ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)

  • 449人登録
  • 3.35評価
    • (30)
    • (50)
    • (147)
    • (18)
    • (3)
  • 64レビュー
著者 : 若月かおり
  • 小学館 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094080292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
綿矢 りさ
中野 独人
アレックス・ロビ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文章が稚拙で表現力に欠けると思いますと思います。
    もう少し場面の細かな描写とか微妙な感情の動きの表現がほしかった。
    「私は~した」「あなたは~だった」系の事実の羅列がのみの表現が多くその間の細かなディテールの表現に乏しいと思います。
    作者は本作が処女作みたいなのである程度仕方がないのかな・・・。

  • ピュア過ぎる。
    映画を先に観てしまった為、竹内結子像が抜けない。

    あまりにストレート過ぎて、笑みが綻ぶ。
    俺にもこんな時期が会ったのだろうか。
    汚れてしまったマイハートッス。

    甘酸っぱくなりたい人は、どうぞな一冊。

  • 言わずと知れた、映画化もした「いま、会いにゆきます」のヒロイン澪の視点からの物語です。高校生の頃からの巧との淡いエピソード、大学時代のすれ違いや甘酸っぱいデートなど・・・。家族であり、恋人である2人を繊細に描いています。 

  • 「いま会い」のサイドストーリーということで、
    ちょっぴり不安ながらも読んでみました。

    みなさんレビューにある通り、
    世界観は守られてるし、女性目線で丁寧に描写されてる
    と感じましたが、・・・新たな感動はなかったかな~。

    でも、泣いちゃったんですけどね。

    忘れたころに、澪の気持ちをそっとたどって浸りたい、
    そんなときに読むといいかも。
    (どんなときだ)

  • 澪の視点で描かれてるのはいいし、市川拓司の空気感を大切にしてるのは伝わったけど、『いま、会いにゆきます』を読んでいれば想像できる部分もいっぱいあるから、あえてこっちも読まなくてもいいかなとちょっと思った。

  • いま、会いにゆきますが大好きなので、書籍も読んだし…と思いこの本も買った。

    感動です・゚(Pд`q。)・゜・。

  •  映画原作かと思って手にとって読んでみたのだが、映画「いま、会いにゆきます」の原作ではなくサイドストーリーだったようだ。作品自体はきれいにまとまっていて読みやすかった。場面がころころと移り変わりながら物語が展開していくあたりは、同じく小学館文庫で、映画化の主演が竹内結子の作品「天国の本屋 恋火」を思わせた。ただしこの物語の場合は、主人公「澪」の主観で描かれており、読者が澪の混乱を一緒に味わうことができるようになっている。そんな混乱も物語を読み進めていく中できれいにまとまっていき、納得しながら結末まで読み進めることができた。
     ちなみに映画「いま、会いにゆきます」の原作は、市川拓司氏の「いま、会いにゆきます」という題の小説となる。ストーリはこの作品とほぼ同じ内容だとは思うが、物語がきれいにまとまっていて読みやすいことを期待して、原作も読んでみようと思う。

  • 市川拓司の「いま、会いにゆきます」を澪を中心として話が進む作品

    作者が違うから市川拓司がこういうことを思って澪を描いていたのかはわからないけど、
    高校時代、そして文通を始めてからの澪の感情を中心にしてるから、あーこういう風に思ってたんだってのがわかってなんか良かった

    澪の死の直接的な原因が出産であるのかは明確ではないけど、巧のもとへ行ったら自分は若くして死んでしまう未来があって...それでも迷わずに300キロの距離をものともせずに巧に会いに行く澪に芯の強さを感じた

    それだけ未来の自分が幸せだったのかな


    読んでたらやっぱりすごくせつなくなるけど、それと同時に心があったかくなる物語

  • 昔…映画が流行した時に読んだ本です。

  • 「いま会いに行きます」のサイドストーリー

    原作も映画も見てないんですけど^_^;
    実家に行った時に姉の蔵書を借りて読みました~♪

    「いま会い」とは別の作者さんなんですね
    女性の目から見たストーリーなので女性の作者さんって事もあってすんなり入ってくるせいか あっという間に読めました
    本編を読んでいないので、本編を読んでからか もしくは映画を見てからだと もう少し理解度が高まるかも
    原作読んでみようかな~

  • 小学生の頃話題と言うことで何気なく手にした本。時間を忘れて澪の夫、子に対する儚くて綺麗な思いに最後アーカイブへ戻る頃には声を殺しながら泣きましたw愛に触れたくなるときふと読みたくなる一冊です。私の憧れの家庭風景(異なるが)でもありますw

