泥流地帯 (新潮文庫)

  • 621人登録
  • 3.92評価
    • (83)
    • (93)
    • (96)
    • (3)
    • (1)
  • 73レビュー
著者 : 三浦綾子
  • 新潮社 (1982年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (533ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101162065

泥流地帯 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10年以上前、三浦綾子さんの小説に猛烈にはまった時期があった。で、この小説は今の日本にぴったりだったなあ、と思ったので再読。
    善人は苦悩する。まさにこの言葉がぴったり。
    貧しい部落で生活する一家がまじめにまじめに日々の営みを繰り返すが、裕福な者たちを肥やしていくだけで自分たちは一向に豊かになれない。
    裕福であることが偉いのか?貧しいのはいけないことなのか?
    三浦綾子がどの小説においても必ず重要なテーマに掲げる、主人公の善なる苦悩がここでも大々的に繰り広げられる。
    正しく生きる人たちは小さな望みさえも、ことごとくあきらめなくてはならない。涙を食いしばって、それでも家族には何でもないんだという顔をして、あきらめる。
    望むものを切り捨てて、大事な友人が売られてしまうのもただ見ていることしか出来ない自分の力無さを悔みながらも、それでも家族を思い、明日の正しさを信じて生きる。そんな人々を突然襲った泥流。
    神様はいないんだろうか?正しく生きることは間違っているんだろうか?まじめに生きるとは、バカを見ることなんだろうか?
    それでも、彼等はやっぱり正しく生きることしか出来ない。
    だから、善人はすごいんだと思う。

  • 誠実に生きていても、自然の脅威は容赦ない。
    それでも、真面目に生きていこうという拓一と耕作。

    報われなくても、真面目に生きる。
    私も、そんな生き方が美しいと思う。

  • 大正時代の北海道開拓民の部落。父は亡くなり、母は都会へ出稼中の拓一と耕作の兄弟は貧しさに耐えながらも、正しく生きようとする。

    貧しさがこれほど憎く感じられる小説は他にないだろう。夢も才能もある兄弟だが、ことあるごとに貧困が彼らの足を引っ張る。彼らにも必ずいいことがあるはずと、応援せずにはいられない。

    兄弟のささやかな夢は母と暮らして親孝行をするということ、教師として認められること、思いを抱く人と結ばれること。そのために誠実に生き続ける彼らだが、大自然はそんな希望を残酷にも打ち砕く。

    真面目に、一生懸命に、人のために生きるのは無駄なことなのか。人生とは、こんなにもうまくいかないもので、それでも生きなければならないのか。そんな虚しさ、やり切れなさが読後感を占める。

    続編があるらしいが、彼らは幸せになってほしい。

  • 4回目の読了。
    前回は10年前、その前はまだ学生のころでした。
    三浦さんの本を、思春期に手当たり次第に読みました多くの作品に、苛烈な人生の出来事の中で、いかに生きるか、何を思うかが描かれています。

    頭の中で、何人分もの人生を生きることができることが読書の面白さである、といわれます。だとすれば、三浦さんは長い間ベッドの上で、何人の人生を厳しく、暖かく世に送りだしたことになります。

    困難に負けず、自分の人生を精一杯生きる。

    ヒトコトでいえば、大抵の励ましは同じ意味なのかもしれません。でも、ありきたりな言葉で人から慰められても、自分の生きる力にはなり得ないこともあります。

    今どきの文庫と比べると活字も小さく、長編で読むのが大変です。
    その分、いかに生きるか、自分自身で生きる力を奮い立たせるために、良書です。

  • 上富良野の山奥の日進部落で勤勉に働く拓一や耕一たち。そんな彼らを突如山津波が遅い、泥流が沢一帯を飲みこんでいく…。
    この話のテーマは「真面目に生きても無意味なのか?」人生の試練を問う、ということらしい。
    すごくアモラルというか、やりきれなさが残る読後感。
    終盤、身内を亡くした人々の前で近隣の沢のシンが「私たちは心掛けがよかったから生き残ったんだ」ともらすシーンがある。
    そうじゃないだろと思いながらも、なぜこんなことが?と嘆かずにはいられないことは、神様を信じてからだって、やっぱりある。それでもすべてのことには意味がある。
    「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。−主の御告げ−それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるものだ。」(エレミヤ書29書11節)
    やっぱり私は聖書の約束を信じる。

    これで終わりと思いきや、どうやら続編があるみたい!
    気になります。

  • 市井、とくに部落などの貧困地帯でたくましく生きる人々の生活を描いた。そしてやがてやってくる、あらがうことができない天災にひたひたと向かっていく。小説の中で際立ったのは、天災とは別に人間のなかにそれこそ泥流のようにこびりつきながら脈々と流れている差別や偏見、それに対してあらがいながら、たくましく生きていく人々、反対に飲み込まれる人々が鮮やかに描かれていた。あらがえないものに対して、人はどのように生きていくか、というとっても深いテーマが描かれていたと思う。三浦綾子という著者の根底に信仰や聖書があるからか、そのバックボーンに支えられた途中途中出てくる箴言のようなものがすさまじく良く、心に染みるいい言葉が多かった。

  • 自分の出身地にこんな文学あったのをちゃんと知らなかったのが悔しい。
    ひたむきに生きる人物たちの試練に、自分の生き方を考えさせられる。自然の前に無力な人間。でも、そこに立ち向かい恩恵をえる人間。生きることとは試練に立ち向かうことなのかな。
    知り合い全員に勧めたい一冊。

  • 阪神淡路大震災、東日本大震災の後も生きていく世代には必読書。

  • 三浦綾子の中ではこれが一番好き。

  • 三浦綾子さんの作品で一番好きかも。
    (と、書ける程読んでいませんが。)ははは。

    読んでから時間が経ってるのでうろ覚えでレビュー書く。

    泥炭地に移植して、決して豊かではない土地を開拓した祖父の世代をふまえて、その三代の一家が中心で語られて行くお話。主人公とその兄(めちゃくちゃいい人)と姉妹。
    お父さんは居なくて、お母さんは家を離れている。お爺ちゃんが居て馬が居る。大家族時代。皆が働き手。

    過酷な土地に住まう人は、皆人格者なのかも。
    (そうじゃない人も出て来るけども。)

    背表紙のあらすじで、村を噴火の泥流が襲うと書いてあったので、心の準備をしつつ読みふけっていましたが…
    ページ数も残り少なくなってから襲って来て…
    なんだか凄いショックが強かった。恐かった。

    続・泥流地帯を見つけたときは即買いでした。有ったんだー!

全73件中 1 - 10件を表示

三浦綾子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 綾子
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

泥流地帯 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

泥流地帯 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

泥流地帯 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

泥流地帯 (新潮文庫)の単行本

ツイートする