バガボンド(2)(モーニングKC)

  • 1322人登録
  • 3.59評価
    • (101)
    • (69)
    • (273)
    • (2)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 井上雄彦
制作 : 吉川 英治 
  • 講談社 (1999年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063286205

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 雄彦
有効な右矢印 無効な右矢印

バガボンド(2)(モーニングKC)の感想・レビュー・書評

  • 故郷の宮本村で「悪蔵」と呼ばれて忌み嫌われていた武蔵は、襲いかかってくる男たちを次々に斬り伏せていきます。しかし、そんな彼の心の弱さを見抜いた沢庵坊と、又八の許嫁だったおつうによって、彼の荒み切った心は揺さぶりをかけられることになります。

    さらに、武蔵によって壊滅させられた辻風組の辻風黄平(つじかぜ・こうへい)という男も、武蔵の命を狙います。

    老賢者である沢庵と、無垢な美少女であるおつうという、王道ストーリーに欠かせないキャラクターが序盤からきっちりストーリーの流れを作っていく展開は、意外さこそありませんが、やはり読んでいて胸が熱くなります。

  • 武蔵という人間が桁外れなだけに、戦い方も迷い方も負け方も全てが桁外れです。


    良かれと思って又八のことを伝えに故郷へ帰ってきたのに、追われる身になってしまう武蔵。


    自分を守る為に相手を倒す。酷いようですが人間誰しも自分のことは大事なもの。
    武蔵に殺された人たちもみんな大切なものがあったことを考えれば、沢庵和尚の行為が村人たち、武蔵のどちらに対しても酷い行為であったとは言えない気がします。


    おつうが又八が好きだという理由を初めて読んだ時ははっとしました。
    和尚が強く指摘せずにいてくれるところに優しさを感じます。


    新たに前に踏み出す武蔵の行く末がとても気になります。

  • 場面に合わせて様々な技法を駆使して描かれている。着物の柄の描き方が丁寧。

  • 山に隠れていた武蔵が捕まりつるさてまた逃げ出すまでです。
    武蔵はまだ虚栄心が強く内にしか心が向いていないのに自分のことをわかっていなくて無駄に吠えている感じですね。

    その対極が沢庵と思うのだけれどそのひょうひょうとした姿勢が逆に強そう。

    私は天真爛漫なおつうちゃんが好きです。

  • ネタバレ 武蔵捕獲、大杉への吊るされから宮本村出奔まで。辻風黄平(原作どおりなら辻風黄平=宍戸梅軒だろうが…。まぁ鎖鎌だしね。間違いない)が異色。ただ、彼が宮本村に再登場したのは些か唐突。兄の恨みを是としても、武蔵の居所を追い続けられるのか。戦国の世の、荒くれ兄弟像からは少し外れる気がしないではない。

  • 沢庵和尚登場。存在がかっこいいです。

  • 個人的に、他人から押し付けられるような精神論がどうしても苦手だから、良いこと言っているのは間違いないんだけど、沢庵は今のところ苦手・・・。達観してる感じもあんまり好きじゃなくて、もっと分かりやすい熱さが欲しいなー!

  • 追手を逃れて宮本村の山中へ逃げ込む→辻風黄平との邂逅→捕らえられ吊るされる→解放されるまで。おつうの出自が捨て子設定ってこの作品オリジナルだっけ?

  • 沢庵がヤバいのです。生きていいのです。

  • 1巻だけじゃおもしろいのか分かんなかったので、
    もう一冊図書館で試読。


    ぅん。
    やっぱりこれおもしろいw
    てか武蔵かっこいい♪

    全巻買うか・・・(ぇ

  • ただただ絵と話しに引き込まれる。
    「生きていいのか」
    この問いかけから何が始まるのか。

  • レ。

    2巻のラストにて武蔵がスタートラインに立った感じか。

    沢庵はメインキャラクターなのかな?いきなりフルスロットルで来るもんだから、一気に好きなキャラ。悟りを開いたゴリみたいな。

    おつうが2巻を通して愛しい存在だった。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    裏切り、殺意、孤独──死んでたまるか!
    挫折。裏切り。
    悶え。失意。
    どん詰まりの中、武蔵(たけぞう)の前にとてつもない坊主が現れる。


    宮本武蔵の本だと思ってたけれど。。。。。
    その理由があきらかに!???

  • 井上雄彦/吉川英治

  • 下手な自己啓発書を読むんだったらバガボンド全巻読んだ方がためになる!!!!!!!!!!!!

  • 図書館の本

    出版社/著者からの内容紹介
    裏切り、殺意、孤独──死んでたまるか!
    挫折。裏切り。
    悶え。失意。
    どん詰まりの中、武蔵(たけぞう)の前にとてつもない坊主が現れる。

  • 2010/04/19読了@西高図書館

  • 沢庵和尚につるされる場面。思ったよりさらっと描いていますが、まずまず。

  • 僕が最も頻繁に読み返せる漫画の一冊です。内容ももちろん楽しめますが、ただ眺めているだけですら楽しめる数少ない漫画ではないでしょうか。一コマがひとつの海外として完成しています。何かを超越している武蔵と小次郎に対して、醜い部分、小心者丸出しの又八の苦悩と葛藤が人間らしく、また寂しげです。

    もう連載開始から10年ですよね。これからの展開が楽しみです。

  • おつうが無邪気でかわいいです。

  • 11.悪鬼
    12.沢庵
    13.生
    14.斬死
    15.怖くない
    16.捕獲
    17.天下無双
    18.樹上の恥
    19.鬼の子
    20.死
    21.光のある場所

  • 化学の授業中に読んでた。友達と回し読みだったから、4巻くらいまでしか読んでない。

全24件中 1 - 24件を表示

バガボンド(2)(モーニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バガボンド(2)(モーニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バガボンド(2)(モーニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バガボンド(2)(モーニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする