カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)

  • 124人登録
  • 4.07評価
    • (11)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 小学館
  • 小学館 (2016年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091387882

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 茉莉の登場の仕方が怖すぎた。人助けとはいえ、躊躇なく茉莉に人工呼吸するアキがちょっと嫌だったなー。それに過呼吸の人に二酸化炭素送るのって自発呼吸が乱れそう。考えすぎかな。とりあえず逆の立場だったらアキだって嫉妬しそうな気がするのに。そしてこの辺りのMVPはユウちゃんでしょう。すごくいい告白だった。そしてこの巻でついにアキとリコが大人の関係になったわけだけど、もっとアキがリコしか考えられない感出して欲しかったなー。なんかリコの一途さに比べてアキが大人で悔しい。初恋だとかそうじゃないとか、そーゆうのも関係あるんだろうけど。茉莉の時熱かったのはアキの初恋だったからなのかな。最後はマシュコの学校での単独ライブ。臨場感があって面白かった。ユウちゃんの演出とソーちゃんの曲。2人の新たな一面が垣間見れる。2人の良さがまた見れて良かった。

  • ずいぶん前に3巻まで読み、今は14巻まで読みました。
    合間に、キャラクターの背景が紹介されており、
    実はそれらは、緻密に計算されていると知ってる。
    先が読めるようで、ちょっと分からない部分もあり。
    どこかで、似たような設定を観た事もある。

    ただ、みんな誰か大切な者(物)を守りたくて、
    好きな事をやりたいという気持ちが溢れてる。
    けれど、みんなかつての同級生や、
    友達としてではなく、残念ながら、
    ビジネス化したところで変わらざるを得ない。

    分かっているようで、分かりたくない。
    キャラクターそれぞれが、それぞれを
    想いやっている。ように見える。
    が、実はそれは『究極の自己満足』
    という事を作者も分かっているのかどうか・・・

    そして、知らなかった事実を知る事で、
    無力さと、自分の愚かさを知る。
    実に人間らしい感情が渦巻いている作品だと思う。
    映画化されたような気がするが、
    今のところ、映像は自分の中では不要。

  • ラストまであと少し

  • ようやくマッシュとアキがくっついて朝チュン。長かったこのお話しも、次巻で最終巻とのこと。

  • 待ってました。

  • よかった。よぉ。この巻‼︎
    恋愛モノとしてカモ。で、すが。

    ユウちゃんの告白と
    理子初めての曲♩

    まだまだこの先どーなるのだろ⁉︎
    と、いろんな道がありそーなのに。
    心配事だらけなのに…

    次、最終巻⁉︎って‼︎
    まとめちゃう⁉︎

  • ラブラブな二人の表紙から始まる第21巻♡-(^ε^*)

    しかーし!冒頭は悲痛な(?)茉莉さんの話から。
    なんだかんだいってても、いつもアキが手を差しのべてここまできちゃったから…ようやく失恋できたってことなのかなぁ。(まぁ今回も助けたけどさ。)
    結局本気で好きだったのかどうかは、読解力のない私には分からなかったよ。σ(-ω-`;)
    茉莉さんが弱者であることを選んだなら、あとは高樹さんがなんとかしてあげるしかないんじゃないかなあ…?

    今巻いちばん頑張ったのは間違いなくユウちゃん!!
    今まで君をただのヘタレだと思ってて本当にゴメン!君の勇気と優しさに、あたしゃ~感動したよっ。゚+.ヽ(≧д≦+。)ノ
    それに比べてアキは…リコに許されてばっかりじゃあないか!今回のユウちゃんの頑張りを見てたら余計そう思ってしまったわ~。
    それでもリコは、なんでかアキがいいんだもんねー。…惚れた弱みかねぇ。┐(´ω`〃)┌

    それぞれの(隠れた才能を含めた)今の実力を、文化祭のステージで披露する「ハッポ☆スチロールズ(MUSH&Co.)」。
    そして、それを見守るアキと心也。
    劣等感はやっぱりあって…でもユウちゃん&ソーちゃんのおかげで少しだけエゴから解放されたアキは、心也に素直な気持ちで感謝の言葉を伝える。

    次巻、心也がどう受け取るかだけど…うー、反応がこわいな。(>_<;)
    心也も素直になれるきっかけとかあればいいんだろうけど。

  • 少女漫画でも、とりわけ、青春ものが好きだ!売れ線に走った感も否めないけど、万人ウケしながら、きっちり押さえたストーリーだ!
    次、最終巻らしいんだけど、このままハッピーエンドでぶっちぎって欲しい。
    茉莉、こらえてよ。この不穏な感じはあなただけから醸し出されてるからっ!!

  • どうやら次が最終巻だそうで、マッシュ達のサクセスストーリーを見たかった身としては、よくわからん三角四角関係はいいから、音楽をやってくれーーーって思ってる。心也と秋の確執はいいけれど、たぶん、クリプレとかシバケンに話を広げる必要はなかった、かな。
    キャラの中では圧倒的心也推しなので、彼にはプロデューサーとして幸せになって欲しいな〜。

  • マッシュとアキのケンカの原因になってしまったけど、茉莉の涙が切なかった。
    ユウちゃんの告白だけでもかなりきゅんとしたのに、その後のマッシュとアキのシーンもかなり良かった。
    ユウちゃんとソーちゃんにも別の才能がみえつつ、次巻最終巻。

全10件中 1 - 10件を表示

小学館の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)のKindle版

ツイートする