  • 「いま、会いにゆきます」
    澪からみた もうひとつの物語。

    高校生の、そして大人になってからの澪の想い。
    少しずつ変化する状況への不安と、決意。


    原作とは一部違っていて、若干 違和感というか・・・
    私的にはちょっと残念な部分も一部ありました。
    (先に佑司に アーカイブ星に戻ると言ってしまったり)

    でも、揺れ動く彼女の心境が 細かに描かれてたり、
    二人でやりとりした手紙の描写部分は、すごくよかったです^^

  • 映画・ドラマ化もされている、市川拓司(字あってるかな?)さんの『いま、会いにゆきます』。これをヒロインである澪の視点で書いた作品です


    29歳で死んでしまう自分の運命を知りながら、迷わず巧の元へ行く澪に素直に感動します


    自分はそんなに人を愛せるんだろうか?そんなに強くいられるだろうか?と考えると…う~ん、自信ない

  • 映画脚本(原作:市川拓司)をもとに書き下ろされた、澪の物語。
    でも実は……原作をほとんど知らないのです;;;
    映画化されたものも、できたら原作から読む派だから……。
    でも原作をまだ読んでいないー!!(*・へ・。)
    パラパラと立ち読みをして、粗筋を知っているだけ。
    ……なのに、サイドストーリーを読んでしまった。。笑

    若月さんは新人らしいけど、素敵な物語にまとまっていました(o^-^o)
    佑司と澪の若い頃の出会いから書かれていて、
    淡い恋の感じに切なくなったり。
    自分の大好きな人と子ども達との別れ……涙が……(;_;)
    ……もう、絶対原作読まなきゃ!!ヾ(ゝ△・*)ノ
     
    (2007.04メモ→2010.04ブクログ)

  • 「いま、会いにゆきます」澪視点からのサイドストーリー。
    小説、というよりは映画Ver.より、多少のずれはありますが許容範囲…これはこれでいいと言う気がします。これ単体よりも映画を観たあとにみるとなおよいかも。
    きらきらとしたものが散りばめられてるような、甘酸っぱい気持ちが味わえました。

  • "ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」澪の物語"文庫本読んでみました。そして、内容ほぼ知ってるはずなのに感動してしまった。

    とは言っても、やはり本編には敵いません。この小説のラストを「○×△○×△○×△○×△」(ネタバレのため書きません)のように締め括るのはちょっと強引かなとも思いましたが。。。

    本編の小説を読んでから、おまけ的に読むのがよいのかも。


    KEY WORD>>ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」澪の物語
    "いま、会いにいきます"の映画版から小説にはなかったストーリーを文庫化した"いま、会いにいきます"サイドストーリー。澪の視点からすべての文章が書かれている。本編に対するネタバレを含むので間違ってもこれから読まないことを祈る。

  • 家族愛を感じるお話。映画化もされたので映画を見たいと思えるような小説でした。

  • 「いま、会いにゆきます」のサイドストーリー的なもの。
    これも号泣。
    作者が同じかと思いきや、別とは…!
    でも全然違和感なく読めます。

  • 映画「いま、会いにゆきます」の澪の視点で書かれた物語。

    とにかく読みやすい。

    読むと甘酸っぱく、切ない

    そしてなんだか懐かしい気持ちになる話です。

    読み終えると
    大切な人がより大切に思えてきます。

    映画とだいぶ内容が異なるようなので是非DVDで見てみたい。


  • 再読。
    「いま、会いにゆきます」ヒロイン"澪"視点の話。

    悪くはないんだけど、原作と一部違うところがあったような気がして違和感を感じるところがあったのが残念。

  • ちょうど”セカチュー”が一世を風靡した後に公開された映画の、違う視点から書かれた物語。

  • 読みやすかった。

  • 「いま、会いにゆきます」の澪視点のサイドストーリー。
    と言っても原作から真新しい内容は特にないかな。
    でもいつ読んでもじーんとしちゃうんだよね。
    巧の不器用さと虚弱体質、澪の控えめでしおらしさ、祐司の子どもながらにしての思いやりと優しさ。
    心があらわれる作品です。

  • 映画は観てないけど、今時こんな純愛があるんだろうか?って思った。母親が絵本作ってくれるって何か良いな(^-^)

全64件中 1 - 25件を表示

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)はこんな本です

ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする