命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)

  • 138人登録
  • 4.00評価
    • (13)
    • (13)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 21レビュー
  • 小学館 (2013年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251742

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは名著。

    健康格差とソーシャルキャピタル、ポピュレーションアプローチや社会疫学について、分かりやすく丁寧に解説してくれている。

    健康づくり政策にとっての行動経済学の重要性まで触れていて、関係者必読の本。

  • 2017年6月読了、疫学やヘルスプロモーションの考え方を、難しい言葉を全く使わずに解説した本。読みやすく、事業の考え方や、陥りがちな問題点など、自分自身の理解を深めることができたとともに、周囲の専門職ではない人ににどう伝えればいいのか、とても参考になった。

  • 格差は「負け組」のみならず、「勝ち組」にも影響する。
    女性のストレスを減らすには、家事そのものの時間減らすことではなく、男女比率の割合を減らすこと。
    「行動経済学」がキーワード
    パブリックヘルスの取り組みを阻むもの・自己責任論・利益重視の民間企業の存在・人々は理性的で計画的という伝統的理論

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:498||K
    資料ID:95131067

  • 健康を「上流」から良くしていくパブリックヘルスの魅力、コミュニティの力に感動。特に、社会的格差が上流階級層にも健康に悪影響を及ぼすことに目から鱗が落ちる思い。

  • 学術的データをもとにわかりやすく解説し、「日本の地域の絆力と健康との関連性」を理解できます(廣田先生)

  • ハーバードのpublic healthで教鞭を取られている日本人教授が著者。パブリックヘルスって何?って言う人にわかりやすい入門編として良い本。

  • イチロー先生の本。
    邦訳もされているような専門書を沢山書かれているが、一般向けに書かれた本。
    社会経済的なステータスが健康に及ぼす影響について関心ある方はまずこの本からどうぞ。

  • 肥満、喫煙、高血圧、糖尿病といった、いわゆる生活習慣病は「自己責任」ではなく、健康な生活を送る権利を守るために社会全体で取り組む必要がある。また、それはなぜか?ということがわかりやすく書いてあると思います。オススメです。Taca

全21件中 1 - 10件を表示

イチロー・カワチの作品

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)に関連するまとめ

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)の作品紹介

格差は、負け組も勝ち組も寿命を縮める

ハーバードで世界が熱い視線を送る授業がある。日本人教授イチロー・カワチによる健康格差論の授業だ。先進国の中で寿命が短いアメリカと、世界トップ級の日本。この違いは格差にあった。今、格差の広がりとともに日本の長寿は危機に瀕している。格差はストレスを生み、信頼や絆を損ね、寿命を縮める。人々の命を守るには、日本の長寿を支えてきた、格差が少ない結束の強い社会を守るべき――所得、教育、労働、人間関係…あらゆる側面から格差を分析、新たな長寿への可能性を探る。



【編集担当からのおすすめ情報】
すらりとした長身、飾らない温かな人柄でハーバードの生徒から絶大な人気を誇るイチロー・カワチ教授。ハーバード公衆衛生大学院において、日本人では初の学部長に就任しています。カワチ氏の最先端の「社会疫学」の授業は、とてもわかりやすく示唆に富むものばかり。例えば、「高所得者ほど喫煙率が低い」「お見舞いに来る人が多いほど回復が早い」「結婚すると野菜摂取量が増える」などちょっとドキッとする調査研究が紹介されています。また、2013年12月からは、東日本大震災の被災地で被災者(主に高齢者)の調査を行う予定となっています。地域の絆がどのように健康に影響するのか、復興が進んでいる地域とそうでない地域では何が違うのかなどを調査。今後、ますます注目を集めるカワチ氏の「健康格差論」に是非ふれてみてください。

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)はこんな本です

命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書)のKindle版

ツイートする