東方ウィッチクラフト―人の望みの喜びを (コバルト文庫)

  • 34人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (3)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹岡葉月
制作 : 飯田 晴子 
  • 集英社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086001595

東方ウィッチクラフト―人の望みの喜びを (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 挿絵が飯田晴子だったから!というキッカケで手に取った。

  • 一子よかったね〜。思いが伝わって…。宇卵もその後、もしかしたらということになるんだろうか…そうなると魔女っ子ランランはいなくなるんだろうか?友情の修復は、やっぱり難しい…。一度壊れたものを戻すということは、すごい力が必要なんだよね…。だから、ケンカしたら、すぐ仲直りしないとね。
    20050806:読了

全2件中 1 - 2件を表示

竹岡葉月の作品

東方ウィッチクラフト―人の望みの喜びを (コバルト文庫)はこんな本です

東方ウィッチクラフト―人の望みの喜びを (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東方ウィッチクラフト―人の望みの喜びを (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

東方ウィッチクラフト―人の望みの喜びを (コバルト文庫)の作品紹介

脇腹を刺され病院に運びこまれた柾季。彼と同調した一子は刺される瞬間、引き込まれるように意識を失った。そして、ふたりは眠り続ける。-一子が意識を取り戻した時、彼女は不思議な世界にいた。しかし、状況を把握する間もなく一子は襲撃を受ける。そんな彼女を助け、助言を与える謎の少年。その目的もわからぬまま、柾季と合流した一子は、少年の言う『最果ての塔』をめざすが…。

ツイートする