仕事師たちの平成裏起業

  • 42人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 溝口敦
  • 小学館 (2004年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093893985

仕事師たちの平成裏起業の感想・レビュー・書評

  • 29番乗り。ブックオフ錦糸町店にて発見。中古価格800円。気になる。(2013/1/6)

  • 三才ブックスのラジオライフ的な話かと思ったが、小学館のSAPIOに連載されていた記事をまとめたもの、とのこと。
    自分が知らない世界の仕事が合法的なものから非合法なものまで、仕組みや収入例まで図解で解説されている。
    なんか自分もこんな感じでお金を稼ぎたくなってきたが、できれば合法で、なるべく人に迷惑をかけない、人を不幸にしない仕事がいいなぁ、って思っている時点でダメなんだろうなぁ。

  • ちょっと普通じゃない仕事の裏側を紹介。
    つけない仕事ばかりだから本で読むくらいで充分楽しめます。

  • 普段、どうやって成り立っているのかよく分からない商売について
    その仕組みを、やばそうな起業家の人達から直接聞いてまとめたルポルタージュ。
    全6章、31業種の中身は、「架空請求」「NPO」「ニコイチ屋」「産廃ビジネス」等。
    あれも893、これも893、それも893。
    暴対法の影響でシノギをそがれた893が
    合法と非合法の境界で、上手くサービスと脅しを活用し、
    ニッチな商売をしている事がわかる。

  • まだ途中だけど、けぇちんの知らない世界がいっぱい♪♪♪

  •  言ってみれば現代裏稼業への就職読本だ。合法・非合法を問わず、実際の「仕事師」たちへのインタビューをもとに構成されている。体当たり的な取材で「裏」の世界の人々へのインタビューにしては、かなり本音を引き出している。
     それぞれの仕事について危険度や報酬などを星の数で評価しているのも実践的?
     これを読んで実際に職を考える人は少ないだろうが、私たちの一般的な職業感を揺さぶるのは確かだ。
     

全7件中 1 - 7件を表示

仕事師たちの平成裏起業を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仕事師たちの平成裏起業を本棚に「積読」で登録しているひと

仕事師たちの平成裏起業はこんな本です

仕事師たちの平成裏起業のKindle版

仕事師たちの平成裏起業の文庫

ツイートする