20世紀少年―本格科学冒険漫画 (8) (ビッグコミックス)

  • 1155人登録
  • 3.53評価
    • (83)
    • (66)
    • (279)
    • (2)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2002年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855381

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (8) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2000年の大晦日の夜、巨大ロボットの操縦席にたどり着いたケンヂは、彼の前に対峙している「太陽の塔」を目にし、そこで彼が持ち込んだダイナマイトが爆発しました。カンナの手もとには、その数時間前に録音されたケンヂの最後の歌が残されていました。

    神様の口から「2000年血の大みそか」事件の真相を知った響子に、担任の教師から“ともだちランド”の研修に招待されたという報せが届けられます。“ともだちランド”から逃げ出そうとした響子は、清掃員に身をやつして“ともだち”の情報を探っていたヨシツネに出会うことになります。ヨシツネは響子に、研修のヴァーチャル・アトラクションで3位以内に入ることための秘策を授けます。見事3位通過を果たした響子は、「ボーナスステージ」に招待され、1971年のケンヂたちとともに、首吊り坂の屋敷に肝試しに出かける体験をすることになります。

    ヨシツネが生きていたことが明らかになり、2014年の戦いのお膳立てが整ってきました。

  • ケンヂの歌、音楽をマンガに入れる方法のひとつ。隊長、コイズミ、ケンヂがかろうじてつながった。

  • 「ともだちランド」のスタッフの顔怖いわ・・・ほんとにハマった人たちの顔してるもんなぁwwそんで首吊り坂の話はホラーとして怖い!深夜にひとりで読んでる今ドキドキする!

  • こんなものは、俺達の空想した未来じゃない

  • 本集の副題は「ケンヂの歌」歌詞にコードを当てて数ページを使い熱唱。音楽の素養のない自分は映画で歌われたメロディーを思い出しながら読んだが、どうもしっくりこなかった。小泉響子がいい感じで活躍している。キャラ的に好きかも。

  • 「血のおおみそか」の真実。
    でも、ともだちの正体わからず・・・
     
    ともだちランドにバーチャルアトラクション・・・
    みんなみんな洗脳されてるってこと。
     
    自分もまっさきにともだちランド送りにされそうだ。

  • バーチャルというのは少し安易な気もしますが、そう何度も回想を使うこともできないのでしょう。

  • 726.1 ウ (8) 登録番号8605
    ケンヂの歌
    N先生寄贈

  • 2000年12月31日、通称「血の大晦日事件」が発生。首謀者はケンヂ一派…というのは、あくまでも2014年で定着している「偽られた歴史」。本当は何があったのか。その事件の全貌が描かれる!

    この巻後半では小泉響子が「ともだちランド」に連れ去られてしまいます。そこで清掃員をしていた男はなんと…。

  • 8巻。

全28件中 1 - 10件を表示

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (8) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (8) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (8) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする