人生 (ガガガ文庫)

  • 185人登録
  • 3.48評価
    • (9)
    • (21)
    • (26)
    • (3)
    • (3)
  • 29レビュー
著者 : 川岸殴魚
制作 : ななせ めるち 
  • 小学館 (2012年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513189

人生 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第二新聞部に来た人生相談を理系、文系、体育会系それぞれのヒロインが解決するための案を出していくというストーリー。
    基本的に勢いでごまかしているので、半分くらい読むとおなかいっぱいになってくる。主人公の人物像が見えなくしているので感情移入することが難しい。

  • 魅力的な女の子キャラ達とドタバタしながら皆の相談に乗る正統派少年向けライトノベル。日常系。一章完結でサクッと読めるし、読者からの相談も受け付けたりなど、中高生の読者に嬉しいポイントいっぱいの本だと思う。

  • 入部早々人生相談のコーナーを担当させられた主人公。
    相談に答えるのは、文系女子と理系女子と体育会系女子。
    当然、意見はまとまらないがそれぞれ実践してみるのだが…。
    超☆感性、人生相談開始!

    目指すところはギャグラノベなのだろうけど、そこまで面白いギャグではなかった。
    ただ、ラノベを読み始めた頃なら面白く読めたと思うのだが…。
    日常系のギャグラノベは飽きが来るのも早いし、ラノベをよく読む人にはそこまで推せる作品じゃないと思う。

  • あめんぼ噛むなよ!

  • 「人生」
    TOKYO MX 毎週日曜 22:00~
    キャスト:内匠靖明、新田ひより、豊田萌絵、諏訪彩花
    http://www.vap.co.jp/jinsei/

  • すごくユルく面白い。コメディはちょっと初ぐらいだったが面白くヒロイン?の梨乃が可愛すぎてやばかった

  • 爆笑する感じじゃなかったけど、何度かクスッと笑ってしまった。いや、おもしろい。

  • クソワロタ.
    スプーン曲げの件はかなりやばかった.
    てか電車で読んでるのに肩が震える震える.
    絶対オレ危ない人だったわ.

    冒頭の部長氏はちょっとうざかったけど.

    次回,合宿ですってよ.

  • 場が階層的に構築されていて、場の基礎に近くなるほど薄くなるという構造は三人の相談員の個性を浮かび上がらせている。ネタ的におもしろいかといわれると、特段優れた感じはないのだが、それでいて意外と核心めいたことを差し込んでくるあたりもなかなか。俺も人生相談に乗って欲しい。

  • 非常にくだらなくて面白い人生相談ラノベでした。

全29件中 1 - 10件を表示

川岸殴魚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

人生 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生 (ガガガ文庫)の作品紹介

九文学園第二新聞部に所属する赤松勇樹は、入部早々に部長の二階堂彩香から、人生相談コーナーの担当を命じられる。生徒たちから寄せられた悩みに答えるのは、理系女子の遠藤梨乃、文系女子の九条ふみ、体育会系の鈴木いくみの三人。三者三様の意見はいつもまとまらずに、とりあえず実践してみることになるのだが…。友達、恋愛、勉強、性癖、将来のこと。あなたのありふれた悩みにバッチリお答え!超☆感性・人生相談開始!!「邪神大沼」シリーズで多くの読者を爆笑の渦に巻き込んだ驚異の新人!川岸殴魚の最新作。

人生 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする