日常茶飯語―プチおさらい

  • 34人登録
  • 3.72評価
    • (6)
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 小学館 (2005年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093875622

日常茶飯語―プチおさらいの感想・レビュー・書評

  • これ、小中学生に読ませると良いんじゃないの?
    子どもって、こういう勘違いをリアルにしてるものだし、勉強にもなる。絵も多くて読みやすいから、その辺に置いておいたら子どもが勝手に読むと思う。
    学校にあることわざ・慣用句の真面目な本より、よほどためになる。面白いし。
    「猫に勝つ武士」(「猫に鰹節」の勘違いバージョン)が「大人げないことのたとえ」というのに笑った。
    ほんと、大人げないよ、それ。

  • べつやくさんの世界観が好き。

  • あり得ないような、間違ったことわざや慣用句を可愛らしい?イラストと共に紹介していている本。
    1人で読んでいても、ついゲラゲラと笑ってしまう。
    怪しい人だと思われるといけないので、電車の中では読まない方が良いかもしれない。
    子どもに読ませれば、ことわざや慣用句が楽しく覚えられるかもしれない。
    ただし、間違った方を覚えないように要注意(~o~)

  • 正しい日本語を知るための本というよりも、間違いの部分を読んで、あるいは間違いを描いた挿絵をみて楽しむ本です。
    元ネタ(つまり正解)を知らないと笑えないかも。

    挿絵にはネコがいっぱい描かれています。
    主人公だそうです。

  • べつやくさん第二弾

全6件中 1 - 6件を表示

日常茶飯語―プチおさらいはこんな本です

ツイートする