未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 754人登録
  • 3.73評価
    • (22)
    • (59)
    • (40)
    • (7)
    • (1)
  • 51レビュー
著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
塩田 武士
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
伊賀 泰代
村田 沙耶香
エリック・ブリニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 「今から婚姻数や出生数を上げても無意味」。
    一部の研究者から最近ようやく聞かれるようになった言葉だが(政治家含む非専門家のレベルはさらに低く、いまだにこれを主張しているようなていたらく)、本書はたった1行で、その恐るべき真実をつきつける。

    2020年、日本人女性の半分は50歳以上になる。

    今は2017年、わずか3年後のことである。わずか3年後には、日本人の半数のそのまた半数が、初老(以上)と言われる年齢になるのだ。

    もっともよくよく考えてみれば、今に始まった話ではない。日本の高齢化率が25%を超えていると言われ始めてから、すでに久しい。
    むろん、日本の高齢者が全員女性であるはずもないが…「日本の高齢化率は25%」と、「日本人の(だいたい)半数のそのまた半数が50歳以上」というのは、「年齢が高い人の人数」という点では、ざっくり同じようなことを言っているとも考えられる。
    なのに、このインパクトの差は何だろう。

    この調子で、著者はとかく見えにくい少子高齢化社会の未来予想図を、具体的かつ苛烈につきつける。その容赦のなさといったら、普通の人なら心が折れかねないほどだ。
    ただ、それもこれも「普通の人」にこの問題の深刻さを認識させ、「すみやかに本気を出す」ことを求めるがゆえのこと。末尾には将来の日本社会に向けた処方箋や、若い人たちに向けたメッセージまでもがきちんと示されているので、「いたずらに不安にさせられた!」と腹を立てるには及ばない。

    10の処方箋のうち最も感心させられたのが、「高齢者の削減」。ここまで、とにかく厳しい(悲観的な)ことばかりを言ってきた著者なので、まさか…とドキリとさせられるが、要は「高齢者」の定義を変えようというのだ。
    現在、「生産年齢人口」とは15〜64歳と定義されている。これを19〜70歳にスライドさせよう、というのが著者の主張である。
    いまどきの60代は、10年前(50年前ではない、「わずか」10年前である。これには少々驚かされた)の60代より、知的・精神的・肉体的に5〜10歳は若いという。この人たちを、「60歳になったから」とただ遊ばせておくのはもったいない。
    また同時に、いまどきは15歳で社会に出る人はごく少ない。15〜64歳ではなく19〜70歳が、現在の日本社会の実情には合っている——まことに当を得た指摘である。
    64歳には個人差もあろうが、15歳のほうはまったくそのとおり。かつ、64歳より目につきにくかった箇所である。思わず膝を打った。

    「死ぬまで働かせるつもりか!」と反発する人もあろうが…と著者は言うが、まさしく自分の親やよく知る上司がこの年代にさしかかりつつある私としては、その反論こそナンセンスに思えた。
    60歳でいきなり「毎日が日曜日」になってしまったら、いったいどれだけ老け込んでしまうことか。自分自身を取っても、死ぬまで働くのか…などといった慨嘆より、60歳になったからと問答無用で社会から放り出されたらたまらない、という思いのほうが強い。働けるうちは働きたいし、そうすればなんとか食べていくことができるだろう——「年金だけ」「賃金だけ」では、それが叶わない額だったとしても。
    それには、人生の楽しみをすべて「定年を迎えた暁には…」と先送りさせられるような過重労働社会を変えるとか、そもそも年齢で区切らず、労働に耐えられない者に(若くても重病を患うなど)年金が支払われる方式に切り替えるなど、いくつもの変革が必要になるだろう。しかし、これは世に数多ある「少子高齢化・労働人口不足対策」の中でも有数に実現へのハードルが低く、効果が大きい策に思えた。

