ぼくの死体をよろしくたのむ

  • 414人登録
  • 3.51評価
    • (11)
    • (30)
    • (29)
    • (9)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 川上弘美
  • 小学館 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864558

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ぼくの死体をよろしくたのむの感想・レビュー・書評

  • めっちゃよかったと記憶している。

  • 面白いのか面白くないのかよくわからない。

  • 18話の短編が収録されている。「鍵」で登場する七生(ナナオ)が持っている鍵が関係しているのかわからないけど、ふわふわとした不思議な川上ワールドが展開されていて、「鍵」で始まり「廊下」で終わる。見慣れない動物が出てきたり、小人がいたり、七生が再び登場したり…白昼夢のような、異世界を旅をしたかのような気持ちになった。玄関、入り口から廊下までワープしたみたい。

    『猫を拾いに』に似たような雰囲気でした。短編いっぱいって面白くて好きだけど、短編集って内容を忘れやすくて、その割に変にまだらに覚えていて「あれ、あの話…どの作家さんのどの作品だっけ…」となると、もやもやっと迷路みたいに回って、(私の場合…)ほぼ思いだせずに終わるので、それがとてもつらい。メモもつらいし。。。困る。

    この中では「大聖堂」とか「ずっと雨が降っていたような気がしたけれど」、「バタフライ・エフェクト」「いいラクダを得る」「土曜日には映画を見に」「スミレ」が好き。

  • 例えば四角い箱に力を加えて
    ちょっとひしゃげさせる。

    四角い箱の中では
    まっとうな話なんだけど
    ひしゃげた箱の中にはいると
    なんだか不思議

    そんな短編集

  • 短編集。現実と空想のはざまに漂っている雰囲気がすき。主な主人公?はたぶん自分にも似ている気がする。

  • とても短いお話が18篇、
    宝物のようにギュッと並んでいます。
    社会性がある人もない人も
    正直な人もそうでない人も
    人間も、人間ではないものたちも
    この物語の登場人物たちは
    皆が揃って自分らしく堂々と自分を生きています。
    誰かの眼を気にしたり、
    人に合わせることに疲れてしまった時には
    またこの本を手に取ってみようと思います。
    読み終わった後、少しだけ自分の輪郭が
    濃くなったように感じられる本でした。

  • 超短編集。お気に入りになった話も幾つかあって、再読するかもしれません。

  • 18の奇妙な短編集。 面白かった。
    世の中の王道からはちょっとズレていると言われそうな人物たちが多いが、みんな自分に対して全然否定的じゃない。
    それがすごく好ましい。 自分は自分でいいんだなと思わされる。
    だからか、非現実的だったりふわっとした物語ばかりなのに、揺るぎない安定感がある。

  • 小編であってもやはり著者独特の世界。楽しい。ずっと浸かっていたかった。

  • すごく久しぶりに読んだ川上弘美作品。
    とてもよかったです。

    家族、人生、死、そんなものが
    たくさんの不思議の中で
    どこかあたたかく響いてくる。
    不思議っていいな。
    気付かなくてもそばに転がっていたらいい。

    「儀式」と「二百十日」がとても好き。

  • 不思議な短編集。
    理解できないものもあったけど気に入ったものもあった。
    川上弘美さんの文章は、やはり好きだ。

    「大聖堂」主人公が飼っていた動物はなんだったんだろう。
    「いいラクダを得る」時代に逆行してスマホを持たずガラケーで過ごす大学生。
    「儀式」夜中に天罰を下す役目をしている。もしいるのなら、よく見ていてほしい。
    「スミレ」精神年齢と実年齢。生きた年月だけで人を判断したり理解することはできない。歳の差なんてあってないようなものだ。

  • なんて不思議な読後感。はっきり教えて、とつぶやいてしまう。
    心の中に七生が住み着いて、つばさを飼いたいと思ってしまうくらいの囚われ方。
    なくしたものは、とバタフライ・エフェクトと土曜日は映画を見に、も好き。
    いろんな愛が人生にはさりげなく寄り添っている気がします。

  • 精神年齢のとおりの外見で過ごせる場所の話、「スミレ」が良かった。

  • 短編集。
    印象に残る色合いは一冊通じて同じ、安定したものなのだけど、一編ずつでは好みに近かったり遠かったり、同じ色の中でこんなに色々書ける方なんだなぁと思う。
    タイトルのインパクトが強過ぎて、ガツンと来る話があるのかと思って読んだが、どれも柳に風と受け流す空気で肩透かしでもあったが、そこは私の勝手な思い込みのせい。
    小さい人の話が一番好きだった。

  • 川上弘美さんの短編小説は2つに分類できる。

    ふつうの話と、そうでない話。

    くまに誘われて散歩に出たり、蛇を踏んづけたと思ったらそれがお母さんだったり、昔は蛸だったと語る胡散臭い坊主に酒代をむしり取られたりするのが後者で、ざっくりいうとそれ以外が前者である。

    ではこの短編集に収められているのがどちらかというと、たぶん「ふつうの話」の方であろう。

    リアリティの枠をはみ出した「少し不思議」な話もあるけれど、でもあくまでも、「こんなこともあるのかもしれない」、「こんな人もいるのかもしれない」と思えてしまう。
    それらがさらっと、当然のことのように、「ふつう」に語られてしまうからだろう。

  • タイトルがずるくて、思わず買ってしまった。

    不思議なショートショート。
    この唐突な不思議さ加減と、それなのに淡々と進む語り口と、そのまま放り出されるような読了感がたまらず好き。
    私の好きな川上弘美だった。
    なんとなく、うっすら暗いトーン。
    一応恋愛小説が多いけど、すごーく広い意味での恋愛小説というか。そこが良い。

  • どの話しも面白かった
    なくしたものはと二百十日と廊下が良かった

  • なんとも不思議な風合いの掌編が収められている。
    登場人物は一見普通そうな会社員であったり学生であったりするのだけれど、一歩足を踏み出したとたん、どこか異次元の世界へと連れていかれてしまう。
    その世界では、小さな人が銀座で猫に襲われたりするし、小動物を飼育することが条件の格安の賃貸住宅があり、懐かしい人に会える美術館があったりする。

    そんなファンタジックなことが起きなくても、登場人物の行動や考えがどうも一般常識とは微妙にずれていて、やっぱり気づけば奇妙な場所に連れて行かれている。

    精神年齢と同じ見た目になれる、という話の設定が個人的に面白かったな。すごく混乱しそうだけれど、1か月くらいだったらそんな世界に暮らしてみたい。

  • 初出は2013〜17年の「クウネル」、「つるとはな」、「きらら」に掲載された18の掌編。

    ちょっとふしぎ系の話も、あり得ないような展開話も、当然のように書かれるのでさらりと読んでしまう。

    気に入ったのは、登場人物のそれぞれにすれ違った気持ちと、犬の霊魂や大昔の人(たぶん卑弥呼)の霊魂が語る「なくしたものは」、亡くなった伯父が姿を変えて会いに来る「二百十日」、美術館の廊下で(実は死んでいた)恋人や祖母に出会う「廊下」。

  • 短編集。どれもすごく短い。読みやすかった。
    仕事や何かで、イライラとかモヤモヤがたまって本読む元気があまりない時に、川上弘美はすうっと入っていく。私にとっては、そんな作家。
    SF風あり、ファンタジー風あり、恋愛っぽいのあり。もしかしたら、本当にこの世界のどこかでおこってそうな気にさえなる。

    収録作品:鍵 大聖堂 ずっと雨が降っていたような気がしたけれど 二人でお茶を 銀座午後二時歌舞伎座あたり なくしたものは 儀式 バタフライ・エフェクト 二百十日 お金は大切 ルル秋桜 憎い二人 ぼくの死体をよろしく頼む いいラクダを得る 土曜日は映画を見に スミレ 無人島から 廊下

  • +++
    彼の筋肉の美しさに恋をした“わたし”、魔法を使う子供、猫にさらわれた“小さい人”、緑の箱の中の死体、解散した家族。恋愛小説?ファンタジー?SF?ジャンル分け不能、ちょっと奇妙で愛しい物語の玉手箱。
    +++

    一般的な現実世界とは、薄膜一枚ほど隔たったちょっぴり不思議な世界の物語といった趣である。登場人物も、描かれる題材も、一筋縄ではいかない。奇妙というほどではなく、非常識とも言い切れず、しかし現実からはほんの5mm浮いている感じ。だがどの物語を読んでもやさしい気持ちになれるのは、どの登場人物も著者に愛しまれているのが伝わってくるからかもしれない。少しだけ自分がやさしくなれたような気がする一冊でもある。

  • 軽さと普通さみたいなのを意識しているのかな。好みのは二人組の弁当の話。

  • ご無沙汰です。すごくおもしろかった。好きなタイプの川上弘美。(川上弘美の感想は、好きなタイプかそうでないか、を絶対思う。そして「川上さん」にはならないの、「川上弘美」。バンド名みたいな感じで。

全38件中 1 - 25件を表示

ぼくの死体をよろしくたのむを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくの死体をよろしくたのむを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくの死体をよろしくたのむを本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくの死体をよろしくたのむの作品紹介

ちょっと奇妙で愛しい物語の玉手箱

ヴァラエティ豊かな18篇からほんの一部をご紹介――

「大聖堂」
家賃は格安で2万円。そのかわり、一匹だけ扶養義務を負うというのがこのアパートの決まり。動物は三種(猫と兎とぼくの知らない小さな生き物)。そのなかからぼくは三番目を選んだ。四つ足でなめらかな毛、耳が立っていて、目はぱっちりと大きい。背中に一対の小さな羽根をたたんでいる――ぼくは〈つばさ〉と名づけた。

「ぼくの死体をよろしくたのむ」
「恋愛の精算に他人をもちこむのって、ずるくないですか」「そうよ、ずるいの、わたし」--銀座 午後二時 歌舞伎座あたり。知らない男と二人でてのひらに乗るぐらいの小さな男の人を助けた。「恋人を助けてほしい」と小さな人は言う。『猫にさらわれたのだ』と。

「二百十日」
伯母の代わりにやってきたのは「るか」という男の子だった。彼は少し魔法が使えるのだという。時間の流れを変えることができるのだ。

「スミレ」
人間を精神年齢に応じた外見にするための技術は、今世紀後半に発達した。わたしの実年齢は58歳だけれど精神年齢は18歳なので、宿舎の中では18歳の姿で過ごす。

ぼくの死体をよろしくたのむはこんな本です

ツイートする