ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村

  • 141人登録
  • 3.13評価
    • (3)
    • (17)
    • (30)
    • (11)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 集英社 (2014年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087715767

ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボツコニアン4巻。
    ホラーゲームのボツネタをくぐり抜けて、SFへ。
    分からないネタが多いけど、このシリーズのゆるい感じがとても好きだ。
    今回の敵も意外過ぎるほどに意外。
    挿し絵可愛い♪
    次巻も楽しみです。忘れないうちに出てくれますように。

    連載40巻を記念した巻末ふろくあり。

  • やはりというかなんというか、これまでの話をまるっと忘れてたという。
    なので話に馴染むのに若干の時間を必要としたものの
    三国志ネタよりはとっつきやすいのか
    割と難なく入って行けた印象が強い。
    (郭嘉様のあへあへには参ったけど/爆)
    ホラホラホラーでの戦いぶり、サンタ・マイラへの道中の対応、
    その辺を見るにつけ、3人の成長をちょっとだけ実感。
    特にピノはずいぶん戦士らしくなったなーと。

    サブイベントから本編に戻るときのスムーズさは流石。
    今回のSFネタはちょっと深いというか面白そうだなー
    と思った矢先に5巻へ続くという焦らしテクも流石(笑)。
    …5巻を読む頃にはまたまるっと内容を忘れてそうで怖い。

    余談だが、『何なら書きましょうか? 四千枚。』には
    思い切り笑わせていただいた。
    スバラ式世界方式の大文字ボールド指定は反則だってば(笑)。

  • 前作を読んでから大分間空いてしまったので、大部分を忘れていました。それでもまあ、読めることは読めます。あまり設定とか重要でないと言ったらアレですが、楽屋落ち的な作品ですので、細かいことは気にしなくて良いといいますか。

    作者が楽しむための半エッセイ本、と言う感はあります。

    ホラー舞台が完結し、新たにSFエイリアンもの。

    詳細は語らなくても良いかな。軽い気持ちでサクッと読めてしまう本作。ライトなもので、記憶と感想もあまり残らない。そんなところでしょうか。読んでいるその場を楽しめばOKだと思います。

  • 図書館で借りた本。
    ピノとピピが迷い込んだ市だか町だか村の三角の被り物をした人たちの将来が分かり、理由も知ることになって一件落着。今度は鞘人間が登場してきた。三国志の時よりも面白いと思った。

  • うーん微妙
    マニアックなネタが多いよー
    宮部さん完全に遊びで書いてるよ
    これ普通だったらライトノベルにもなんないよ
    宮部みゆきが書くからなんとか世に出てるけどさ

    そもそもターゲット層は何歳なんだろう?

    宮部さんの書くファンタジーは読みにくいし面白くない
    向いてないんだろうな

  • 多くの挿絵があり
    なかなか読みやすかったです

    作者の暴走が激しくなってる!
    って感じでした。
    ただ今回は洋画ネタやドラマねたなどが
    あり、一部ついていけないところも
    ありました。

    次で最終巻らしいのですが
    どんな話をまとめるのか
    気になります。

  • ボツコニアンシリーズ第4弾

    ホラーな村で無事に鍵をゲットしたあとは
    ロボットと宇宙からの生命体に乗っ取られた町へ。
    ボツSFの世界

    ピピのわらわら魔法ももちろんだけれど
    ピノが勇者らしくなってきたなぁと(笑)

    しっかし次巻でラストらしいけれど
    鍵まだ2つだよ? どうやって終わるんでしょw

  • ネタがディープ過ぎて、ついていけないので、5巻は読まずに打ち止め……。
    (2016/06/11追記)

  • 次で最終巻だが、話の伏線を回収する気は全くないみたい。ケータイ小説を読んでいるかのようだ。ホラーネタは某Bから始まる有名ゾンビ退治ゲーム、SFネタは小説や映画を見ているとクスクスと笑えるネタが揃っている。この「奔放」と例えるべき作品、どう話が完結するのか。次巻も読んでいきたい。

  • 宮部先生が楽しそうで何よりです。

    前作の流れからサイレントヒルの話かと思ってたけど、まさかのバイオの方だったか…。
    宮部みゆき作品の中で一番フリーダムかつ無法地帯な作品だと思う。つい笑いが漏れてしまう。
    ちなみに、僕はスナップエンドウ好きです。茹でてそのままがおいしいですよねわかります。

全32件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村の作品紹介

宮部みゆきのユルユル系RPGファンタジー! 第4巻もホラーからSFまで、禁断と掟破りのてんこ盛り!
長靴の戦士ピノとピピが迷い込んだのは、怖いような怖くないようなホラーゲームのボツの世界だった・・・。

ツイートする