変化が愛しい。

    「広沢由樹は●●だ」広沢の知人から話を聞いて、深瀬がひとつずつ積み上げる広沢像。

    複数人の話からある人物像を浮き上がらせていく手法は、湊さんらしく感じる。直接的に表現するよりもずっと、広沢の人間性、透明感が見えてくる。

    『リバース』=復讐。ストーリー後半では少しずつ告発文の犯人が見えてきて、ページを繰る手はますます加速。

    コーヒーの話が要所要所に出てきて、ページからコーヒーの香りがわきたってくるように感じるところも好み。

  • 読みたい人はここから下は読まないで。



    ラスト1ページで、大どんでん返し。マジか!

全415件中 1 - 25件を表示

リバースに関連するまとめ

リバースを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバースの作品紹介

深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所がある。それは〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。豆を売っている横で、実際にコーヒーを飲むことも出来る。深瀬は毎日のようにここに来ている。ある日、深瀬がいつも座る席に、見知らぬ女性が座っていた。彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。その後もしばしばここで会い、やがて二人は付き合うことになる。そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が送りつけられたのだ。だれが、なんのために――。
深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、ある出来事を美穂子に話し始める。全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。真相を探るべく、深瀬は動き出す。

ツイートする