わたしの蜻蛉日記

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 瀬戸内寂聴
  • 集英社 (2009年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713237

わたしの蜻蛉日記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たしか丸谷才一の『輝く日の宮』を読んでからだと思うが、『蜻蛉日記』のことが気になっていた。たまたまこの本を見つけたので読んでみたが、ますます道綱母に興味を持ってしまった。六条御息所を彷彿とさせる嫉妬心。
    順を追って解説しているような書き方なので、これを読んだだけでも、蜻蛉日記を大かた読んだ気になる(全部を網羅しているわけではないが)。原書を読むための導入としてもいい本だと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

わたしの蜻蛉日記のその他の作品

瀬戸内寂聴の作品

わたしの蜻蛉日記はこんな本です

わたしの蜻蛉日記を本棚に登録しているひと

わたしの蜻蛉日記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わたしの蜻蛉日記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたしの蜻蛉日記の作品紹介

美しく聡明な姫君は、名門藤原氏の子息に見初められ、誰よりも幸せになるはずだった-。瀬戸内寂聴が読み解く、私小説の元祖。

ツイートする