    2017/6/22読了

  • 笑っちゃうくらい、あまりにも暗い未来の予測。
    しかも、現実に起こりえる未来像なのでマジ恐い。
    イッキに読んだ。

    著者も54歳で、もうすぐ高齢者。

    何かの本で読んだけど、ずっと東京に住んでると気づかない事なんだけど、10年ぶり、15年ぶりに、東京を訪れた外国人が、街を歩いても、商業施設に入っても、電車に乗っても、そこにいる日本人の高齢者の比率が急激に上昇しててビビった、という。
    そこに住んでる人には見えない、人口動態の現実が、多分、今、現に、ある。

    オレは、国民みんなが、もっとバンバン子供を産みたくなる環境を早急に作るべきだと思う。

    1番は、戸籍を無くすこと。
    法律上の結婚をしていても、していなくても、子供をどんどん産めて、子供が差別されない仕組みにすべき。

    実際、スペインや、フランスでは、戸籍を無くして、法的な結婚でも、事実婚でも、関係なく子供を産めるようにして、それによって、出生率は上昇してる。


    でも、この本が言ってるのは、今後、ベビーブームが起きたくらいでは、日本の少子化は止まらない、ということ。

    日本の人口が急速に減少してゆくのと同時に、世界の人口は増加し続け、最終的には食糧問題が深刻化する、ということ。
    恐ろしい未来だ。

  • 「静かなる有事」という言葉がぴったりの、なかなか衝撃的な内容。自分ができることってなんだろうなぁ。
    とりあえず、もっと若い政治家が増えて欲しいし、税金の使い方も考えてほしい。
    若い世代を中心に、たくさんの人に読んでほしい本。

  • <目次>
    はじめに
    第1部  人口減少カレンダー
    第2部  日本を救う10の処方箋
    おわりに~未来を担う君たちへ

    <内容>
    日本の将来の人口減少を、割合ではなく、「実数」で示し、その危険性を未来の年代別に指摘する。例えば、「2018年には国立大学が倒産の危機へ」など。日本がなくなる危険性が高いと著者は指摘する。しかしこの本は、その上で10の処方箋を示し、「小さくても輝く国」造りを指南する。そこでわかるのは、無能な政治家・官僚のすがた。これくらい大胆な改革を示せる人間が日本にいるのか。民間人には難しいだろう(著者は、”人口減少対策会議”という常設諮問機関の設置を提案しているが…)。

  • 日本は「静かなる有事」に直面している。年々、着実に人口が減り、高齢率はさることながら、高齢者実数が激増し、高齢者を支える若手は激減する。人口は年に集中し、消滅する地方は万を超える。このまま行けば、今ある日本の体制は確実に機能しなくなり、崩壊していく。今の人口動態を詳細に分析すれば確実に起こりうる未来であることは明かなのにもかかわらず、先々の痛みを先取りして感じることは難しく、対策は後手に回る。しかしこの「静かなる有事」を見過ごしていては、本当に日本は沈没しかねない。今こそ、この現実を直視し、今ここにある危機として皆で議論し、「戦略的に縮小する」術を考えていかねばならない!では具体的にどのような日本になるのか、未来の年表と銘打ち、先々の日本の姿を具体的な数字で示した後、その未来に対して10の処方箋を提示する。
    デフレの正体が流行ったのは何年前だったかな。今回の未来の年表はその続き版のようなイメージ、日本が今後どうなるかを人口動態の事実から見据えた一冊。いやしかし、笑っちゃうくらい暗い日本が待ち受けてるんだな。が、筆者が語るように、その事実から眼を背けてはならない。自分たちの子供、そして孫達が希望を持って暮らしていけるよう、我々世代が取り組まなければならない最も優先順位の高い課題だと感じます。まずは、この事実を皆さまにも知ってもらいので、ぜひ興味をもたれたかは、本書を読んでみて下さい!

    ◆10の処方箋
    ①高齢者を削減する。65歳以上が高齢者という今の定義を変え、75歳以上を高齢者と読み替える。
    ②24時間社会からの脱却。誰かの負担を強いる過剰な便利さを見直す。程よい不便さを楽しむ。
    ③非居住エリアを明確化。人が住む場所を指定、コンパクトシティー構想。
    ④都道府県を飛び地で合併。近い者同士が合併するという思考の枠組みを超える。過密でリソースが不足する都市部と過疎でリソース余剰のある地方がwinwinになる合併を模索。
    ⑤国際分業の徹底。日本が得意なことに集中する。
    ⑥匠の技を活用する。量から質、大量生産から少量生産、付加価値型へ。
    ⑦国費学生制度で人材育成。働き手が圧倒的に不足するからこそ、どんなジャンルにどのような人材がどの程度必要かを弾き出し、戦略的に人を育てる。
    ⑧中高年の地方移住。地方大学でシルバーキャンパスライフを謳歌する。
    ⑨セカンド市民制度を創設。第二の故郷作り。地方のファンクラブ。一度だけでなく、何度も行きたくなる仕掛け作り。
    ⑩第三子に1000万円付与。人口減を食い止めるには出生数をあげるしかない。子供を多く生む家庭に傾斜した財源投資してでも、出生数をあげていく。

  • 特に第1部の人口減少カレンダーがよかったと思います。
    人口が減少していく日本で、具体的にどんな社会問題が起きるかを予測しています。
    おそらくはテクノロジーで解決できるであろう問題もあれば、無理だろう、というものもありました。

    避けられないのは例えば
    ・2026年 認知症患者が700万人規模
    ・2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家
    ・2039年 深刻な火葬場不足
    ・2042年 高齢者人口が約4000万人とピークに。

    避けられそうなのは
    ・2027年 輸血用血液が不足
    ・2050年 世界的な食糧争奪戦に巻き込まれる

  • 2024年に団塊世代は75歳以上
    2042年に団塊ジュニア世代が高齢化。就職氷河期で年金がもらえない世代。
    東京の高齢者不足、介護人材不足は深刻で、地方に求めざるを得ない。

  • 河合雅司 著「未来の年表」、2017.6発行です。少子高齢化のゆく末を予測した未来の年表です。生まれる者の減少、高齢者の激増、トータルとしての人口の減少、これらが「じわじわ」どのようにボディブローとして効いてくるか・・・、おそろしいですね。後手後手の対応だと、本当に日本沈没ではないかと、東京五輪どころではないのではと思いました。育児と介護のダブルケア、忍忍介護の急増、死亡者が出生数の2倍、輸血用血液の不足・・・、これらは向う10年の内の予測でした。「おばあちゃん大国」になるのは、納得ですし、微笑ましいとw

  • ★★★★日本の少子高齢化は不都合な真実。「少子高齢化に歯止めをかける」と口にする国会議員は認識不足。
    2021年介護離職増大。2025年団塊世代が75歳以上となり、社会保障費が膨張し、医療機関、介護施設が不足。2040年死者激増による火葬場不足。2042年高齢者数がピークに。2050年国土の2割が無居住化。解決策は出生数、人口の減少を前提とした社会に作り替えること。痛みを伴うから政治家は議論を避けているが、拡大路線の成功体験と決別し戦略的に縮小化する。日本より人口が少なくても豊かな国を見本とする。

  • 人口推計は出生・死亡者数、平均寿命などからかなりの確度で求めることができるとは、増田寛也著『地方消滅』で認識済みだったので、本書の第1部 人口減少カレンダーを読み進める中で持って行きどころのない焦りを感じた。第2部の提案の一部は賛成しかねるものもある。国際分業はコスモポリタニズムが世界に浸透しない限り、自国の安全保障に関わる問題になるだろう。日本人の純血を守るような記述も気になる。24時間営業や行き過ぎた宅配サービスは確かに労働力の無駄遣いだと思う。

  • 時系列で、とても興味深いです。
    このままだと、この通りの未来が待ち受けているのか...と若干感じていたことが、具体的な印象になり、少し恐ろしくなりました。

    人口構成の図からして、そのまま、あり得る未来です。

    先日「公務員の定年延長案」という記事を読み、多くの悲観的なコメントも併せて読みましたが、この本で未来を予想したならば、うなずけます。

    労働人口がすさまじい勢いで減少し、高齢人口の割合が急上昇。年金制度など、肩車構造になり、支えきれないのです。

    子どもたちの世代に過剰な負担がかからないよう、どのような対策を今から打つべきなのか、考えさせられます。周囲のニュースの意味が、より切実に感じられるようになりました。

  • 少子高齢化というあまりにも深刻なおかげで半ば形骸化しつつある社会問題のvisualize。未来年表とともに確かな根拠に立脚した具体的な数字がでてくるため、そのインパクトは思いの外大きい。著者の提示する10の処方箋も中々斬新で興味深い。

  • 出生率が2を下回れば人口は減る。人口が減れば現在の規模の社会的サービスは支え手がいないので維持できない。⇒人口を増やすか,社会的サービス(社会構造)を変えるか。どんな設計図を描くか,そしてそれを着実に実行するか。覚悟と気迫がいる問題だ。

  • 厳しい現実をデータで示し、分かりやすく纏められている。
    その年、自分が幾つになっているかを考えながら読むと本当に恐ろしい未来に見える。
    戦略的な縮小を世代問わず、進めなければならない。

  • 日本版CCRC構想が、今後の自らが取り組む研究領域の一つとして非常に面白いと感じた。

  • これも良本。
    この先、高齢者の増加、子どもが減り、人口も減る社会でどんなことが起こるのか、リアルにわかる。
    悲しい現実ばかりだけど、逃げられない。逃げずに、どう立ち向かうべきなのか、一人一人が考えないといけない問題だなと思った。とは言え、なかなかすぐに、じゃあこうしよう!!と解決策が出てくるわけでもないんだけどね。これからの未来を考えると息がつまる。

  • 興味深いテーマで、データも提示されてる。でもどうも解決も、リアリティーを感じないのは、年のせいかなあ。危機感が高まらない。

  • 不可避の未来が書きつけられています。たぶん、とか、きっと、とかの無い世界。人口動態って恐ろしい。国のありようをすっかり変えてしまう力。だからこそ自分の人生の間だけの幸せという逃げ切りを狙う層も出て来そう…そして結婚しない単身者としての人生はそういう価値観を加速する可能性大。今でさえ中間層の崩壊、富裕層と貧困層の対立という現象が出ているのにもっと社会の分断が起こりそう。求められるのは新しい社会のコンセンサス?モラル?システム?不可避の未来は不可視の未来を連れて来そうです。

  • 2017.08.24 読了
    少子化、高齢化、人口減について改めて状況を理解するのに役に立つ一冊。今後、実際の日本がどうなっていくのか気になるし、以前よりも日本の将来を考えるきっかけになったように思う。

    印象に残った言葉
    ・戦略的に縮む

  • 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
    著者:河合雅司   発行日:2017年6月14日
    評価:★★★★★
    読破冊数:24/100冊(時間:4時間)


    ◼︎こんな人におすすめ
    ・医療について学びたい人
    ・少子高齢化問題について学びたい人
    ・今後の日本についてどうなるか気になる人


    ◼︎内容紹介
    日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか?
    人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえに人々を無関心にする。だが、それこそがこの問題の真の危機、「静かなる有事」である。

    書店には、人口減少・少子高齢社会の課題を論じた書物が数多く並ぶ。しかし、テーマを絞って論じるにとどまり、恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。それを明確にしておかなければ、講ずべき適切な対策とは何なのかを判断できず、日本の行く末を変えることは叶わないはずなのに、である。

    本書が、その画期的な役目を担おう。
    第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。未来の現実をデータで示した「基礎編」である。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。

    これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!


    <主な内容>
    第1部 人口減少カレンダー
    2017年 「おばあちゃん大国」に変化
    2018年 国立大学が倒産の危機へ
    2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
    2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
    2021年 介護離職が大量発生する
    2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
    2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
    2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
    2025年 ついに東京都も人口減少へ
    2026年 認知症患者が700万人規模に
    2027年 輸血用血液が不足する
    2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
    2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
    ・・・ほか

    第2部 日本を救う10の処方箋 ――次世代のために、いま取り組むこと
    「高齢者」を削減/24時間社会からの脱却/非居住エリアを明確化/中高年の地方移住推進/第3子以降に1000万円給付
    ・・・ほか

    内容(「BOOK」データベースより)
    2035年、首都圏も高齢者が激増!「日本を救う処方箋」も本書で提言。
    引用先:Amazon


    ◼︎この本から学んだこと
    今後の日本の「少子高齢化」を中心に各年代ごとに、データを比較して未来予想して書かれている。

    とくに、興味深いのは日本における問題を著者は4つの課題として取り上げている。
    一つ目は出生率の減少、2つ目は高齢者の激増、3つ目は勤労世代の激減に伴う社会の支えての不足、4つ目はこれらが互いに絡み合って起こる人口減少。

    「少子高齢化」については、医療従事者でなくても一度は聞いたことの問題であると思う。
    一度、「少子高齢化」について、まとめたことがあるが、背景にバブルによる所得の減少や女性の社会進出なども背景にあると言われている。
    出生率の減少と高齢者の激増は今の日本の人口を激減していく要因と著者は訴えている。

    とくに注目すべきと思った点は、2020年と2025年問題である。
    2020年は、女性の2人に1人は50歳以上になると予測している。
    それ以外でも晩婚化や離婚問題についても問題を取り上げている。

    20... 続きを読む

  • 【予測できる人】
    他の出来事はほとんど未来を予測できないですが、人口動態はかなり正確に未来を予測できるといいます。
    つまり、日本の人口はほぼこの年表にかかれているようになるということです。
    しかし、出来事は別だと思います。
    人は指をくわえてみているだけでなく、好き嫌いに関わらず事実に影響されて変化します。人口予測は間違いないですが、出来事は予測不可能です。

    団塊の世代が定年を迎えるとき、大問題が様々発生すると予測されていましたが、予測したほどの大きな問題は発生していません。予測できるということは、全く気にもかけていないわけではなく、大々的な対策を講じることはできなくとも、意識の中では影響され少なからずその問題に対応するように変化しています。予測できるということは大きな問題にはならないのです。

    しかし、想定外、予測できなかったことが起きたときは大きな問題となります。

  • 少子化って将来どうなることなのか具体的に把握することができる本。
    これはリスクではなく、確実に来る未来。

    はじめにと第一部の強烈に絶望的な内容に比べ、第二部の対策編が物足りなかった。少子化を根本的に解決、改善させるものがなく、少しの時間稼ぎ的なものが多いと感じた。

    しかし、どうすればいいのかねぇ…

  • P59 ひとり暮らしの高齢者、増加の一途
    2025(+8)東京都の人口減少
    2026(+9)認知症700万人突破、現在は525万人
    サービス施設が立地する自治体の規模
     例)食品小売店:5000人必要
       ハンバーガー店:3.5万人必要
    ・無人レジ化(経済産業省+コンビニ5社)

    ・「便利すぎる社会からの脱却」?著者の提案 

全51件中 1 - 25件を表示

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の作品紹介

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか?
 人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえに人々を無関心にする。だが、それこそがこの問題の真の危機、「静かなる有事」である。

 書店には、人口減少・少子高齢社会の課題を論じた書物が数多く並ぶ。しかし、テーマを絞って論じるにとどまり、恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。それを明確にしておかなければ、講ずべき適切な対策とは何なのかを判断できず、日本の行く末を変えることは叶わないはずなのに、である。

 本書が、その画期的な役目を担おう。
 第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。未来の現実をデータで示した「基礎編」である。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。

 これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!


<主な内容>
第1部 人口減少カレンダー
2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に
2027年 輸血用血液が不足する
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
・・・ほか

第2部 日本を救う10の処方箋 ――次世代のために、いま取り組むこと
「高齢者」を削減/24時間社会からの脱却/非居住エリアを明確化/中高年の地方移住推進/第3子以降に1000万円給付 
・・・ほか

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)はこんな本です

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする