女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))

  • 361人登録
  • 3.56評価
    • (24)
    • (40)
    • (64)
    • (9)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (2005年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104393

女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀四郎さんよりも白石先生のほうが人的にどうなのという感じがした。
    結局運だったり、色々なものも重なって式子さんはうまくいったと思うけど、式子さんの魅力もあるだろうからそれが誰かに代わってもそのままうまくいくとは思えないな
    まぁ、式子さんも式子さんで覚悟なく流されるままきてしまってどうなのかなぁとは思うけれど。。。

  • 式子のキャラもあんまり好きではなかったけど、それにも増して銀四郎・・・。

  • 上巻に記載

  • 上卷前半原本還掌握不到主線,原本以為是式子的奮鬥記,後來漸漸明朗化的是銀四郎擴張自己野望的"養珠業者"般的過程,所有的女人都成為他的禁臠,因為慾望成為他的工具,而這是一個無法停止的失速過程。下卷式子得知真相之後,在巴黎、葡萄牙之旅和白石教授墜入情網,但是後來才發現被銀四郎的陰謀套牢,白石教授黯然離去,式子只能慘取最極端的手段,然而這依然成為銀四郎繼續宣傳的手段之一....

    銀四郎這個角色讓人感到毛骨悚然,造型頗為成功。然而讓我有些動容的是白石教授的感情論和克己的舉止,雖然也可以窺見他的脆弱,但是也符合一個潛心學問者的風範與性格,雖然不是故事中的要角,但讓我印象很深刻。卷末解說提到絕對的現實主義與絕對的理想主義的對決,同情理想主義的同時也不禁感到無力,這個故事或許除了書中的結局,也不做二想了。

    山崎的第一部新聞小說,整體而言故事漸入佳境,內容也很有趣。白石教授的旅行或者黑谷散步,雖然是旁枝,但是都是津津有味的小插曲。

    「制約をあえて自分に課し、そのなかにかえって自己表現の糸口を見出そうというのは、日本の古典芸能に共通な美学である」

  • もっと続きがあってよさそうな終わり方で、消化不良気味。

  • 下巻は一気読み。
    読み応えがありました。

    卑劣さに磨きがかかっていく銀四郎と、華やかな世界の裏で呪縛から逃れられずに苦しむ式子、銀四郎に翻弄される三人のお弟子さんたちの三者三様な生き方。女の嫉妬、裏切り、虚栄心、表舞台の華やかさ、自信、不安。複雑に絡み合って面白い。

    銀四郎の、声が聞こえてきそうな船場ことば。神戸、大阪、京都、遠くはパリやポルトガルまで、それぞれの町並みの描写が的確で、町の雰囲気が目に浮かぶよう。(あとがきによると、パリ、ポルトガルは、現地取材なく、資料の読み込みで書き上げたものだとか!)

    見かけの華やかさに惑わされず、凛と生きることの難しさを感じさせられる小説でした。

  • こんな終わり方。。
    デザイン業界という華やかな世界で生きる一方、男に翻弄されていく式子。パリの描写は素晴らしかったけど、それだけエンディングの落胆が激しい。

    松嶋菜々子でドラマ化らしいけど、銀四郎は誰がやるんだろ。

  • 2016/7/20読了
    銀四郎の冷酷さは変わらないが、白石先生が式子を突き放した
    これは、ありえないんじやないかな

  • 来月パリに行くのでパリの描写があって驚いた。女子の嫉妬を操り仕事を進めていくか。。。苦笑

  • ハッピーエンドで終わらないところがよかった。

全39件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))を本棚に登録しているひと

女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))を本棚に「積読」で登録しているひと

女の勲章 (下巻) (新潮文庫 (や-5-39))のKindle版

ツイートする