ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)

  • 1170人登録
  • 4.47評価
    • (141)
    • (70)
    • (23)
    • (2)
    • (1)
  • 64レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2015年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088804477

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 春高バレー宮城県代表決定戦準決勝、烏野対青葉城西。
    その激戦に決着のつく17巻。そして全国への最後の戦い、白鳥沢への挑戦が始まる17巻。

    青葉城西戦の最後の1点をもぎ取る攻防。試合後の及川のいうように、コート上の全員が持てる力のすべてを出し切っての結果。その結果烏野が少しだけ上をいったというだけ。それが勝者と敗者を、現時点での優劣につながった。
    とはいえ、悔しさが残らないわけではないし、満足感があるわけでもない。負けてしまったことは事実だから。高校バレーという舞台で、及川達3年生が悔しさを晴らす機会はもうないけれど、この悔しさを刻んだ後輩たちに想いを託して先へ進んでいきます。
    及川の将来を示唆するような場面は、どこかの伏線なんだろうか。

    そして烏野はついに王者への挑戦が始まります。

  • (あらすじ)青城戦第3セット、接戦で烏野勝利。次、決勝戦、白鳥沢。ウシワカが強いのは、火力と左利きのため。第1セット、10点差にまで開くが、ノヤさんがやっとレシーブ。
    (感想)青城戦は、両者、実力を出し尽くしてて、この必殺技で逆転とか決めるとかがないので読んでて疲れる。及川さん、へらへらしてそうで実は努力型なとことか、ポジション的に咬ませ犬なとことか、総合的にかなり好きなキャラなので、烏野が勝ったのはうれしいものの、切なさもあり。でも、まだこれから先もバレーやってて良いんだという、前向きな終わり方で、良い感じ。白鳥沢戦はまだテンションが上がらない。

  • 『才能とセンス』。

    VS青葉城西高。超ロングセットアップ!アニメも良かったけどコミックもいい。やはり及川カッコいいな。今回の阿吽はコンビ切ないわ。試合後の牛島とのやりとりも迫力あり。花巻が好きー。

  • 凄かった(;゜∇゜)青葉城西戦!及川VS影山が泣けた(ToT)さぁ次はいよいよウシワカのいる白鳥沢との決勝だ(^^)♪烏野苦戦中だが、ノヤッさんナイスッ‼(≧∇≦)

  • 今まで、読んできて良かったと思える巻でした‼︎‼︎‼︎

  • 自分の力はこんなもんだと思わないこと

  • 男前岩ちゃん。
    ラストプレーの緊迫感。

  • 県代表決定戦は、緊迫感があって、代表が決まるという大事な試合なので終始ドキドキハラハラしっぱなしで読了。得点の行方に手に汗握る展開でサーブを始めとする攻撃、守備など全てにおいて臨場感あり、ここ一番という場面でナイスプレーが決まるといった白熱があってよかった。烏野、青葉城西、どちらが代表であっても十分に戦えるだろうなと感じさせるプレーだと思った。代表の椅子はひとつしかないが、どちらも応援したくなるものだと感じる。牛若丸に圧巻されてしまうが、烏野メンバーたちの食らいつく姿が良かった。番外編の話は感動。

  • 何はともあれ巻末おまけ。

  • たとえ目の前の試合は終わっても、築き上げた関係は、培った強さは、きっとずっと続いていく。それがたとえ同じ形でなくとも、どこかで。

  • とにかく迫力の一冊。
    取りだめではなく、いっぱい発行してからまとめて読もうと思いました。

  • 青葉城西戦、決着!?
    因縁の対決の結末は?!

    激熱の展開。
    読んでいる最中、手に汗握る。

    何よりこの巻で一番評価したいのは、巻末のラフ画のようなオマケ漫画。

    サービス精神。
    そしてこの漫画に対する熱い気持ちがヒシヒシ伝わる。

    大きな展開はないが、大事なモノがそこにはキッチリ描かれている。

    やはり、このハイキュー‼︎は素晴らしい漫画。

  • めっちゃ熱い。よかった。

  • 青葉城西との一戦もいよいよ大詰めヾ(≧▽≦)ノ 
    繋いで繋いで繋ぎまくる!!
    青葉城西との決着、そして決勝VS白鳥沢戦の始まり。
    一戦一戦ごとに成長する烏野バレー部
    ちょっと前まではここまで戦えるとは誰も思ってなかったと思う。
    お互いバレーに対しての熱い気持ちがあるので手に汗握る展開
    そして次はラスボス(笑)白鳥沢学園のウシワカ。

    王道の高校バレー漫画。

    番外編も良かった、
    試合は終わってもこれからも道は続く…。

  • 泣いた。試合になるとほんと泣く。
    幼馴染尊い

  • 購入。本誌で泣いて、単行本で泣いて、番外編で号泣。
    いつか笑顔で話せる思い出になるのかもしれないけど、今この瞬間の涙は本気の本当なんだ。青春カムバックー。

  • 烏野VS青城の決着がつく巻でした。
    本編については、本誌でやっているときに一通り騒いで、タイトルにもなっている「才能とセンス」の話あたりで悟りをひらいちゃって、ただただわなわなしながら読むばかりでした。
    が、しかし。番外編…!!これはちょっと、とても良い意味でたまらないなと思いました。先生ありがとうございます。大好きです。としか言葉がでてきませんでした。これからも応援しております。

  • 青城vs.烏野 完結。青城3年最後の試合。泣いた。泣きに泣いた。阿吽尊い。及川さんかっこいい。あとノヤも激男前。

  • 青葉城西戦決着。
    白鳥沢戦が始まって。
    番外編に感動した。

  • 目下の最新巻まで読了。いやいや、熱くて面白いす。少年スポーツ漫画の金字塔としては、何といってもスラムダンクがあるけど、多少なり、キャラ設定やらがそれに似てしまうのは仕方ないし、むしろそんなの気にならないくらい、ここに描かれている各登場人物は魅力的。決めのシーンはとことん格好良くて震えがくる。敗者のほうにむしろスポットを当てる場面が多いけど、それが見事にハマってて、まんまと感動の嵐に晒されることもしばしば。これは人気も出ますわ。サイコー。

  • ありがとうございました……

  • 青葉城西戦決着。
    色々なシーンに泣けた…。
    番外編でもっと泣けた…。

全64件中 1 - 25件を表示

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)の作品紹介

青葉城西がマッチポイントを迎えた県代表決定戦準決勝の第3セット。1点取られたら即試合終了の窮地に烏野は、持てる力の全てで最後の勝負に挑む。宿命の青城戦ついに決着!! 大幅描き下ろし漫画も収録!!


ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする